« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

認定証が届きました!!

この週末、土曜日はすっかり「寝て曜日」

日曜日は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のDVDを借りて、じっくり見てしまった医療の質管理課きくきくです…(^^ゞ

テレビ版をまとめたもので「1・2・3」と12話分を見てしまいました。

(↑ ブログを放置してしまいすみません…)

さてさて、先週、合格通知が来たって言ってた「日本医療機能評価」の認定。







実際に「認定証」が届きました!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ










これがあるからと言って、目に見えた効果がある訳ではありませんが…。

とりあえずご報告(^^ゞ




実物の認定証を見たことのない方のために写真で紹介します。

iryoukinouhyoyuka_ver4


(↑ こんな感じの「賞状」が…、他にも審査結果報告書という分厚い本が後で届きます)

オイラの病院の認定期間は「2009年」まで。

次回の更新はもっと厳しいんだろうなぁ…Σ( ̄ロ ̄lll)





今日は、これから…、







救急外来勤務 Σ(゚д゚lll)ガーン








10月は救急外来に始まり、救急外来に終わる…Σ( ̄ロ ̄lll)

スタッフの皆さま、大変だけどガンバロウね!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/28

今、学会から帰りました…Σ( ̄ロ ̄lll)

いや~、慣れないトコロは本当に疲れます。

ホテルオークラ東京から無事帰ってきた、医療の質管理課きくきくですΣ( ̄ロ ̄lll)





今日の午後は…、





「パネルディスカッション 医療安全」





ここの話を聞いてきました。

座長は「Yはま市立大学のHもと」先生でした。

なかなか楽しい感じでの進行でよかったです(^^♪







内容は安全な医療を行うためには…、なんて感じでいろいろな議論が繰り広げられました。

けっこう楽しい議論でよかったです。







でもね、ちょっと「いただけない」ことがあったのだ!!

それは…









オイラの隣に座っていた「オバチャン」

しかも二人組み!!










もう「おばぁちゃん」って感じなんだけどね…。

パネルディスカッションが始まってから少し遅れてきました。

そしたら・・・、







パネリストの話は全然聞いてないっ!!







でもね、ちょっとは興味があるみたい。

隣にいるオイラは…、











今の話は、この本の何ページ??

(↑ 本とは「抄録集」です)











オイラ、最初は…「○○ページですよ」






やさしい感じで教えてあげました。

でもスライドみようよ…、オバチャン。












静かになったので、パネリストの話を聞き始めたかなぁと思ったら、案の定…、


















爆睡ですっ…Σ( ̄ロ ̄lll)


















がっちり寝てます。イビキまで行かないけど、明らかに「寝息」。

そのうちに、抄録集をポトリと落とすと…、





















あらヤダ、この本はずいぶん滑るのね~!!













イヤイヤ違うよ、寝てたから力が抜けて落としたんだよ。

と思っているオイラに、そのオバチャン…、














そうでしょ、あなた!! そう思わない??














「・・・、ま、まぁ」

(↑ イヤイヤ全然そうは思いません。と心の中でつぶやきオイラ)

そろそろ周りの人も気がつき始めた感じです。

当然、このオバチャンたちはパネリストが話していても「お構いなし」でおしゃべり。

スゴイです…。











そしてプレゼンが終わり、パネリストが前に並び討論がスタート。

いろいろな議論がされているんだけど、オバチャンたちは相変わらずです。













でも、ちょっとだけ興味があるみたいなのは変わりなし。

自分が同じ意見だと思うと、周りの人に同意を求めます。









あなたもそう思うでしょ??

私もそう思ったのよ~(^^♪










その頃にはオイラ、ちょっぴり「無視」してました。

そして、フロアからの意見との討論となった時、パネリストの返答に対して…、


















男の人は「言い訳」ばかりでイヤね~。

あなたもそうなんでしょ??















「・・・Σ( ̄ロ ̄lll)」









はぁ~、アンタ何を言ってるの??

オイラのこと、何を見てそう言ってる訳??

しかもパネリストの返答は「いい訳」じゃないし!!









ここまで来たら、どこの人か知りたくなってきたオイラ。

どこの病院で何をしている人か、むしょ~に知りたくなってきた!!

隣だし、ネームカードも「ガン見」するわけにいかないし…。

何か方法はないか考えているうちに、
















ディスカッションが終わる前に、帰られちゃいました…

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル




















帰りの電車の中でも考えてしまうオイラ。

いったいどこの病院の何をしている人か…。

今回、参加した「日本病院管理学会」での忘れ物です…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ただいま学会参加中

医療の質管理課きくきくは、昨日と今日は学会に参加しています。

なんの学会かというとね…、







日本病院管理学会






なんだか、エライ人が多そうな学会に参加してしまいました…Σ( ̄ロ ̄lll)

話の内容は、さまざまです。

病院経営の話から、医療安全などなど…。

いろいろと勉強になりますっ(>Д<)ゝ”










この学会を開催している場所はね、都内なんだけど…、






















ホテルオークラ東京

















オイラ、こんなすごいホテルは「初めて」…(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))













田舎者のオイラは、ちょードキドキです。

そんな中でサポート??していただいたのが、オイラの病院から一緒に来た






「いけいけ先生」

(↑ すみません。お世話になってるのに、こんな呼び方で…m(_ _)m ちなみに副院長先生です)







いつもホントにお世話になってます。

いけいけ先生が、「ちょっとコーヒーでも飲みに行こうか」なんて感じて

ホテル内の「ガーデンテラス」という喫茶店みたいなところに連れて行ってくれたのですが

ここがまたすごかった!!










コーヒー一杯が「735円」








オイラには破格の値段です…Σ( ̄ロ ̄lll)

よく聞いたら、こういうところでは「普通」なんだそうです…Σ( ̄ロ ̄lll)

アホ丸出しなオイラです…。

でもね、普段は缶コーヒーとか高くてもスタバとかでコーヒーを飲む程度なもんで、ビックリしたのさっ!!






いけいけ先生が費用は負担していただきました。

さらに、昨日の夜も…




「軽くご飯を食べに行こう」




ってことで、東京駅近くの和食屋さんに連れて行ってもらいました。

品のあるお店でした…。

オイラ、絶対に自分ひとりでは来ないようなお店です。

このお店の費用も「いけいけ先生」が負担してくれました。




いけいけ先生曰く…、





いつもいろいろと頑張ってくれてるからいいんだよ。

この分は、また君達が病院できちんと働いて還元してくれればいいんだよ。






このお言葉が一番キツイ…Σ( ̄ロ ̄lll)

でも頑張りますっ(>Д<)ゝ”





いつもいろいろとすみません…、ホントご馳走様でしたm(_ _)m






おっと、午後の部が始まっちゃうので、細かいトコロはまた後で…。

睡眠学習にならないように頑張りますっ(>Д<)ゝ”

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/25

合格通知がきました!!

昨日、インフルエンザの予防接種をしたところが「赤く腫れている」医療の質管理課きくきくです。

ちょっと熱を持っていて痛いので心配です…Σ( ̄ロ ̄lll)

さてさて、今日はイヤなこともたくさんありましたが、ちょっぴり嬉しいことがひとつ。

それは…、




ついに来ましたっ、合格通知っ!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ




なんの合格通知かっていうとね…、














日本医療機能評価機構Ver4.0の更新












オイラのいる病院、今年の1月に更新のための審査を受けました。

そして4月に一度、認定通知を受けました。

しかし…、










条件付の認定でした…Σ( ̄ロ ̄lll)












改善要望事項に対しては、きっちりと4ヶ月かけて対応をさせていただきました。

その取り組み内容については、がっちり書類を作成。

そして「窓口相談」という形で、医療機能評価機構までおでかけしました。

(↑ オイラの部署の課長と以前の課長が8月に行ってきました)













その書類審査の結果が、今日届いたってわけ。

課長から通知を見せてもらった瞬間は…、





感激しました!!

ウレシカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

やっぱ、医療機能評価の更新にはみんな苦労したもんね。

でも、これから約4年後には「また更新」があると思うと、憂鬱です…Σ( ̄ロ ̄lll)

次回の更新時には「担当」からはずれていることを祈ります…。






何はともあれ、オイラと同じ病院の方、ホントよかったですね!!

正式な認定証は10月31日に届くと思います (>Д<)ゝ”

| | コメント (19) | トラックバック (1)

2005/10/24

インフルエンザの予防接種しました!!

週末は、特別な用事もなかったので、すっかり「寝て曜日」として過ごしてしまったオイラ。

やるべきことも放置して寝てしまいました(かなりヤバイ…)

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

しかし、世の中だんだんと秋らしくなってきましたよね。

もう少しすると、もっと寒くなって「冬」になってしまいます…。

一年の経過は早いものです…Σ( ̄ロ ̄lll)

(↑ しみじみ感じるあたりオヤジ化してきているオイラ)





オイラのいる病院は、冬に向けた対策をはじめました。

そのひとつとして…











インフルエンザの予防接種











今日から2週間かけて全職員対象に実施されます。

(↑ 全職員って言っても希望者だけど…)

厚生労働省も大流行の予測をしたり、WHOもいろいろな情報を発信しています。

でも「予防接種」しても、違う種類にかかってしまえば何もならないんだけどね。

また予防接種から「1ヶ月後」くらいからじゃないと、効果はないみたいだけどね。







まぁ、それは覚悟の上。

でね、初日からオイラは予防接種してきました(>Д<)ゝ”









予防接種の注射をしてくれるのは…、











研修医1年生っ!!











うっ…、これはひょっとして、何かはめられたのか…

Σ( ̄ロ ̄lll)









そんな思いもありましたが、近くに指導医の「Oさわ先生」がいらっしゃいました。

なぜ研修医なのか聞いてみたら…、







予防接種は「予防医学」の研修の一環なんだよね(^^♪







だって…ヽ(τωヽ)ノ

主旨は理解し、問診表記載と体温測定。

体温計測をして高かったら、中止なのだ。

(↑ 39度以上じゃないとダメなんだけどね)

計った体温は…、












35.9度 Σ( ̄ロ ̄lll)












全然問題がありませんでしたヽ(τωヽ)ノ

ここまで来たら、開き直っていこう!!

注射実施には、二人の研修医がいました。


S先生とM先生、好きなほうにしてもらって(^^♪











と「Oさわ先生」。

う~ん、オイラはどちらでもいいのですが…。

一緒にいた医療安全担当の方もどっちでもいいと。

オイラは何の根拠もなく、M先生にお願いしました。









なんだか緊張の面持ちでいる「M先生」。

簡単な問診を行い、いざ注射っ!!
















おぉぉぉぉぉ、痛くないじゃんっ!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ













問題なく、注射は終了しました

(*^―゚)b グッジョブ!!

終わった後のM先生の顔を見たら…、









汗びっしょりでした (((゜◇゜; )(;゜◇゜)))










よっぽど緊張したんだろうね。

でも痛みもほとんどなくできたから大丈夫ですよ(^_-)-☆

これからも自信を持っていいと思います。

こうやって研修医の先生方は、注射も覚えていくのかなぁ…。

オイラ、これでインフルエンザにかかりませんように…。

みなさんも予防接種は済ませましたか??

早めの接種が効果的ですからね(^^♪

IMG_0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/21

ブログに対しての「今の思い…」

僕のブログにいただいたコメントの中で、非常に心を打たれる内容がありました。



それは「トラックバック」についてです。



僕は、ブログを始めてそろそろ10ヶ月が経過いたします。

自分では、それなりにブログのことを「理解したつもり」で、書き綴ってきました。

しかし、それはあくまでも



「つ も り」



でしかなく、理解せず行動していた、という事を気づかせてくれました。

今、思い返すとブログをはじめてすぐに「トラックバックって何??」と思ったのが第一印象。

そこで細かく調べればよかったのですが、怠ってしまったのが間違いでした。

自分の中では、「簡単なお友達リンク」くらいの認識しかなかったのが事実です。




この間違った認識で、不快な思いをさせてしまった方がいらっしゃいました。

この場を借りて深くお詫び申し上げます。

これから「きちんと勉強」いたします。






これまで、いろいろな方に「このブログ」を見ていただき、本当に感謝しています。

自分勝手な内容であるがため、時には人を傷つけてしまうような記事も書いてしまったかも知れません。

気分を害されてしまった方がいらっしゃいました、お詫び申し上げます。







なんだか、反省文のような記事となってしまいました。

期待して見に来ていただいた方には、大変申し訳ありません。

しかし、今回の事実を真摯に受け止め、これからは行動していきたいと思っています。

つまらない内容で、ホントすみません…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/20

今、血液が足りませんっヽ(τωヽ)ノ

今日は天気もよく、気分も晴れやかにお仕事してました。

特に大きなトラブルもなく、順調そのもの。








だったんだけどね…、午後3時くらいまでは。

オイラの仕事場に尋ねてきた






事務部門の「N課長」

通称…、「ねぎっちゃん」

(↑ 親しみをこめて「あえて」こうお呼びいたします…。ちなみに女性です)





ねぎっちゃん:ねぇ~え、きくきく君、血液型は何型??





オイラ:えっ…、「B型」ですけど ( ̄Д ̄;)

(↑ B型と答えると、「えっ~B型っ」というリアクションをされるのがイヤなので答えたくなかったオイラ)

オイラ:あっ、もしかして血液が足りないとですか??

(↑ ちょ~イヤな感じがしたとです…)










ねぎっちゃん:そ~なのよ~!!







献血しに行ってくれな~い(^^♪









オイラ:「…」、

「だって足りないんでしょ、B型が…」

「そしたら行くしかないんでしょ??」









ねぎっちゃん:あら~、助かるわぁぁぁぁぁぁぁぁ(^^♪










ということで、献血ルームへレッツらゴー!!

(↑ 行くとなったらお散歩気分なオイラです)

ちなみに、オイラのいる病院は血液センターの在庫が少なくなると、依頼が来ます。

でね、該当血液型の人は…、





「ほぼ強制的」に行くことになります

 Σ(゚д゚lll)ガーン

(↑ オイラの場合は、「男性」「体格がいい」という理由です…)





久しぶりの献血ルーム…、相変わらずでした。

行ってみてビックリ!!

もうすでに「5名」がオイラのいる病院から来てました!!

とりあえず、受付を済ませて、



自主的に「コーヒーを一杯」飲みました。

献血ルームのいいところは…





「ソフトドリンクが飲み放題

お菓子が食べ放題」なところ

(↑ 変なトコロに価値観を持っていてスミマセン…)

んで、ボーとしていたら、献血前の診察に呼ばれました。

中に入ると、「なかなかのおじい様」先生がいらっしゃいました。

血圧測定と問診を済ませたら、おじい様先生から…、







一杯、何か飲んでから献血してくださいね






えっ~、また飲むの??

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル








仕方なく「もう一杯」…、今度は「アイスウーロン茶」にしました。

一気に飲み干し、いざ献血…。

と思ったら、採血をしなくちゃいなけなのです。

ここでできなくなる方も多いですね。

特に女性が「比重」の問題でできない方が多いです。




しかしオイラはなんなく通過してしまいました。

ここまでの所要時間は、なんと「20分」…Σ( ̄ロ ̄lll)

長すぎます…(決して混雑しているわけではありませぬ…)












そして、今度こそ「本番」の献血です。

実施内容は







「血小板献血」







けっこう「太い針」を刺されました ヽ(τωヽ)ノ

(↑ でも思ったより痛くなかったです (TдT) アリガトウ )

献血中はテレビを見ながら、リラックスタイム(^^♪

開始して少ししたら、看護師さんからの一言…、











何か飲み物をお持ちしますが、何がよろしいでしょうか??











えっ~、また飲み物…Σ( ̄ロ ̄lll)










…と思いながらも、あまりにも丁寧にお話しされたために断れないオイラ。

「じゃあ、アイスコーヒーお願いします、全部入りで」




献血中にきちんと全部、飲まさせていただきましたm(_ _)m

ただ、ボーとしているのもつまらなかったオイラ。

看護師さんの業務内容を監査っぽい視点で見てしまいました…。

すっかり「職業病」です…Σ( ̄ロ ̄lll)





見ていたポイントは…




献血をしてくれる方への氏名の確認方法

スタンダードプリコーションの徹底




この部分を注意深く観察っ(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

結果は…、

「まぁ、よくできてるんじゃない」くらいとしておきましょう…。

(↑ 意味不明なオイラです。ゴメンナサイm(_ _)m)








献血も無事、終了。

再度、受付に声をかけると…、








「少し休んでからお帰りください。」

「あっ、それと休みながら…、
















何か飲み物を飲んでくださいね(^^♪















えぇぇぇぇぇぇぇ~、またですか~

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル













仕方なく、「あったかいカフェオレ」をいただくことに…。

10分くらい休み、病院に帰ってきました。

もうしばらく「ドリンクバー」には行きたくありません…。

(↑ 違うよっ、あそこは献血ルームだよ)






みなさんも「献血」いかがですか??

是非、ご協力くださいませ…。

それと、ねぎっちゃんへ

血液は足りないときは、オイラに遠慮なく声をかけてくださいね。

できる限り対応させていただきますm(_ _)m

また献血ルームの方、ご丁寧な対応に感謝いたします。

ホント、ご馳走様でした…(>Д<)ゝ”

| | コメント (25) | トラックバック (0)

講演会に行ってきました

医療の質管理課きくきくは、お仕事が終わってから・・・、






セーフティーマネジメント講演会







って企画に参加してきました。

オイラの病院にきている製薬会社の方からの紹介で、医療安全担当者2名と一緒に行ってきました。

同じ県内ですが、車で40分くらいかけて行きました。





もちろん、オイラが運転手でした(>Д<)ゝ”





初めて行くところだったのですが、時間までにきちんと到着できました。

講演会のメインの講師は…、






日本ヒューマンファクター研究所

 所長 黒田勲 先生








この先生は医師」あり航空界でも活躍されていたようです。

また、W大学(6大学のひとつ)で…、




「人間科学部 教授」




もされていたようです。

また厚生労働省医療安全対策検討会の委員もされているようです。

(↑ こんなスゴイ方とは知りませんでした…)









実際の話は「医療安全は医療の原点である」というテーマでのお話しでした。

まずオイラの興味があるところは…、





「ヒューマンファクター研究所」って何を研究してるのかな??

また医療の中にまつわる「ヒューマンファクターに関するお話し」をかなり期待していたオイラ。

お話しが進んでいくうちに…、











医療安全の概論ばかり…Σ( ̄ロ ̄lll)









まぁ大事なことなんだけど、オイラのニーズには合っていない…。

そんな感じで1時間ちょっとのお話しは終わりました。

…で、ヒューマンファクター研究所って何をしているところなの??

( ゚Д゚)ポカーン

講演会が終わり、帰り道の車の中での会話…。

Kさん:ところでさぁ…、今日の話って、ヒューマンファクターの話って何かあった?? これじゃヒューマンファクター研究所の人じゃなくてもよかったんじゃない??

Yさん:ヒューマンファクターに関する話を聞くんだったら、やっぱり「あの人」がいいよね(^^♪



オイラ:それって、この前の山形でのNDPで、カラオケでデュエットしてた人のことですか??



Yさん:そうそう、「KのR太郎さん」。また私達の病院に来てもらって、夜カラオケがしたいね(^^♪



Kさん:もうっ!! そんなことばっかり言って!!

     《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!

     でも山形、楽しかったよね~(^^♪

こんな話をしながら帰ってきました…Σ( ̄ロ ̄lll)

今回、お話しいただいた「黒田先生」、ありがとうございました m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/18

あぁぁ、残念ですね…(´・ω・`)ショボーン

医療の質管理課きくきくは、毎朝の日課として「医療事故情報」みたいなものを検索しています。

でね、こんな報道がされていたのを見つけてしまいました…(´・ω・`)ショボーン

この記事を見た瞬間…、






うわぁぁぁぁ、また人工呼吸器かっ!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル






…、と思ったら微妙に違いました。

でもあってはほしくないことですね…Σ( ̄ロ ̄lll)

どんな内容かは下記をクリックしてちょうだい!!

リンク: 酸素不足で患者死亡、タンク補給されず…長野の病院 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).




どうやら液体酸素のタンクの残量が少なかったために、十分な酸素が供給されなかったようです。

人工呼吸器はきちんと作動し、アラームで警告したようでした。











あぁぁぁ、悲しい事例です…。

病院の中での「酸素」というものは…、





患者さんにとって「命綱」のようなもの

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

病院の管理担当者もさることながら、補給業者さんにはどれくらい大切なもの、という意識があったのだろう…。

しかし、オイラのいる病院はどうなんだろう…( ̄Д ̄;)

ちょっと心配になったので、調べてみました。

担当部署に聞くと…、






毎朝、担当者が残量チェックをしています(>Д<)ゝ”

メーター部分にはテレビモニターを装着し、業者からも監視しています!!

補充は週2回(火・金)しています(>Д<)ゝ”

という回答でした。

オイラ、感動ものでした…ウレシカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

こんなにしっかりした体制で管理していてくれたとは知りませんでした。

(*^―゚)b グッジョブ!!







みんないろいろな部分で頑張ってくれているんだなぁ…、と感じた瞬間でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/17

M&Mカンファレンスに参加しました

医療の質管理課きくきく、今日は朝早くから…





M&Mカンファレンスに参加しました(>Д<)ゝ






ところでM&Mカンファレンスって何??

( ゚Д゚)ポカーン

何かの話し合いには間違いなさそう…。

M&Mは…、







Mortality   &   Morbidity

(もーたりてぃー あんど もびりてぃー?)






これの頭文字をとって「M&M」だそうです。

でも日本語じゃないとわからないオイラ…。

いつもお世話になっている「副院長のⅠ谷先生」に日本語では何と教えてもらいました。







日本語で「これ」っていうのはないんだよ。

「重症症例(死亡も含む)の検討会」

っていうニュアンスが一番近いんじゃない??






ということでした。

これなら、なんとかわかります。

(↑ アホなオイラでスンマソ~ン ヽ(τωヽ)ノ )









そんなことはさておき、その「M&Mカンファレンス」にいざ参加。

まぁ初めてじゃないので、雰囲気はわかっていましたが…、












今日は参加者が多い!!











いつもは100人程度は入れる会議室に空席が目立つ状況なのに、今日はほぼ満席。

なんと、総勢「113名」の参加がありました!!

(TдT) アリガトウ

医師だけでなく、看護師や他の職種の方もたくさんいました。

感覚としてですが、全体の5~6割くらいが医師でした。

取り上げられた症例は…、





「脳生検後の予期せぬ急変」





って感じです。

病気の細かいことはオイラにはよくわかんな~い…

( ゚Д゚)ポカーン (ってことにしきとます)












この症例に関った診療科の医師がそれぞれの立場から、検証していくような感じの内容でした。

また病棟で携わった看護師の立場からも話しがありました。

ここであがった問題点などを考慮し、今後の臨床に役立てることが…、












M&Mカンファレンスの目的です

(>Д<)ゝ”
(たぶんそうだと思います…)









先生方も自分の経験だけがすべてではない。

いろいろな方が経験したことも、自分の経験と同様なこととして受け入れ、質の高い医療が提供できるように「お勉強」しています。








ちなみに、このM&Mカンファレンスの開始時間・・・、











朝7時30分から…Σ( ̄ロ ̄lll)











朝が弱いオイラにとっては、厳しかったっす(´・ω・`)ショボーン

でもいろいろなことが身につけることができるので、今後も参加したいと思います

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

また起きちゃった「人工呼吸器」事故…ヽ(τωヽ)ノ

またもや発生してしまいました…(´・ω・`)ショボーン

人工呼吸器の事故って聞くだけで悲しいです…。

報道されていた内容はこちらをクリックしてね

       ↓

リンク: 東北大病院また医療事故、人工呼吸器外れ一時心肺停止 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).


どうやら「患者さん」と「人工呼吸器」をつなぐチューブの接続部分がはずれてしまったようです

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

またはずれた後、アラームは鳴っていたようなのですが、他の患者さんへの対応をしていて聞こえなかったみたい…。

報道内容によると「チューブがはずれてしまった原因は不明」ということです。









人工呼吸器をつける患者さんは気道確保をします。

口からチューブを入れる場合と気管切開をする場合があります。

どうやら、この患者さんは「気管切開」をしていたようです。

ちなみに気管切開というのは、のどの外側から切開して「カニューレ」と呼ばれる管を入れること。

気管切開をすると会話することはできません。

なので意識がない患者さんに行う場合が多いようです。






あぁぁぁぁぁ、ホント残念です…。

きっと医療従事者の方(特に看護師さん)は…、





ひと事じゃない





そんな感じでいませんか??

普段、取り扱うことのない方と、いつも使っている方では多少感じ方は違うと思いますが…。

きっと「どの病院で起きてもおかしくない事故」だと思います。












すべての医療従事者が『再発防止に向けた努力』が必要です。

このような事故がなくなるためには『国レベル』の介入も必要だと感じています。

「使う人が気をつけろ」

「使う場所を限定しなさい」




これだけでは事故はなくなりません…。

やっぱ、人工呼吸器を作っているメーカーやチューブを製造しているメーカーなど、いろいろな方と一緒に考えなくてはいけないのでしょうね…。







医療従事者のみなさま、今は同じことが起きないように頑張るしかありませんね…。

どうやったら「事故がなくなるか」、ご意見を聞かせてくださいm(_ _)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/10/15

またもや「酔っ払い」さん

やっと当直が終了したオイラ。

結局、一晩で来院された患者さんは約40名。

うち入院された方は「4名」でした。

そんな中、明け方にまたもや…、








「酔っ払い患者さん」が来ました!!








この患者さんは、なんと…、














アメリカ人の男性…Σ( ̄ロ ̄lll)















まぁ、アメリカ人でもお酒を飲めば酔っ払います…

(↑ 当たり前だよっ!!)










仮眠を取っていたオイラ。

救急処置室から看護師さんの叫び声が…、

















「事務さ~ん、誰か来てぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~!!」

仮眠を取っていたオイラも気づくほどの大きな声。

何事か思い、行って見ると…、








身長190センチくらいある外人さんがベッドの上で暴れているではないか!!








看護師さん3名と医師2名で取り押さえていました。

そこに緊急参戦したオイラ。

状況もわからないまま、みんなの指示どおりに行動しました。

なんだかよくわからないけど…、






「身体抑制」を行いました…m(_ _)m

(↑簡単に言うと、手足をベッドに固定してしまうこと)






後で状況を聞くと、オイラが呼ばれる直前まで警察の方も2名いたそうです。

酔っ払っているため、大声でわめき暴れていて、他の患者さんに迷惑がかかるので、警察に連れて行ってもらうとしましたが、「病院でお酒を抜いてくれたら引き取ってもいい」と言われてしまったようです。

しかし、このままでは…、ということで警察の方と相談の上に「身体抑制」をしたんだそうです…。

しかし、この患者さん…、











デカすぎて、ベッドに収まらない…Σ( ̄ロ ̄lll)











日本のベッドのサイズはやはり小さい??

それとも患者さんがデカすぎる??

まぁ、両方ですね…(^^ゞ





もしも暴れたら…、のために経過観察に付き合うオイラ。

患者さんは英語でいろいろなことを言い放っていましたが…、














オイラ、英語はわかりませ~ん

( ゚Д゚)ポカーン











現場には、英語の話せる医師と看護師がいました。

通訳してもらうと、本人曰く…、









「こんなことしやがってっ!!

アメリカ大使館に訴えてやるっ!!」

《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!









などと言っていたようです。

まぁ、気持ちもわかりますが、こちらも好きでしている訳じゃないので…。

だいいち、あなた自身が救急車を呼んだのにもかかわらず、病院に来て暴れるとは一体何事??

何、訴えてやるですと…??

身体抑制作業をしている間、女性研修医のおしりを撫で回していたお前が訴えられちゃうぞ!!(研修医は「まぁ、何でもいいや」って感じでしたが…)

そんなことをしているうちに、徐々に本人の身元がわれてきました。

どうやら英会話教室の講師をしているらしい…。

そして「妻」がいるようだ。

名前は「エボニー」??

(ニックネームなのかホントに名前なのかは不明)。

別に「彼女」もいるらしい。

名前は「さちこ」

(う~ん、これもうさんくさい…)

なんと言っても、この患者さんの右腕には…、





















よ う こ














・・・と、刺青が入っているのです

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル





いったい、誰が面倒見てくれるの??

そんな思いの中、先ほどの「エボニー」に本人の携帯電話から自分自身で電話させることにしました。

電話はつながり、お話しさせました。

ホントにいたんだ、エボニーさん

(名前は不明だけど…)

本人が医師に「今いる場所を伝えてやってくれ」と電話を渡す。

電話を変わった医師が状況を説明すると、エボニーさん曰く…、





















この人はいつもこうなんです!!

治療はしないで、そのまま帰しちゃってください!!

私は「千葉」にいるので迎えには行きません!!

《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!














えっ?、…ち、千葉?? ( ゚Д゚)ポカーン

しかも、いつもって…、どういうこと??

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

これが救急車で受け入れる患者にありがちなパターンです。

酔っ払い患者は常習犯…。

そして家族は見放している状態…Σ( ̄ロ ̄lll)

結局、警察に方に再度お見えいただき、妻??らしい方の話をもとに、自宅まで送り届けていただきました。(TдT) アリガトウ

あっ、この患者さんの診療費…、




もちろん支払っていきませんでした…Σ( ̄ロ ̄lll)

後日、「エボニー」さんに請求かな。
















来院してから帰宅するまでのこの患者さんにかかった時間・・・














3 時 間














実は、この時間に別に重症な患者さんが2名いました。

この時間帯、近くの病棟や手術室スタッフに応援を頼み、対応していました。

また手の空いている医師にも手伝ってもらいました。

みんな感謝しています…(TдT) アリガトウ








とりあえず、今日はこれから帰って寝ます…(>Д<)ゝ”

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今日の救急外来は…

医療の質管理課きくきく、今日は救急外来で当直しております

(´・ω・`)ショボーン





今日は比較的、患者さんは少ない感じ。

世の中に具合が悪い方が少ないのは、ホント良いことです

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ






そんな中でも、やっぱり来てしまうのが…、











「急性アルコール中毒の若い方」

《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!










今回は20歳の女性でした。

お友達と居酒屋さんで飲んでいたらしいです。

突然、気持ち悪くなり、嘔吐…Σ( ̄ロ ̄lll)

お友達が救急車を呼び来院した、という経過。

お友達は非常に段取りがよく、救急車の中で患者さんのお家に電話して、病院に迎えにきてもらう手配までしてありました。

(*^―゚)b グッジョブ!!

この患者さんは、ただいま点滴中。

そのうち、無事に帰れるでしょう。








今晩、これから具合が悪くなる方がいないことを期待しています。

ホントに具合が悪い方は、我慢せずにすぐに病院に行ってちょうだいね(^_-)-☆

気をつけてほしいポイントは…、






行こうと思っている病院には「事前に電話」をして何科の医師がいるのか確認 (>Д<)ゝ”






これをしないで行ってしまうと、期待はずれになってしまうことも…Σ( ̄ロ ̄lll)

みなさんの地域に「病院紹介テレホンサービス」のようなものがあれば活用してくださいね。

オイラがいる地域には、消防署でこのサービスを行っています。

決して「119番」ではありませんので、あしからず…(^^♪

それでは、またお仕事に戻ってきますっ(>Д<)ゝ”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/12

医療の質・安全学会を設立

医療の質管理課きくきくからちょっとだけご案内…。






医療の質・安全学会

(↑ クリックしてみてちょ~だい。決して悪いところじゃありませぬ)









学会の設立主旨などは学会ホームページに書いてあります。

今まで「医療安全」や「医療の質向上」だけに特化した学会ってなかったよね。

でね、設立記念のシンポジウムを開催するんだって。

日程もホームページで確認してちょ~だいね(^_-)-☆

オイラ、参加してみよ~(^^♪







これを見た医療関係者諸君、是非参加しよう!!

医療関係者じゃなくても、興味がある人は参加できるので、「今の医療界の現状」が見えると思うので、覗いてみていかが??

ちなみの開催日は「厚生労働省 医療安全推進週間」の真っ只中っすね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/11

NDPその後に…

今回のNDP会合は「山形県の天童市」で開催しました。

会合が終了してから、新幹線の時間までに若干の余裕を作ってくれました。

そこで…、







山寺ツアーが計画されました!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ









しかし、山寺って…??

こういったことを知らないアホなオイラ。

「山寺」って聞いて思い出したのは…、





童謡の「♪やまでらの、おしょうさんが…♪」

なんて歌くらい…。

これを言ったら、「そうだよ。その山寺だよ」






えっ、でもその「山寺」って言われても…Σ( ̄ロ ̄lll)

たまたま「まぐれ」で当たっただけなのでよくわかりません

( ゚Д゚)ポカーン








何はともあれ、マイクロバスに乗って連れて行かれるままに山寺へ。

山寺駅に到着したオイラたち一行。

「15時10分までに帰ってきてください」とのこと。

そこで目に入ってきたのは・・・、







「山の上のほうにある小屋」

も、もしかして…、あそこに行くの??

IMG_0041-2













とりあえずみんなが歩いていくほうについていくオイラ…。

しばらく歩いていくと…、予感的中でした…Σ( ̄ロ ̄lll)

階段をどんどん登っていきました。

とりあえず到着したところは「立石寺」

(「りっしゃくじ」と読みます。「たていしでら」ではありません…。)

IMG_0009






いったんここでお賽銭をあげてきました。

ここで「おみくじ」もひいてきました。

結果は「吉」・・・( ̄Д ̄;)

ビミョ~です。

可もなく不可もなくって感じで…。

一緒にいた回生病院の「Bとうさん」は…、





大吉
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ




これを見た同じ病院の「Sがさん」は…、






あんた、ここでツキを使い果たしたん??

Σ( ̄ロ ̄lll) 

(↑ でもナイスつっこみ(*^―゚)b グッジョブ!!)







そんなことを話しながら先に進むことに…、

そしたら目の前に現れた門…

IMG_0011

ここからさらに登っていくわけ??

300円を支払い頂上を目指して…、いざ出陣っ!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!














しかし、いくら登っても「階段」ばかり…、

IMG_0012


あぁ~、いつになったら頂上なの…ヽ(τωヽ)ノ

でもガンバロウ…、







またかなり登ったけど、まだ「階段」です・・・(´・ω・`)ショボーン

IMG_0020

もうちょっとだと言い聞かせ、またまた登り続けました…。

そしてやっと到着した先はこんな感じでした

IMG_0025

↑これは「奥の院」といところらしい…。

IMG_0032

↑少し移動したところからの山側の風景です

IMG_0030

↑山の上から見た下界です








これらの風景が見れて、今までの苦労が報われました。

でも…、













足はパンパンに張ってます

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル









ちゃんと歩いて降りられるだろか…、

日ごろの運動不足がたたってます…(´・ω・`)ショボーン










みんなでなんとか無事に山を降りてきました。

降りてきたところにあったお店で…、






ラ・フランスソフトを食べました~ !(´▽`)

格別においしく感じました。

そして、いろいろなムダ話をしながら集合場所に向かって帰りました。

帰り道に「芭蕉さん」の銅像も…、

IMG_0036

そして、お土産屋さんの誘惑に負けて、いろいろな買い物をしている同士。

でもこれは「旅の楽しみ」ですよね~(^^♪

一番高い「お買い物」をしていた人、それはオイラと同じ病院からきた「Sはらさん」

なんと…、















8500円のマツタケを買ってましたっ!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル














オイラなら絶対に買わない・・・。

でも本人は喜んでいたので「ヨシ」とします。

おいしく食べてちょうだいね(^_-)-☆








そして全員ケガもなく、無事「山寺駅」に帰ってきました。

緑に囲まれ、大自然を感じできた「山寺ツアー」

すっごく疲れたけど、いい思い出でした(^_-)-☆

企画、調整をしてくれた武蔵野赤十字病院のSやまさん。

ホント、いつもいろいろとありがとですっ

ウレシカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

NDP会合終わりました…

昨日でNDP会合が終了しました…。

昨日のうちに更新しようと思ったのですが、疲れて寝てしまいました…Σ( ̄ロ ̄lll)







昨日は朝から「5S」についての会議でした。

IMG_0003

(↑こんな感じで会議をしてました。)

各施設での取り組み状況を聞き、共通の問題点を話し合いました。



まずは…、



掲示物の取り扱い




どこの病院に行っても、なかなかきれいなっていないのが現状でした。

紙の上に紙を貼るみたいな感じだったり、大事なものとただのご案内が混在していてわかりにくいなどなど

(↓こんな感じ…Σ( ̄ロ ̄lll) ちなみに写真はオイラがいる病院の病棟です…)

IMG_0028

次に出てきた話は…





ファイルの整理方法と文書管理







これもなかなかまとまらないのが現実。

各施設ともに 苦労していました。

他にもいろいろな問題点があがり、各施設間での情報交換ができました。

これらの部分に対してアドバイスしてくれるのが、NDPアドバイザーである








竹中工務店の「Iのうえさん」








民間企業で取り組んでいることを含めて、いろいろ教えてくれます。

ホント感謝してます~!!

(TдT) アリガトウ







これからも各施設で「5S活動」を続けて行きます。

いろいろな問題が出てくるでしょうが、みんなで知恵を出し合って頑張っていきましょうね

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!









この時間帯には別グループで「投薬事故防止」に向けてのグループワークも行っていました。

ここでは、NDPで作成した…、







「危険薬誤投与防止対策 Best Practice」

(↑興味のある方はクリックしてみてちょうだいね(^_-)-☆)







これを実践している中での問題点等を議論していました。

今までの習慣から変更するってことはやっぱり大変なこと。

組織としての問題点は多いみたいです…Σ( ̄ロ ̄lll)










これらの話し合いが終了し、全体的に情報共有を行った上で今回のNDP会合は終了しました。









いつもは東京(早稲田大学)で実施しているNDP会合。

今回は山形県天童市でNDP会合を実施してみたオイラなりの感想…。







良かったところ

・温泉に入り、少しだけゆったりした気分になれたこと

・はじめて「畳での宴会」があったこと






気になったところ

・山形までのアクセスのこと

・温泉街のホテルだったので料金がちょっと割高に感じたこと

(↑よく考えると食事つきだからこのくらいは当たり前)






総合的には、もう少しアクセスの良いところですれば、またしてくれてもいいかな。

「温泉付き」はやっぱり魅力的です…(^^♪







今回の会合でいろいろと苦労していただいたNDP事務局の方々。

本当にありがとうございました(TдT) アリガトウ

毎回大変ですが、これからもよろしくお願いします…m(_ _)m

そして「Y井くん」…、これからも書き込みますから(^_-)-☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/09

今日もNDP会合ですよ(^^♪

昨日に引き続き、今日も天童ホテルにいます。

朝から会議です…Σ( ̄ロ ̄lll)

まずは昨日からの継続となっている内容…、








「安全な医療機器操作」

テーマは「人工呼吸器」です…( ̄Д ̄;)








参加している人たちと、人工呼吸器を取り扱う上での問題点や改善したい内容についてなど、さまざまな内容を議論していました。

毎回、思うのですが…、









人工呼吸器ってホント難しいですΣ( ̄ロ ̄lll)









お医者さんや看護師さんが誰でも使えると思ったら大間違い!!

普段使わなかったら、絶対に使い方忘れちゃうと思う。

それだけ操作も複雑だし、エラー誘発要因が多いってこと。

もちろん、ひとつ間違いがあればすぐに「命」につながってしまいますし…(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

やっぱ国家レベルで対応を考えたほうがいいと思うオイラです。



お昼近くからオイラは別のテーマの会議に入りました。

次は…、






「患者経験調査」






これはアメリカなどで広く実施されている調査方法。

満足度ではなく、「経験調査」ってところがポイント(^^♪

今、検討している内容は、調査表自体の見直し。

アメリカやカナダで使用している調査項目をどこまでミックスして行うか。

また日本語に訳した時の表現が原文と違ってないかなどなど…。

この部分はいつも「おんぶにだっこ」って感じです。

「Y井さん」感謝しています

アリガト!(´▽`)






午後からは二つ講義がありました。

一つ目は、東邦大学の藤田先生による…、







「薬剤の影響による転倒転落防止について」







どこの病院に行っても悩んでいるテーマです。

睡眠薬や向精神薬等の作用などと転倒転落の関連性について詳しく教えていただきました。

最近の病院でよく言われていることで…、






転倒転落防止のためには、超短時間型の睡眠薬がよい






なんてことは聞くんだけど、いろいろなデータを元に教えてくれたことは、










普段、お薬を飲んでいない人が飲んだ場合は、転倒転落に対するリスクは増大する

超短時間型は服用4時間後が一番危険

夜中に発生している転倒転落は「超短期型の睡眠薬」を飲んでいるケースがほとんど









これは「目からウロコ」って感じでした。

この内容は病院に戻ってから薬剤部にも伝達してデータ収集をして検討していきたいと思います(>Д<)ゝ




次に講義してくれたのは、東芝シグマコンサルティングの石山さん

内容は…、







「東芝のシックスシグマ活動」









シックスシグマ??

どうやら改善技法のひとつみたいです。

東芝で実際に行ってきた改善活動を細かく教えていただきました。

ホント感謝しています (TдT) アリガトウ










その後、オイラはまだ別のテーマの会議に移動。

次は…、






「病院における5S活動」









ただいま実施中の5S活動の進捗報告です。

参加しているのは6つの病院。

この会議は少しだけ話し合いを行い、明日に持ち越しとなりました。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル








今日の会議が終了したのは18時30分。

今日一日は非常に疲れました…

(´・ω・`)ショボーン

温泉でも入って早めに寝よっと!!






あっ、でも夕食…、宴会が準備されているらしい。

NDP会合で「宴会」はスゴイめずらしい…ということ。

どんな感じなのか、楽しみだなぁ~(^^♪




タスク会合をしている風景の写真をちょっとだけ紹介しますねっ (^_-)-☆

IMG_0006

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天童でNDP会合

医療の質管理課きくきくは、ただいま山形県天童市にいます。

目的は「NDP会合」です。

世間では3連休…。






でもオイラはお仕事…Σ( ̄ロ ̄lll)







まぁ、いつものことなので慣れてるけどね

(´・ω・`)ショボーン










今回、山形に来るにあたり初めてのこと、それは…、







山形新幹線「つばさ」に乗車しました

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ









他の新幹線は乗る機会があったのですが、山形新幹線だけは乗る機会がありませんでした。

まぁ、地域限定みたいな新幹線だしね。

乗ってみた感じは、途中までは「至って普通の新幹線」という印象でした。

若干、車両が小さいかな…くらい。

でも途中から感じたこと…、














景色が山しかない…( ̄Д ̄;)

新幹線なのに、かなり低速…Σ( ̄ロ ̄lll)

そしてカーブがキツイ

さらには…、












在来線と同じホームを使用している…Σ( ̄ロ ̄lll)











けっこうビックリすることが多かったです。

そんなことを感じながら目的地の「天童駅」に到着しました。

天童駅に到着して最初に目に入ったのが・・・、







「将棋交流会館」







将棋の街ならではです。

マージャンなら「雀荘」って感じのところですね。

使用料は「無料」と書いてありました。









そんなことを感じながら到着したホテルは、

「天童ホテル」

というところで、今回のNDP会合は開催されます。

かなりキレイなホテルというのが第一印象でした。









そして午後から会議は始まりました…。

今日は夕方まで「ずっと会議」でした。

会議テーマは「人工呼吸器の安全管理」です。

また明日も朝から続きます…( ̄Д ̄;)





朝までにまとめてなくちゃいけない作業があるので、これにて終わり。

また会議内容などは後で書きます…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/10/07

救護訓練二日目終了しました

昨日に引き続き、今日も朝から災害救護訓練でした。

まずは災害対策本部に集合しました。

そして災害対策本部長から、さまざまな指示が出されて活動が開始となりました。




本日は「さいたま市内の区役所に救護所を設営する」ことが主な内容です。






各施設の救護班は2施設が協同で設営するよう指示されました。

本日は「神奈川県」の方と一緒になりました。








オイラたちが向かう先は「桜区区役所」という場所。

平日の午前中なので「通常営業」をしています。

(↑あたり前です…)

そんな中、救急車などが乗り込みました…Σ( ̄ロ ̄lll)

こんなことをしているとは知らない市民のみなさまから…、





「いったい何が起きたの??」






という顔で見られてました…( ゚Д゚)ポカーン

そんなことを気にしていたら仕方ないので、早速活動開始!!

(>Д<)ゝ”イエッサ!!






今日はかなりいい感じで作業は進み、あっという間に設営終了。

出来上がった状態を市民のみなさまに見ていただきました。

区役所で館内放送を入れていただいたら、数名が見学に来てくれました

(TдT) アリガトウ









とりあえず予定時間が終了し、会場を撤収。

そのまま災害対策本部に戻りました。









そして、今回の災害救護訓練の設定してたい意図などを改めて解説されました。

今回の設定で、現地に駆けつけた救護班が、どれだけ迅速かつ的確に活動できるがを評価さけたようです。

オイラたちの救護班…、どんな評価だったのだろう??

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル








一生懸命やった「つもり」だけど、なかなかうまくいかなかったというのが実感です…

(´・ω・`)ショボーン









ちなみに今回の設定は・・・、







「埼玉県南部で震度6強の地震が発生」










これは「中越地震」のことを教訓にしており、首都圏近郊で発生した場合に対応するための訓練でした。

今回の準備、運営をしていただいた関係者の方、

ホントに貴重な体験をさせていただきました。(TдT) アリガトウ

また活動に協力してくれた「ボランティア」の方、

存在のありがたさを実感した二日間でした。(TдT) アリガトウ

そしてオイラたちと一緒に救護訓練をしたみなさま、

この訓練をよく心に刻み、もし災害が発生してしまったら、また一緒に頑張りましょう!!

最後にオイラと同じチームだった方々。

Yむら先生、S木看護市長、I上看護師、H田看護師、Y澤係長、

調整員として初参加の「I野さん」

ホントにお疲れ様でした。(*^ー゚)b グッジョブ!!







オイラは明日から「NDP会合」で山形に行きます・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

しかも「2泊3日」です・・・(; ̄Д ̄)

疲れもあるけど「温泉」なので、少しだけ疲労回復になるといいですが・・・

(↑そんなに甘くないのが「NDP」なのです)

救護訓練に一緒に参加していた「N田のY比さん」も一緒ですね(^_-)-☆

最後に本日の風景をちょっだけ紹介します。

IMG_0003

IMG_0002

IMG_0008

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/10/06

救護訓練一日目終了…Σ( ̄ロ ̄lll)

いや~、今日は疲れました

(´・ω・`)ショボーン






これが素直な第一の感想です…( ̄Д ̄;)






昨日も書きましたが、オイラが働く「系列病院等」の中でも…、

『関東地方および新潟県』の施設が集まり、開催する災害救護訓練に参加してきました。

そして訓練開催地は「埼玉県」。





オイラ達が現地に駆けつけるところから訓練のプロセスに入っているので・・・、







「無線による交信」







なんていうのもありました。

ちなみにオイラは事務員なので、無線係りもしました。

しゃべる内容もある程度決められたりしているのですが…、







普段しないことなので緊張しましたΣ( ̄ロ ̄lll)








まぁそれなりに交信しながら、現場に到着しました。

現地に到着して、災害対策本部の指示により活動を行うことに…。

一緒に活動することになったのは「さいたま」の病院の方々。

簡単な打ち合わせだけして、とりあえず現場に向いました。

災害救護訓練の現場は「健康センター」という行政施設でした。

とりあえず荷物を降ろして、指示に従い会場入り。

そしたら突然…











助けて下さい!!

お母さんが大怪我しちゃってるの~!!











心の準備もないままに…、









災害救護訓練は開始されてしまいました…

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))









患者さん役みたいな人たちにどんどん声をかけられて…、



























もうパニック状態…(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))


















何がなんだかわからない状態のまま、救護活動を行うことになってしまいました。

ある程度の時間が経過したところで、現場調整スタッフの方から・・・、

















いったん訓練は中断します!!

次の救護班が来るので、荷物は撤収してください!!














えっ、もう終わり??

何の活動ができたのか、わからないオイラたち…

(´・ω・`)ショボーン

とりあえず荷物を片付けてから、次の救護班の実施状況を見学してました…。

それで気がついたこと…。




















患者さん役の人たちは時間とともに







「疲れてきている」(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

オイラ達の時は絶好調に元気だったっすよ~

( ゚Д゚)ポカーン






















でもオイラたちができていないことが、他のグループはきちんとできている。

反省しなくちゃいけない点がたくさんありました…

(´・ω・`)ショボーン

訓練は明日も続きます。

明日はきちんできるよう頑張ります…(>Д<)ゝ”イエッサ!!

訓練の状況をちょっぴり写真で紹介します…。

IMG_0016 IMG_0026

IMG_0009

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/05

災害救護訓練に行ってきます

オイラが働いている病院には、定期的に…



「災害救護訓練」



ってのがあります。

年間5~6回くらいはありますね。

当然、県や市などで実施する訓練も参加しています。

今回は、オイラが働く「系列病院等」の中でも…、

『関東地方および新潟県』の施設が集まります。

そして訓練開催地は「埼玉県」となります。

(↑お隣さんです。近くてよかった…)






ちなみに「災害救護」の時には必ず「チーム」を結成します。

内訳は…

医師1名、看護師長1名、看護師2名、事務員2名







オイラは事務員の「ひとり」として参加します。

事務員の役割だけでもいろいろとあるんですよ。

救急車の運転や連絡調整、救護所の患者名簿作成、物品管理などなど…。

そんな災害救護訓練に…、













明日から行って来ます…(>Д<)ゝ














しかも…、















「一泊二日」…Σ( ̄ロ ̄lll)

















あくまでも「訓練」なのですが、昨年の中越地震を教訓とした設定で行うみたい。

(↑訓練でも事前に詳しいことは教えてくれません…)





以前、この系統の訓練に参加したことがあるオイラ。

その時はボランティアさんたちにより、




「患者役」「家族役」など、いろいろな設定がされていました。

患者さん役の方には…、


















顔や手足に『特殊メイク』がしてありました

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

















傷口とかが、あまりにも「リアル」で結構、気持ち悪い…Σ( ̄ロ ̄lll)

また「家族役」の方にも演出が…、





















パニック状態になり騒ぎ立てる人

自分を先に診察してくれと治療に割って入る人

















などなど…( ̄Д ̄;)

恐ろしいくらいに設定が細かかったのを記憶しています。

今回はどんな感じなんだろう…。

楽しみなような…、不安なような…Σ( ̄ロ ̄lll)




どんな感じだったかは、また書き込みます…。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2005/10/02

10月初日は当直です…(´・ω・`)ショボーン

医療の質管理課きくきくは、10月最初の勤務は…、



「救急外来勤務」



相変わらず混雑しています…。

それだけ世の中には具合が悪い人が多いのかなぁ…。

17時20分から勤務開始。

勤務を始めて、最初に窓口対応した患者から…。



「いったいこの病院はどうなってるっ!!」



完全に戦闘モードです 《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!

オイラ…、この方に何があったのか、何も情報がないままに

 「患者さんから発射される言葉の機関銃」

を撃たれ続けました Σ( ̄ロ ̄lll)

その患者さん曰く…、




「私は救急車で病院に来たのに点滴ひとつしてくれない」

「このまま帰されて、また道端で倒れたら誰が責任取ってくれるの??」

などなど…。

かなりの大声だったため、待合室にいた患者さんや家族の方が10人くらいこっち見てました。

オイラはとりあえず…、

「状況を診察室の医師や看護師に確認してきますので」と。

しかし、この患者さんは「オイラの目」は見ていません。

誰もいない方向に向かって「言葉の機関銃」は打ち続けています…。

この状況を見ていた一緒に働く事務員が処置室へ…。

この患者さんに対応した医師と看護師が駆けつけてくれました。



しかし、いったい何が起きたのか全くわからない

( ゚Д゚)ポカーン

この患者さんの情報を調べてみると…、

「頭痛」で救急車を呼んで来院した患者さんでした。

来院時には、頭痛はもう治まっていたそうです。

医師は再発しないか心配だったので、点滴室で少し休んでもらってました。

1時間様子を見て、再発しないので帰宅するよう話したようです。

しかし患者さんの要望は…、




「救急車で来たんだから点滴くらいするものだ」

さらに情報を調べてみると、この患者さんは結構よく病院に来ている方でした。

毎回、同じ症状を訴えていて、頭痛を止めるための「飲み薬」も出していました。

また、治まらないなら「平日の昼間」にきちんと診察して、必要なら詳しい検査をするように以前から勧めていました。

結局、この患者さんは医師と相談の上、点滴200mlを行い、帰宅されました。

点滴のお薬は、水分補給のような成分ですが…。

決して『痛み止め』のような成分は入っていません。

でも点滴後は、人が変わったように静かに帰りました。

ちなみに、患者さんは「生活保護」を受けている方です。

もちろん医療費の自己負担はありません。

よく考えてみると「救急車」や「病院での医療費」はすべて…、





「みんなの税金なのです!!」



必要があって出動する「救急車」に対する費用は決してムダじゃないし、お金に変えられない「命」のためです。

また生活保護を受けている方だって、具合が悪くなのこともあります。

本当に必要な医療行為に対する費用を使っても、全然ムダには感じません。

しかし、今回のような場合は、どうなんでしょうか??

たかが「点滴1本」ですが…。(コスト的には数百円程度です)

その後も、いろいろな患者さんは来院しています。

重症な病気な方や交通事故でケガをされた方…。

スタッフは最善を尽くして頑張っています!!

そんな中…、




「3日前に虫に刺されて診察してほしい」

なんて方も来院しています。

こいうい方に限って…、



「何分待つの??、誰が診察してくれるの??、腕はいいの??、ちゃんと診てくれないと困るんだけど」

などなど…。

ちなみに20代前半の茶髪の男性です。

彼女と一緒に来てました。

これと言った処置はなく、軟膏をもらい帰りました。

まだまだ夜は長いです。

これからもいろいろな患者さんが来ると思います。

具合が悪い方は遠慮なく、病院に診察に来てくださいね(^_-)-☆

みんな頑張ろうねっ!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!

| | コメント (22) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »