« 第34回クリニカルパス大会 | トップページ | クリニカルパス作成ワークショップ »

2005/05/30

接遇研修会

今日は夕方…、

接遇研修会

がありました。
講師は「日本医療事務センター」の支社長さま。

研修が始まって、開口一番…、

ここは病院で先生方が多いと思いますが、今日は私が先生。
どんな方でも私の言うことは聞いてもらいますっ!!
覚悟しておいてください。

おぉぉぉぉぉぉ、なんという「上からの物言い」だっ!!
この人って支社長だけに怖いのかなぁ…。

というのがオイラの第一印象。
結構、インパクトがありました。

さらに付け加えて…、

この研修会は2時間かかります。

と言われ、さらにビックリっ!!

あぁぁぁぁ、どんな時間を過ごすことになるんだろう…。

こんな気持ちで研修は始まりました。

しかし、始まってみれば…、

講師の先生、全然怖くない
むしろ楽しい雰囲気の中での研修でした。

研修内では、

インスタントシニア体験

というものがありました。
80歳くらいの方の身体機能を疑似体験するようなものです。
結構、歩くだけでも恐い感じ。
こんな辛い思いをしているのかと思いました。

また、挨拶のことや身だしなみ、そして笑顔の作り方などなど。
いろいろと「接遇」と一言では片付けられない内容でした。

また「電話応対」のことも取り上げられました。

まず「はい」「・・・・(所属部署名)の○○(氏名)でございます」とハッキリと電話にでることっ!!
歯切れ良くがポイントだそうです。

オイラの隣に座っていた、医事課のY木くん。

「キレだけでいいんですかね。コクはなくても。」

・・・、「オヤジギャグ」です。
オイラよりも若いのに、彼はオヤジです。

実は、その言葉を聞いたオイラも同様のことを考えちゃった(>_<)
オイラもオヤジへの道、まっしぐらです。

そして、最後に講師の先生が言われたこと。

知行一致

すでに「わかっていること」「知っていること」が多いかも知れません。
しかし「できている」とは違います。
是非、「知っている」→「なぜ」→「できる」「実行できている」という知識と行動の一致を目指してください。

耳の痛いお言葉でした。
オイラ、ものすごく心に刺さりました。

「そのとおりだよ、先生っ!!」

さらに講師の先生は…、

「あたりまえ」という、井村和清著の「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」という詩を読まれました。

この部分もさらに追い討ちをかけるようでした。

今回の研修会は数値としての時間は長いですが、主観として感じる時間は短く、非常に有意義でした。

オイラがひとつ残念だったのは、参加者です。
業務の都合があることはわかっていますが、参加してほしいのに参加していない…、

「医事課のスタッフ」

医事課スタッフも数名は参加していました。
しかし、より必要とされている部署の人がいないのが残念でたまりません。

参加した人が伝えて、次回は是非参加してくれるでしょう!!
きっと参加してくれる、きっと?? たぶん…、してくれるはず…、シテクレルハズ。

まぁ何はともあれ、できることが即実行っ!!
まずは「あいさつ」、そして「電話応対」
みんなで実践し、より良い病院にして行きましょうねっ!!
朝から、いろいろなところに電話しますからね。
覚悟しておいてちょ~だい!!

でもオイラができるか心配です…。


|

« 第34回クリニカルパス大会 | トップページ | クリニカルパス作成ワークショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/4342888

この記事へのトラックバック一覧です: 接遇研修会:

« 第34回クリニカルパス大会 | トップページ | クリニカルパス作成ワークショップ »