« 新人看護師注射研修会② | トップページ | またもや当直 »

2005/05/01

当直ブログです

本日も救急外来で当直中のきくきくです。

当直中に眞鍋さんのブログを見ていたら、書き込みしなくちゃっ…。
でもサボっている訳ではありません。
初めて「トラックバック」をつけてみました。
よろしくお願いします m(_ _)m

しかし「オレノデ・バン」、興味深々です。
ちょっとお試しには高いような気もするけど試してみようかな。
自分じゃなくても誰かに勧めてみます。

さて、世間では「ゴールデンウィーク」…。
でもオイラ、働いています。
お休みだったとしても、どこに行っても…、

ひと、ひと、ひと…。

オイラのいる病院の救急外来もまた、

ひと、ひと、ひと…。

みんな具合の悪い人たちばかりじゃないです。
いつも飲んでる薬が終わっちゃってください、とか
3日前から具合が悪かったんですけど今、診察してください、とか…。
挙句の果てには…、

昼間、お酒を飲んだら気持ち悪くなって、我慢できないんですけど…

なんて感じで、夜の11時過ぎに診察にきた人も。
その人は、ただいま点滴中です。
この患者を連れてきた奥様とお子様2名(うち一人は首もすわらない赤ちゃんでした)
ご家族も、ほんとに「お気の毒」です。

しかし世間では、病院も「コンビニ」のような感覚になっているのかなぁ…。
夜は少し割高だけど…、

待たないで診察してもらえるっ!!

…と、みんな思っているのだと思います。
でも、みんながそう思ったら、待たないはずがないのです。
待つのが当たり前。
しかも、オイラのいる病院は一応…、

「高度救命救急センター」

…ってところなんです。
なんか「名前負け」してるようだけど…。
超重傷者(他の病院で診察できないくらいの患者さん)や、主に救急車の患者を対応する役割なのです。

えっ~、待つんですか?
じゃあ、待ち時間の分、ずらして行けば待たないんですか?
そしたら待ち時間の間に、ご飯食べてきていいですか?

そーじゃないよっ!!
病院でちゃんと待っててくれれば診察はするよ、ってこと。
誰も待つのが好きな人がいないし、できれば早くみんなに元気になってもらいたいのさ。
病院スタッフ一同の思いです。
でも本当に命を助けなくちゃならない人を差し置いて…、

「あなたを先に診察します」

とは、やっぱり言えないです。
わかってくださいな。

そんな間に、また救急車の音が…。
今夜も眠れそうにありません。

|

« 新人看護師注射研修会② | トップページ | またもや当直 »

コメント

薬剤師チャンさん、遊びに来てくれてありがとです。
最近は「薬剤師」が当直する病院が増えてきているようです。
ちなみにオイラのところでもしています。
みんな帰るのはお昼すぎです。
当直明けスタッフは細かい業務からはずされます…。
タクシーやレストランの深夜料金は知っていたけど、路線パスにもあるとは知りませんでした(@_@)
病院の料金はタクシーやレストランと違い、国が決めた料金です。
また違うことがもうひとつ。
それは病院でお金を払えなくても警察は患者さんを捕まえてはくれません。
無銭乗車や無銭飲食は警察は取り合ってくれるのに、無銭診療は介入なし。どうかしています。
突然、命の危機に遭遇してしまった患者さんに対しては最善をつくす医療関係者です。そんなことも思いもしません。
しかし、確信犯もいます。そういった無銭診療者くらい対応してほしいものです。事情をいかに警察さんに伝えられるかがポイントですが。
そんな患者さんからは当然、診療費はいただけず病院の泣き寝入りです。誰もサポートしてくれません。
外国人のみ病院から行政に申請すれば、少しだけ補助してくれるところもあるみたいですが…。

投稿: きくきく | 2005/06/27 09:03

私の病院では薬剤師も当直します。
ある県では、薬剤師も当直する病院は一桁らしいです。
でも当直あけのDrに手術してもらいたくないですね・・・・
ところで夜間料金が高くなるのは病院だけではありません、一部の路線バスの料金(倍になるらしい)深夜のレストラン、タクシーも高くなります。

投稿: 薬剤師チャン | 2005/06/26 23:43

コメントありがとです~!!
当直、なんとか頑張りますっ(~~)v
しかし、病院ではいろいろな気持ちで働いている人がいますよね。
人にはそれぞれの道がありますしね。
医療に携わっていた人が、さまざまな理由で去っていく姿、たくさん見てきました。まじめな人ほど医療の現場から去っていってしまうような気がしてなりません。
でも、こんなブログの内容で、少しでも昔を懐かしんでくれる人がいただけでもうれしいです。
これからもよろしくお願いしますねっ!!

投稿: きくきく | 2005/05/01 01:50

うわ懐かしいです。
私も昔病院のスタッフしていました。
設備と輸液の管理ですが。
その病院は高度救命では無いですが、その地区の70パーセント患者を引き受けていました、多いときなど救急車が3台も着きます。
まずとぎれることがありません、まして連休他の病院が休みなので砂糖に群がるありのように患者さんが集まってきます。
くれぐれも体をこわさないよう明日の朝までガンバッテ下さい。
私はとてもからだが持たないので1年でやめました。
他の人のように人のためになる仕事をしたいナースになりたいドクターになりたい、病院で働きたいという意志がなかったのが一番でした。
でもテレビドラマの救命救急など見るとこんなに綺麗ではないとかおもいつつ懐かしんでいる自分が居ます。

投稿: volvo740gle | 2005/05/01 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/3928541

この記事へのトラックバック一覧です: 当直ブログです:

« 新人看護師注射研修会② | トップページ | またもや当直 »