« 第1回TV会議システム接続実験 | トップページ | 災害救護訓練に行ってきます »

2005/10/02

10月初日は当直です…(´・ω・`)ショボーン

医療の質管理課きくきくは、10月最初の勤務は…、



「救急外来勤務」



相変わらず混雑しています…。

それだけ世の中には具合が悪い人が多いのかなぁ…。

17時20分から勤務開始。

勤務を始めて、最初に窓口対応した患者から…。



「いったいこの病院はどうなってるっ!!」



完全に戦闘モードです 《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!

オイラ…、この方に何があったのか、何も情報がないままに

 「患者さんから発射される言葉の機関銃」

を撃たれ続けました Σ( ̄ロ ̄lll)

その患者さん曰く…、




「私は救急車で病院に来たのに点滴ひとつしてくれない」

「このまま帰されて、また道端で倒れたら誰が責任取ってくれるの??」

などなど…。

かなりの大声だったため、待合室にいた患者さんや家族の方が10人くらいこっち見てました。

オイラはとりあえず…、

「状況を診察室の医師や看護師に確認してきますので」と。

しかし、この患者さんは「オイラの目」は見ていません。

誰もいない方向に向かって「言葉の機関銃」は打ち続けています…。

この状況を見ていた一緒に働く事務員が処置室へ…。

この患者さんに対応した医師と看護師が駆けつけてくれました。



しかし、いったい何が起きたのか全くわからない

( ゚Д゚)ポカーン

この患者さんの情報を調べてみると…、

「頭痛」で救急車を呼んで来院した患者さんでした。

来院時には、頭痛はもう治まっていたそうです。

医師は再発しないか心配だったので、点滴室で少し休んでもらってました。

1時間様子を見て、再発しないので帰宅するよう話したようです。

しかし患者さんの要望は…、




「救急車で来たんだから点滴くらいするものだ」

さらに情報を調べてみると、この患者さんは結構よく病院に来ている方でした。

毎回、同じ症状を訴えていて、頭痛を止めるための「飲み薬」も出していました。

また、治まらないなら「平日の昼間」にきちんと診察して、必要なら詳しい検査をするように以前から勧めていました。

結局、この患者さんは医師と相談の上、点滴200mlを行い、帰宅されました。

点滴のお薬は、水分補給のような成分ですが…。

決して『痛み止め』のような成分は入っていません。

でも点滴後は、人が変わったように静かに帰りました。

ちなみに、患者さんは「生活保護」を受けている方です。

もちろん医療費の自己負担はありません。

よく考えてみると「救急車」や「病院での医療費」はすべて…、





「みんなの税金なのです!!」



必要があって出動する「救急車」に対する費用は決してムダじゃないし、お金に変えられない「命」のためです。

また生活保護を受けている方だって、具合が悪くなのこともあります。

本当に必要な医療行為に対する費用を使っても、全然ムダには感じません。

しかし、今回のような場合は、どうなんでしょうか??

たかが「点滴1本」ですが…。(コスト的には数百円程度です)

その後も、いろいろな患者さんは来院しています。

重症な病気な方や交通事故でケガをされた方…。

スタッフは最善を尽くして頑張っています!!

そんな中…、




「3日前に虫に刺されて診察してほしい」

なんて方も来院しています。

こいうい方に限って…、



「何分待つの??、誰が診察してくれるの??、腕はいいの??、ちゃんと診てくれないと困るんだけど」

などなど…。

ちなみに20代前半の茶髪の男性です。

彼女と一緒に来てました。

これと言った処置はなく、軟膏をもらい帰りました。

まだまだ夜は長いです。

これからもいろいろな患者さんが来ると思います。

具合が悪い方は遠慮なく、病院に診察に来てくださいね(^_-)-☆

みんな頑張ろうねっ!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!

|

« 第1回TV会議システム接続実験 | トップページ | 災害救護訓練に行ってきます »

コメント

v740gleさん、連日のコメントありがとです(^^♪

もーさんへの解説、感謝いたします。
ホントはもう少し細かく説明してあげたいトコロですが、長くなってしまうのでやめときます。

『頭の痛い人ですが、くもまっかの初期か血栓のため血液がつまり頭痛に成っているのかと思いました。』
やっぱり最初に重症なものを想定して考えるものですよね。
この患者さんは、来院当初にCTにて確認がされています。
しかし、そのような兆候はまったくありませんでした。


救急外来の患者さんにおける最初判断はすっごく難しいです。
見た目の重症度と本当の重症度は必ずイコールではないですから…Σ( ̄ロ ̄lll)
事務のオイラには判断できませ~んヽ(τωヽ)ノ

投稿: きくきく | 2005/10/05 09:28

もーさん、連日コメントありがとです(^^♪

お話しされた病院は大きな病院ですよね。
地域の方が診察に行きたくなる気持ちもよくわかります。
別の大学病院も二週間待ちというのも、かなり待ちますね。
う~ん、地域性もあるんですかね…。

完全予約性と言っても「予約外」という枠は必ずあると思うので、いざという時は「直接病院に行ってしまう」というのもひとつの方法です。

覚悟しておかなくてはいけないのは「たくさん待ち時間がある」「費用が高くなる可能性がある」ということ。

現在は、初診の方には「特定療養費」という実費がかかるのが一般的です。
実費なので病院によって金額が違うのでご注意を…。

投稿: きくきく | 2005/10/05 09:21

もーさん
この事はきくきくさんの方が詳しいのですが、
ものすごく簡単に説明します。
国の指導で、大きな病院というか専門的な高度の治療を行う病院、普通の病院(手に負えないと高度の病院を紹介します。)と棲み分けを指導しています。
高度の病院にたいした病気ではない人が多く高度治療が必要の患者さんの負担を減らすみたいな理由だったと。
また高度医療の病院に直接行くと初診料だったか診察料も違ってきます。
横浜の病院がこの様な病院か解りませんが、紹介状を要求されたのでは多分この事だと思います。


頭の痛い人ですが、くもまっかの初期か血栓のため血液がつまり頭痛に成っているのかと思いました。点滴をすることにより直接血液に水分が補給され血液が流れやすくなり痛みが和らぐのかと、おもったので。

一度見るからにくたとした人が来て、まだ元気な人たちに済みませんこの人見るからにくたとしているので先に見させますと他の事務の人が説明して歩いたことがありました。
他の人もあまりにくたとしているので、快く?承諾してくれましたが。
救急車で来てくれれば、良かったのにと思いました。

投稿: v740gle | 2005/10/05 01:46

きくきくさん、こんにちは。

1ヶ月待ちの病院は、横浜労災病院の消化器科でした(笑)。
特段医療過疎地でもないのに、何で?って思いましたよ。

今夏から完全予約制になったとかで、電話で予約を入れたら....驚いたという次第。
紹介状を持っていれば、もっと早く診てくれるような口ぶりでしたが、かかりつけ医に紹介状書いて貰うのが嫌だと、患者本人が主張したものですから、取りませんでしたが。

結局どうしたかと言うと、別の大学病院のほうが二週間待ちだったので、そちらで診て貰うことにしました。

私達は夜間診療体制が手薄で専門医も少ないことを知っていましたので、それはしませんでしたが、夜間でも日中と同じ診療体制を採っていると思っている人、まだまだ多いのではないかと思います。

大病院の外来診療、完全予約制にしたら受診しやすくなるのかと思ったのに、却って診察して貰うまで日数がかかるようになったのは期待はずれでした。

以前なら、朝から並んでいれば当日中に診て貰えたのにね(^^ゞ。

投稿: もー | 2005/10/04 17:13

v740gleさん、コメントありがとです。

『…点滴多分生食でしょうから…』
う~ん、残念ながら、どんなにコストが取れないと思っている患者さん対しても「生食のみ」の点滴はしません。
必要最低限の成分が入っている薬剤を投与します。

しかし今回の記事に対して、みなさまからこれだけの記事の書いてくれるとは思ってもいませんでした。
ウレシカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

この場を借りて、お礼申し上げます。
(TдT) アリガトウ

これからもよろしくちゃ~ん(^^♪

投稿: きくきく | 2005/10/04 09:53

もーさん、コメントありがとです(^^♪

『大きな病院で診て貰おうと予約電話を入れたら「一ヶ月待ち」と聞いて、驚き呆れました。』
これはずいぶん大人気な病院なんですね。
この病院のじょ状況はわかりませんが、一般論として…。

「まずは開業している医師に診察してもらってください」と案内している病院はかなり増えていると思います。
病院には来るには、紹介状を書いてもらい予約を取ってから。
そして必要な診療が終わり、経過が落ち着いた時点で紹介元で治療を継続すると言った流れ。

オイラが働く病院でも「紹介患者」はたくさんいます。
しかし、そのまま来院する患者さんも、たくさんいます。
診察までに少し時間がかかってしまうこともありますが、一ヶ月待ちなどということはありません。

しかし、検査によっては一日の人数制限しなくちゃならないものもあるため、時間がかかる場合もあります。

また、夜なら待たずに見てもらえるという議論は「べつ」にして考えないといけません。
夜は「あくまでも緊急処置」をするところ。
詳細な検査をして、診断をつけて、積極的に治療を開始する場所じゃないのです。
第一優先は「救命」です。
そのために必要な施設なのです。
「昼間は混んでるから夜見てほしい人」がたくさんいて、命の危機にさらされている人が救えなかったら、本末転倒です。

この部分は理解してほしいと思います。
(こんなこと書いてけど、もーさんの気持ちはよくわかりますよ(^_-)-☆)

投稿: きくきく | 2005/10/04 09:45

今日何か引っ掛かっていたのですが、
大体解ってきたので、全然私の思い過ごしなら良いのですが、救急車を呼んだときはかなり頭痛がしていたとします。
しばらくすると頭痛が治まります。
その後は頭痛はしません。
点滴多分生食でしょうから、点滴をします
益々快調です。
何度も来ています。
もしかしたら来院する間隔が短く成っていませんか。
短くなっていると、危ない気がするのですが。
すぐ検査してもらはないと。
気のせいなら良いのですが。
暑い地方ならとっくに入院しているような気がします。
患者さんは過去に点滴で楽になったんでしょうね。
もし私の思っているとおりなら最初に点滴をしたドクターはすごいです。

投稿: v740gle | 2005/10/03 21:29

▼40gleさま

私自身は、些末なことを捉えて病名をつけ、さも病人であるかのようにしてしまうのを好みません。

水分補給の点滴で頭痛が解消する状態であれば頭痛症ではないでしょうし、かと言って精神科による治療が必要な状況でもないと思います。

要は日々の不満の捌け口を病院に求めているだけだと思うのです。


▼きくきくさん

大病院に待ち時間なしで診て貰いたいという人が夜間に流れているんでしょうか。

私の家族が、ちょっと気になる病気を患っていて、大きな病院で診て貰おうと予約電話を入れたら「一ヶ月待ち」と聞いて、驚き呆れました。 

夜間に診て貰おうとする患者の気持ちも、ちょっと分かった気がしました。

投稿: もー | 2005/10/03 20:58

v740gleさん、コメントありがとです(^^♪

現在の病院内では、いろいろなコトが変わってきています。
いい意味で変わった部分もたくさんありますよ。
改善しようとしても、なかなか自分たちだけでは改善できない問題もたくさん残っています。

『これをやってくださいでは、仕事が増えるだけと反発を受けますから、ナースなどがいかに楽になったと感じるように又は間違いが無く成ったと感じるような方向に意図的に持っていかないと多分無理です。』
確かにそのとおりだと思います。
「楽になった」「間違いが減った」と感じられるようになるまでには、かなりの時間と労力、そして組織改善も必要なのです。
エラー誘発要因がたくさんある医療現場の中では、個人の努力だけでは難しいのです。

患者さんも「人」であれば、医療従事者も「人」です。
「人は誰でも間違える」ことを考慮して、いかにエラーを防ぐことができるかを、みんなで考えていきたいものですね。

投稿: きくきく | 2005/10/03 09:52

もーさん、コメントありがとです(^^♪

現場での対応は、なかなか難しいんですよね。
ホントに苦しんでいる人と「とりあえず病院に来たい人」の区別が…。

後者の方は、病院スタッフは見ればわかります。
これらの方をどこかで受け入れてくれる施設を行政が作ってくれるといいんだけど…。

投稿: きくきく | 2005/10/03 09:32

もーさん。
その方復讐されているのではなく、ちょっと病気なだけです。
そうとか鬱とかそういう心療内科と言うよりも何か違うんです。実際にきくきくの様な目に遭ってみるとわかりますが。
多分自宅の近所でも有名だと思います。
結構病院はそういう人が来ます。呼び寄せられるかのように、やはり優しくされるからかも知れませんが。

>「患者も医療従事者もハッピーな、より良い医療が提供されるような環境」
簡単です。
スムーズに動かす、トラブルをおきないように又は少なく成るように仕向ける。
これをやってくださいでは、仕事が増えるだけと反発を受けますから、ナースなどがいかに楽になったと感じるように又は間違いが無く成ったと感じるような方向に意図的に持っていかないと多分無理です。まとまりません、キッパリ
しかし、ナースなど彼女たちは結構頭が良く考えが文系よりも理系に近いのでこれは良いと理解するととても驚くような結果を出すことがあるので、みんなでやりましようではなく、やると楽で楽しいと言う方向に気づかさせるだけで十分です。
私はちょっと方向性をわざと解るようにしただけでドミノたおしの様に一気に変わることを体験しました。
まあ焦らずこつこつやっているとある日突然変わることもありますから。焦らず目標を持って行ってください、

投稿: v740gle | 2005/10/03 02:09

「どこまで治療を施すか?」
特に行政のご厄介になっている人に対しては、フクザツな気持ちになりますよね。

たとえば行き倒れのホームレスが救急病院に運ばれて、治療しなければ確実に死ぬケース。

今すぐ治療をすれば、命は取り留められるかも知れないけれど、意識が回復する見込みは殆どない。 よくて植物人間状態...。

「手術適応はない」と見限れば、公費負担は少なくて済む。 けれど手術をすれば相当な実費が生じることは間違いない。

こんなケースの時、私なら「不必要な延命措置」と捉えて、治療しないほうを取りたいけれど、建前としては「金持ちもビンボー人も同じ命も重さ」だから、やれるだけのことは施す医師が多いのだろうけれど。

その生活保護の人は、病気を騙ることで他人から優しくされたり、或いはクレームをつけたりして、ある意味、社会への復讐をしているのかも知れないね。


投稿: もー | 2005/10/02 20:18

v740gle、コメントありがとです(^^♪

病院にはいろいろな患者さんが本当によく来ますよね。

一応、「対応困難患者リスト」ってものはあります。
しかも「レベル分け」してあります。
よっぽどなことがないと断れません。
一度来たら朝までお付き合い、なんて患者さんは多いです…Σ( ̄ロ ̄lll)

『きくきくさんは何故看護しに成ったんですか?』
え~と、理由は…、って 「残念っ!!」

オイラは事務員なのです(ゴメンナサイ)
医療者側と患者側の両方の目で、今の医療界を見て行きながら…、
「患者も医療従事者もハッピーな、より良い医療が提供されるような環境」になってほしいと思っているのです。

なんて思っているだけで何もできないんですけどね(^_-)-☆

投稿: きくきく | 2005/10/02 03:12

>本当に必要な医療行為に対する費用を使っても、全然ムダには感じません。

この事は、実際に救急車に乗り病院に来ると痛みが和らいでしまう人が居ると聞いて居たのでこの人は本当に頭が痛かったと思うしかないです。
救急車をタクシー代わりに使う人よりはまだましです。

またその患者さんも過去に何度も来ていると思うので、そういう人の為に夜間の会計用の所に救急依頼があったとき、
出入り禁止(過去病院内で暴れた、某薬品中毒者等)
・取り次ぎ注意者(お金を払わず居なくなった、救急車で来て診察前に居なくなった)人のリストが申し送りされていました。

それにまだ住所がある人なので収入がありますが、一度野宿の人がけんかで運ばれてきてしまい、無いんです。
どうなったか詳しいことは解りませんが、当日は泊める程でもなく又困るのでお帰りになってもらったことも有ります。

又彼女が彼を帰したくなく、お酒をガンガン飲ませアルコール中毒にしてしまい、夜中の2時過ぎに救急車で運ばれてきて医師は点滴をすることになり1本目で確認したところもう1本することになり2本していました。
点滴中彼女はべたべたで、2本も打たれ終わりが明け方に成り当直看護師は休むことも出できず。ぷりぷりでした、私たちもじっと待機でした、そういう日に限り患者さん少ないんです。
腰痛で久しぶりに昔いた病院に行ってきましたが、かなりの人が入れ替わっていて何故か悲しかったです、気が付いてくれる人も居たのが大したことではないですがうれしかったです。
ガンバッテくださいね。
きくきくさんは何故看護しに成ったんですか?
昔いた病院で患者さんがとぎれたとき良く聞いていました。
殆どの人か人の役に立ちたかったでした。

投稿: v740gle | 2005/10/02 02:58

まゆさん、ゴメンナサイm(_ _)m

気が向いたら、遠慮なく遊びにきてくださいね。
あまり大したことが書いてないブログですが…。
人生、日々勉強です…(>Д<)ゝ

まゆさんも、いろいろと大変でしょうが、焦らず頑張っていきましょうね。

投稿: きくきく | 2005/10/02 02:50

1ごめんんさい。。。

興味があったからって、プライベートのとこまで聞いちゃって。。。

これからは、自分本位でなく、きちんと相手のこと考えて、きくきくさんのブログを素直に見させてもらいます。

ごねんなさいね、きくきくさん。
反省してます。

よかったら、またあそびにきてもいいですか?

投稿: まゆ | 2005/10/02 02:19

まゆさん、立て続けのコメントありがとです(^^♪

オイラの恋愛話は…、自分のことはよくわかりません。
( ゚Д゚)ポカーン

しかし、恋愛って真剣になればなるほど『視野が狭くなりがち』な人って多いですよね。
いろいろな方の意見を聞いて、まゆさんも早く復活してくださいね。
応援してますよ~(^^♪

大したこと書けなくてゴメンナサイ…m(_ _)m

投稿: きくきく | 2005/10/02 02:15

何か、みょ~にききたくなっちゃった。

きくきくさんが嫌でなければ、教えてほしいなあ。

だって、きっと医療に対して真剣なんだもん。
恋愛だって、きっと誠実に彼女?がいたらしてそうで。。。

何か話題変わっちゃったけど、ゴメンナサイ。。。

投稿: まゆ | 2005/10/02 02:03

まゆさん、またまたコメントありがとです(^^♪

おやおや、看護師さんなんですね。
最近のオイラ、カンが鋭いのかな??
(↑ たまたま当たってだけなのにね)

『話し変わるけど、きくきくさんは、今恋愛してますか?』
う~ん、どーでしょうか??

『私は今ぼろぼろ雑巾状態です。』
あらあら、大変ですね。

『マミ姉のところで、リハビリ中。。。』
きっとマミ姉なら、協力してくれるはずです。
いい仕事してくれると思いますよ(^_-)-☆

『しっかりしてて、何か、真剣に医療について考えてるってきがする。』
大した人間じゃありませんし、何もできないオイラです。
評価していただいたことは感謝いたします
(TдT) アリガトウ

『恋愛に対してはどうなのかなあ?なんて考えちゃいました』
いくつもの失敗があると思います…Σ( ̄ロ ̄lll)
まだまだ未熟なオイラです…。
オイラもマミ姉のことで勉強しようかな。

気が向いたら、また遊びに来てくださいね(^^♪

投稿: きくきく | 2005/10/02 01:56

マミ姉は恋愛についてだけど、きくきくさんの所は、興味がありまして・・・。

はい、実は医療関係者(看護師)デス。

また覗かせてもらいますね。

話し変わるけど、きくきくさんは、今恋愛してますか?
私は今ぼろぼろ雑巾状態です。
マミ姉のところで、リハビリ中。。。


しっかりしてて、何か、真剣に医療について考えてるってきがする。恋愛に対してはどうなのかなあ?なんて考えちゃいました。(余計なお世話だっーの:笑)

投稿: まゆ | 2005/10/02 01:31

まゆさん、初コメントありがとです
ウレシカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

マミ姉のブログと違って「つまらない」内容でゴメンナサイ
(´・ω・`)ショボーン
また体へのお気遣い、感謝してます
(TдT) アリガトウ

コメントから想像すると、まゆさんは「医療関係の方」ですか??
(↑勝手に想像してるけど、違ってたらゴメンナサイ)

いろいろとサービス業って大変だけど、お互い頑張りましょうね(^_-)-☆

投稿: きくきく | 2005/10/02 01:09

はじめまして、きくきくサン。

ご苦労様ですです。。。

そう!救患でくる人の大概の人は、まったくもって、「軽症」。

もう、昼間から調子が悪いのであれば、昼間に受診してほしいですよね。

心配。。。って思うのは判るんですが・・・。何とかしてほしいです。

医療もサービス業。
いつもニコニコ笑顔で対応!

ストレスたまります。。。
顔は笑ってても、心では「ったく、何なん?」

サービス業って、ストレス溜まりすぎ!!

たまには、反発してみたい。でも、あとが・・・。

つらいですね。

今晩はこれから落ち着くと良いですね。
体には気をつけて!!

(マミ姉さんのところから、トラックバックしてきました。)

投稿: まゆ | 2005/10/02 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/6208238

この記事へのトラックバック一覧です: 10月初日は当直です…(´・ω・`)ショボーン:

» なーんとなく。 [つれづれなるままに]
私の好きな「作家」としての室井さんでなく個人としての室井さん。 もちろん、作家としても好きですよ。 でも、読んでいると、精神不安定な私はとっても寂しくなる。 まだまだ内容が理解できてないのかと、今日も図書館で借りたけど、 室井さんがしているトラックバックへの..... [続きを読む]

受信: 2005/10/02 03:34

« 第1回TV会議システム接続実験 | トップページ | 災害救護訓練に行ってきます »