« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

たまには落ち着いてる救急外来

医療の質管理課きくきくは本日、救急外来勤務をしております(>Д<)ゝ”

月の終わりは「救急外来勤務」…。

たしか先月もそうだったなぁ~Σ( ̄ロ ̄lll)

でもちょっと違うことは…、









そんなに混雑していないことっ!!










夕方から22時くらいまでは結構、救急車も来たし、紹介状を持った患者さんも来ました。

オイラと同じくパス学会に参加し、本日救急外来で勤務している「Hりえ先生」。

オイラの姿を見るなり…、






きくきくさんがいると~、患者さんがたくさんくるんだよなぁ(^^♪






と、とんでもございません。

混んでしまった時はオイラのせいではありませ~ん

( ゚Д゚)ポカーン (↑ とぼけているアホなオイラです…)

22時を過ぎたくらいから、今までいた患者さんが入院もしくは帰宅する。

でも受付する患者さんはいない…。

ってことは…、









もしかして、オイラにパス学会の準備をしろってこと!?

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ









う~ん、患者さんも協力してくれてるのかなぁ~(^^♪

(↑ たまたまのクセに都合のいい考え方のオイラ)

一緒に働いている「Sやまさん」「Mろたさん」に事情を話して、これから作業を開始させていただきます。

でもホント…、ありがとです m(_ _)m

さぁ、これから本気モードで最後の追い込みだぁぁぁぁぁ~!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/29

かなりヤバイ…Σ( ̄ロ ̄lll)

医療の質管理課きくきく、ただいま準備に追われています。

理由は…、











日本クリニカルパス学会学術集会の演題準備です!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ










年に1度の学術集会…。

今度の金曜日と土曜日に新潟で開催されるんだ。

オイラにとっては、クリニカルパス関連でかかわっている方々との…、





同窓会みたいな感じ

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ





久しぶりに会える「遠くの病院」の方もいるので、ホント楽しみなんだよね。

でもね、中には会えない方もいるので、ちょっぴり残念ですが…(TдT)

でね、オイラは参加するために演題登録をしたのです。

カテゴリーは「PCデモンストレーション」っていうの。

電子化されたクリニカルパスを実際に使用できる状態にセットして、参加した方に動かして見せるような感じらしい…。

自分の与えられたブースの壁には「ポスター」を作成して貼り付けておかなくちゃいけないんだ。

そのポスターが…、









ただいま作成中なんです

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル









今頃になって…、なんて「お叱り」のコメントをいただきながら準備しています…。

(´・ω・`)ショボーン

明日は「救急外来勤務」なオイラ。

ポスター作成のピークはここかなぁ…Σ( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/11/27

医療の質・安全学会に参加してきました(>Д<)ゝ”

医療の質管理課きくきく、昨日…






医療の質・安全学会

設立記念国際シンポジウム






に参加してきました(>Д<)ゝ”

場所は「経団連ホール」ってところ。

この学会ってどのようなものを目指しているのか、また何をしようとしているのか…。

今ひとつわからない部分もありました。

(↑ わかっていたような部分もあったけど…。)




期待と不安の中、いざ参加しました。

開始10分前に現場に到着したオイラ。

事前申し込み受付に行ってみて、まず驚いたことがひとつ。

それは…、













こんなに参加するヒトが多いの??

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル













ホールの収容人数とかわかんないけど、

「テラス席」なるものが設定されているくらい。

(↑ ロビーに椅子を置いて大画面テレビで見る席)

フロアの中に入ってみると、やっぱりたくさんの人がいましたねぇ~。

そんな中でも、すぐに見たことある人を発見したり…。

一番最初は、NDPでもご存知の「Sがの先生」でした。

その後もいろいろな方にお会いすることができました。

そんな感じでしたが、席も確保でき、いざシンポジウム開始!!

ご挨拶には「厚生労働省」「文部科学省」「日本医師会」の方がお見えになりました。

こういった方々にも今後は協力してもらえるのかなぁ…、なんて思うオイラ。

そして特別講演…、





WHO西太平洋地域事務局長さま





の話がありました。

「おぉぉぉぉ、WHOまで巻き込んでいるんだぁ~。」

なんて思いつつ、話を聞いていたオイラ。

やはり日本だけでなく、世界的にも「医療安全」「患者安全」ってことには取り組んでいるんだ、ということを感じた瞬間です。

また、基調講演にもビックリ (((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

スイスから、この基調講演をするためだけにやってきてくれた







Dedier Pittet教授






朝、日本に到着して、夜の便で帰るという強行スケジュール!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

海外旅行に一度も行ったことのないオイラにとってはよくわかりませんが、きっと時差のこととかも含めて「ものすごい大変なこと」だと想像しています。

お話しには「同時通訳」がついていたので、内容を理解することができました。

WHOで設立し、取り組んでいる…

「World Alliance for Patient Safety」における「Global Patinet Safety Challenge」のリーダーであり、さまざまなことに取り組んでいることなどを紹介してくれました。






その後、パネリストたちによるパネルディスカッションが行われました。

このパネリストたちは、現在の日本の「医療安全」を推進していく中での中心的な方々ばかりでした!!

司会の方も含めて、オイラにとっては「見たことある人」「お話ししたことのある人」たちばかりでした。

それぞれの方の分野から見た「これまでの医療」「これからの医療」などに対する考え方を述べられていました。

許された時間の中であったため、十分な議論もできなかったと思います。

でもこの学会がどこに進んでいくべきなのかを少しだけ見えたような気がします。






そしてフロアからの質問というか「ご意見」がふたつ…。

ひとつは「ジャーナリスト」の方から。

「現場スタッフが『違うことは違うと言える』ようなシステム作りをして行ってほしい」

って感じのご意見。

ごもっとなご意見ですね。

もうひとつは「奥様を亡くされただんな様」からのご意見。

この方は医療従事者ではなく、カルテ開示をし、裁判を準備していると話されていました。

この方からのご意見…。

カルテ開示をしても「字が汚くて読めない」

だから、もっとお金を出して電子カルテをどこの病院でも早く導入してほしい。

そして、もっと安全性を高めることができるようにしてほしい。





しかし、登場の仕方というか、質問の仕方というか…。

フロアの方も一瞬ビックリしたような感じ。

この方に対して、オイラが感じたこと。





学会を設立して、医療の質向上・医療の安全性を高めていくということは、

国民も巻き込んだ形で進めていくことなんだ。

だから、この方のご意見も真摯に受け止め、積極的に取り組んでいく必要がある。







なんてことを思いました。

ただ残念だったことがひとつ…。

たまたまだったんだけど、シンポジウム終了後のエレベーターの中でのこと。

ふたつ目のご意見を話された方と一緒のエレベーターでした。

しかも結構、密着…(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

そしたら…、









酒臭いぞっ…、この人 Σ( ̄ロ ̄lll)











お酒がまったく飲めないオイラ。

こういう臭いはよくわかってしまいます。

この方は「親睦会」に参加するようで一緒に来たと思われる方と一緒に途中で降りて行きました。

あぁぁぁぁ、ちょっと残念だったなぁ~ヽ(τωヽ)ノ

でも「お酒でも飲まないと発言できない」内容だったのかな…。








何はともあれ、この学会の設立にご尽力していただいた諸先生方。

ホントにありがとうございますm(_ _)m

またボランイティアで協力していただいたスタッフの方々も、ありがとうございました。

このボランティアさまの中には、オイラの知っている方も多数いらっしゃいました。

来週もNDPでお会いしましょうね(^_-)-☆




最後の会場の風景をちょっぴり紹介します(^^♪

IMG_0011 IMG_0012 IMG_0030

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/11/25

第37回クリニカルパス大会開催!!

オイラの病院では奇数月の第4金曜日は…、






クリニカルパス大会です(>Д<)ゝ”






このクリニカルパス大会も早いもので「第37回」…Σ( ̄ロ ̄lll)

事務局をしているオイラにとって、日常業務?ルーチン?で行っているイベントです。






今回のクリニカルパス大会での発表診療科は「形成外科」と「眼科」でした。

それぞれの発表グループでいろいろと検討した内容や、

またフロアからの質疑応答にもしっかり答えられていて完璧でしたね。

ホントにお疲れさまでしたm(_ _)m

また参加していただいた院内外の方々もありがとうございました。

IMG_0016









また、今年一年をかけて行ってきた「パスに関するミニレクチャー」も最終回。

今回は「バリアンス分析とパスの改訂」。

レクチャーをしてくれるのは、もちろん…、











副院長のいけいけ先生です

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

(↑ いつもお世話になっているのに、こんな呼び方ですみません…m(_ _)m)








院外から招待されて講演会は数多くされているようですが、なかなか職員向けにお話ししてくれる機会は少ないのです。

聞いた方からの評判はいいんですよね~(^^♪

今回も「いまさら聞けない…」という部分も含めて丁寧にレクチャーしてくれました!!

ホントありがとうございます…m(_ _)m








さぁ、このイベントが終わると、次に待っているのは…、











第6回日本クリニカルパス学会学術集会in新潟です!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ












オイラも発表演題があるんだけどね…。

いつも人のお手伝いが優先してしまい、自分のことは「後回し」…Σ( ̄ロ ̄lll)

っていうか…










まだ何もできていないのに等しい状態…

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル













この週末に作業ができたらいいなぁ・・・。

でも明日は東京に行きます。

医療の質・安全学会 設立記念国際シンポジウム






これに参加してきます。

設立したばかりだし…、う~ん「期待」と「不安」が…。

どんな感じだったかは明日、報告しますね(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/24

帰り道の寄り道…

昨日の『医療安全推進者養成講座』の帰り道。

小腹の空いたオイラは、電車の乗り換えついでにちょっと寄り道。

乗り換え駅は「池袋」。

とりあえず、以前行ったことのあるお店に行ったんだけど…、








ちょ~混んでましたヽ(τωヽ)ノ







お昼でもなく、夕ご飯にはまだ早い時間…。

16時すぎだったのにもかかわらず…。

そのお店は『生粋』

待ちたくなかったオイラは、仕方なく別のお店に向かいました。

でもあまり遠くにも行きたくない横着物のオイラ。

駅方向にあるお店で、記憶にあるお店…。

池袋西口で駅に近いラーメン屋さん、らーめん、ラーメン、ラーメン…。

(↑ 心の中でブツブツと唱えるようにして歩いていたオイラ)

そっ、そうだ…、あそこに行ってみよう。

前、テレビでなんか取り上げられてたなぁ。




『麺匠 たいぞう』




お店の場所もわかったのでレッツらゴー!!

行ってみたら、空いていたので迷わず、入りました。

食べたらーめんは『鶏塩 味玉ちゃーしゅうらーめん』

まぁ、そこそこおいしく食べることができました。

でも次こそは『生粋』に行こうと誓うオイラでした…。

(↑ って行っても何度も行ったことのあるオイラです…(^^ゞ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医療安全推進者養成講座のスクーリングに行ってきました(>Д<)ゝ”

昨日は何の日??

『勤労感謝の日』のはず…。

でもオイラにとっては…、











日本医師会医療安全推進講座の

スクーリングの日 ヽ(τωヽ)ノ










勤労感謝の日になぜ設定するの~(´・ω・`)ショボーン

参加しないと修了証書がもらえなくなってしまうので、参加してきました…。

この講座は通信教育みたいな感じなんですけどね。

5月から毎月テキストが送られて来ています。

今回のスクーリングは8月から10月までのテキストの解説でした。

内容は…、






訴訟・紛争予防論…Σ( ̄ロ ̄lll)

リスクマネジメント概論…ヽ(τωヽ)ノ

医師賠償責任保険論…( ̄Д ̄;)








いろいろと説明してくれたんですけどね。

オイラが感じたことはね…、言いづらいんだけど…、





今時、こういう説明会はないやろ…!?

(↑ 大木こだま・ひびき調でお願いします)

チッチキチィ~Σ( ̄ロ ̄lll)




って感じでした・・・。(アホですみません…。)

最近の講演会などは、スライドを使用して『わかりやすく説明してくれる』ところが多いんですよね。

でもね、この講習会に関しては、大きな舞台の真ん中に「演題テーブル」が置いてあり、マイクで『ただお話しする』だけ…Σ( ̄ロ ̄lll)

本当に学習させたいのなら、もっと工夫してほしいなぁ…。

この講習会はもう一度、残っています…。

次回も期待できないなぁ~ヽ(τωヽ)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

医療安全講演会を開催しました

オイラのいる病院では本日…、






医療安全講演会を行いました

(>Д<)ゝ”






講師の先生は、国立保健医療科学院ってところの先生です。

施設科学部の先生で、厚生労働省科学研究費補助で医療安全の研究をされている方です。

研究内容が本日の講演内容としていただきました。

テーマは…、











転倒・転落に対する物的環境の構築
研究内容についてはこちらからどうぞ










簡単に言うと、患者さんが転倒や転落をしないために、物などの対策でどれだけ減らすことができるか、またもし発生してもどれだけ怪我を小さくできるか…など

今までの発想や考え方をガラッと変えさせてくれるようなお話しでした。

今回講演していただいた先生は…、














一級建築士の資格を持っているです!!














最近、ニユースで出てくる「一級建築士」とは大違いの方です

(↑ 一緒したら確実に起こられます…スミマセン)

でね、講演会よりも少し早く来ていただき、オイラのいる病院の中の環境をいろいろと見てもらいました。

自信を持って言えるほどの「古い建物」の病院です。

いろんなご指摘をいただきました。

トイレの手すりの設置状況や廊下の手すりの状況。

ナースステーションから病室へのアプローチなどなど。

たくさん指摘されすぎてメモがとれないくらいでした…Σ( ̄ロ ̄lll)





当時は最良であっても、時代とともに変化する療養環境の考え方。

これらに的確に対応していかなくてはいけないと痛感した瞬間でした。









院内ラウンドと貴重な講演をしていただいた「須田先生」。

ホントにありがとうございました。

今の古い建物の中からでも「ひとつでも多くの安全対策」をとって行きたいと思います。

ラウンド時の風景を一枚紹介いたします…(^_-)-☆

IMG_0002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/21

医療安全推進週間が始まりました

厚生労働省では、11月に医療安全推進週間を設定しています。

国で考えているものは、こちらから確認してちょうだい。






この期間に合わせて各医療機関も「医療安全推進週間」を実施するよう指導されています。

例外なく、オイラのいる病院でも実施しています(>Д<)ゝ”

ただ「医療安全推進週間」って言ってるだけじゃ、医療安全にはならないので、何かテーマを決めて医療安全の取り組みを強化しようと…。

でね、委員会などで検討した結果、決まったテーマは…、

















君の名は??キャンペーン

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ













という名前です。

オイラはよく知らないんだけど…、



君の名は



団塊の世代よりちょっと上の方には懐かしい響きらしいのです。

(↑ 若ぶっているオイラですみません)

「ラジオドラマ」やら「映画」やら「朝の連続ドラマ」やら…、なんだかよくわかりません。

「真知子巻き」っていうストールの巻き方が流行ったらしい…

Σ( ̄ロ ̄lll)

話は戻して…、まぁ簡単に言うと「患者さんに自分の名前を名乗ってもらう」ってこと。

医療従事者が「○○さんですね。」と聞くと、患者さんは自分の名前じゃなくても…、











「は い (>Д<)ゝ”」











と答えてしまうことが世間の事故事例では報告されています。

こんなテーマを設定しなくても、今は患者さんに名乗ってもらうのは常識になりつつあります。

でも、「あえて」するのです。

医療従事者は、日々の業務に流されてしまっている可能性もある。

また患者さんも含めて、「医療安全」ってものを考えてもらうために…。

とりあえず今月いっぱい、オイラのいる病院では、顔見知りの患者さんの診察時などは、




「お名前を名乗っていただけますか??」





なんて感じで名乗っていただくことになりますね。

大変だけど、小さなことから「コツコツ」と…。

明日は「医療安全講演会」を企画していま~す!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/20

携帯選びって、みんなどうしてます??

オイラ、たまには休日らしいことをしてます。

最近の休日は「寝て曜日」ばかりしてました。

だから、今までどうしようかな・・・、と思っていたことをいくつか行動を起こしてみました。

そのひとつが…、





携帯電話の機種変更





これってみんなどういう基準で選んでます??

やっぱ最新機種とか話題性とかかな。

あとは機能性とかなのかな…。

オイラ、見に行ったんだけど…、








訳がわかんない…ヽ(τωヽ)ノ

(↑ 完全にオヤジモードです)







オイラ、ドコモさんの携帯電話を使っているので、ドコモショップに行ったんだよね。

なんだかいろいろなことが書いてあるけど、何が違うのかわかんない…。

だいいち「FOMA」と「「MOVA」で何が違うの??

事前に何も調べず、気が向いただけで行ったので、ぼっーと眺めているだけ。

いろいろと店員さんに教えてもらいました。アリガト!(´▽`)


まぁ、別に今使っている携帯電話に不都合がある訳じゃないんだよね。

でもね、オイラの携帯電話を見た人から言われること。

しかもみんな揃って同じことを言うんだよね。

それは…、













カラダのサイズに携帯が合ってないよ…

Σ( ̄ロ ̄lll)












確かにそうなんだよ。

ちなみにオイラが使っている携帯電話は、「premini」ってヤツ。

もう1年以上前に発売してるし、古いんだけどね。

この携帯電話に替えた理由…、特別なものはないんだ。

ただ…、















タクシーの中に携帯電話を忘れて無くしちゃったから

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル












ちょうど1年前の話です。

日本クリニカルパス学会が仙台で開催された時。

仙台入りして、最初に乗ったタクシーの中に忘れてきてしまったのです。

一生懸命探したけど出てこない…。

オイラと同じ病院の人たちと連絡が取れないのは困る。

だから、仙台市内のドコモショップに駆け込んだのです。









オイラ:電話なくしちゃったんです。どうしても携帯電話がないと困るので…、何か貸してください!!

店員さん:すみません。貸し出しサービスは行っていません。

(↑ そんなのないのに気が動転しているアホなオイラでした。)

そこで、一時サービス停止と、機種変更の手続きをしたのです。

その時に今の機種にしたのです。

理由はただひとつ…。











ポイント内で購入できたから…

Σ( ̄ロ ̄lll)

(↑ お金を余分に使いたくなかったのです)








その時にオイラの要望に見合った機種は3つありました。

ひとつは「プリペード式電話」

もうひとつは「完全防水型」のちょ~デカイ電話器

(機種名は忘れました…、でも論外な大きさでした。)

そんな感じで今の携帯電話を持つことになったのですね。









話を戻すと、機種変更は結局、見送りました。

理由は、気に入ったのがなかったのです…。

って言うか、気に入った機種が…、













まだ発売になってなかったのです

(´・ω・`)ショボーン











どうやら来月になってからみたい…。

ちなみに買おうと思った機種は「SO902i

(↑ 今の機種と同系列で選んでしまったオイラ…Σ( ̄ロ ̄lll) )

でも実物を見たら気持ちは変わっちゃうかもね。

とりあえず、現物を見てからってことで。

今回、いろいろと説明してくれたドコモシッョプの市川さん。

アホなオイラに丁寧に説明してくれて、ホント感謝しています。

また発売したらお伺いしてみますね(^_-)-☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/16

5Sラウンドしました(>Д<)ゝ”

今日は午後から、アドバイザーのFまるさんと一緒に…、








5Sラウンドを実施しました(>Д<)ゝ”








今年の3月がいろいろな準備をし、各職場で5S活動をしてもらっていました。

今月に入り、各部署で「自己評価」をしました。

そして第3者の評価として、アドバイザーさんと推進委員会のメンバーで各部署の活動状況を見て回ったのです。

進み具合はそれぞれで違いはあったのですが、総合的な印象としては…、














だんだんとキレイな職場になってきています!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ















アドバイザーのFまるさんからも部分に評価をいただきました。

(TдT) アリガトウ

でもね、今までがキレイじゃなかったというか、いらないモノが多かったというか…。

そういう現実もあるのです…。

5S活動なんて民間企業ではきっと…、












基本中の基本!!












なんでしょうね。(´・ω・`)ショボーン

残念ながら、医療従事者は今まで「5S」っていう感覚がなかったんだと思います。

あくまでも「個人の感覚」でキレイにしていたんでしょうね。

今、この感覚を脱却するために頑張っています。










いろいろな部署を見て感じたことはたくさんあります。

アドバイザーの方からもいろいろな意見をいただきました。

その中で、オイラの心を打つお言葉が・・・。










オイラ:ある部署が忙しいので、なかなか5Sが進まないっていう声が聞こえてきたんです。

アドバイザーFまるさん:きくきくさん、忙しいって言葉はどういうことか知ってる??









忙しいの「忙」って文字は、

「心が亡くなる」っていうことなんだよ。

だから忙しいって言いながら業務をちゃんとしない人は「心が亡くなっちゃってる」ことだよ。

それでは、いい仕事はできないんだよ。












おぉぉぉぉぉぉ、「心が亡くなる」か…Σ( ̄ロ ̄lll)

確かにそのとおりだと思いました。

みんな忙しいのは、言わば「当たり前」。

その中で、どのように仕事をするかを考える。

心のこもった仕事をするかってことですよね。

自分中心ではなく、みんなでいい仕事がてきるようにするためには、「心」が大事ですよね。

5S活動も一緒だと思いました。

自分だけがルールを守らなくていい…、なんて思ったら絶対に成功しませんよね。

これからもみんなで「心のある」医療従事者でいましょうね

(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

怖い世の中ですね…Σ( ̄ロ ̄lll)

今朝、いろいろな医療関連情報を検索していたら、こんなを発見…。


リンク: 病院逆恨み、退院直後に職員切りつけ3人重軽傷…大阪 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).




マジっすか…!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル








いろいろな患者さんがいると、こういうも起きちゃうのかな…。

この事件の背景など詳細なことは、もちろんわかりません。

でも病院スタッフは、この患者さんのために「早く良くなってもらおうと最善を尽くした」んでしょうけどね。

このような結果が帰ってきてしまうと、非常に残念です…

(´・ω・`)ショボーン









そういえば、オイラがいる病院にも約10年くらい前に、似たようなことがあったなぁ…。

患者さんの息子が、包丁を持って看護スタッフを数名切りつけた…ってことが。

この患者さんの息子は、病院に来る前に親戚を一人刺し(結果は死亡)、オイラの病院で数名を切りつけた後、開業医の歯医者さんに行って、歯医者さんを刺しました。(一命を取り留めました)

結局、地元の山奥に逃げていったけど、逮捕されました。





この記事を見たときに、その時のことを思い出しました。

事件当日はオイラも勤務しており、詳細は告げられずに…、







院内を巡回しなさい、と言われました…

(>Д<)ゝ”イエッサ!!








そうとうヤバイ巡回なはずなのに、防具等はまったくなしで、巡回…。

後で考えると、とっても恐ろしいことです…

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

医療従事者のみなさん、気をつけようがないけど、気をつけましょうね…。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/11/14

広島にもいた新たなヒーロー!?

先週、慌しく広島に行ってきたオイラ。

帰りの新幹線は朝、早かった…Σ( ̄ロ ̄lll)

しかし、お土産くらいは買っていこう(^^♪

なんて感じでJR広島駅のお土産ブースにちょっとだけ立ち寄りました。

時間もないので、定番の「もみじ饅頭」を購入し、新幹線ホームに行こうと思った時…。

衝撃の商品が目にとまってしまいましたっ!!

そ、それは…、












平和戦隊 ヒロシマン 

   VS

     謎の大怪獣カキラ











おぉぉぉぉぉぉぉぉ~、ここにもこの手のものがっ!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

以前、新潟に行った時も、「サドガシマン」ってヤツに遭遇しました。

いつになってもこういう「くだらないモノ」に目がないオイラ。

じっくり見ている時間もなかったので、とりあえず購入。

値段は「420円」。

(↑ 確かサドガシマンもこのくらいの値段…)








電車内でじっくり見たかったのですが、恥ずかしかったのでお家に帰ってから見ることにしました。

ちなみにパッケージはこんな感じ

IMG_0001

なんだか、裏面には解説が書いてありました。

(↓ 原文そのままを書きます)

カキラからの警告

武器を売るため、戦争を始めた国があった

そのとき、カキラが現れた

4人の男達が立ち上がった、しかし遅かった

カキラはすべてを破壊して消えた

そして平和がおとずれた

カキラは平和をもたらしたのだ。






んっ!? カキラって悪役!?、それとも味方キャラ!?

設定がよくわりません…Σ( ̄ロ ̄lll)

(↑ カキラ…、広島特産 牡蠣(カキ)ってことね…)

カキラについては、少し解説が書いてありました。






放射能を浴びて突然変異!

戦争が始まるとなぜか現れる






ちなみにカキラってこんな感じ

 ↓

kakira

一応、主役?となる「ヒロシマン」は全部で4名

まずは・・・、




「モミジマンジュウレッド」
IMG_0004




特技…、宴会部長

(↑ 意味わかんない…ヽ(τωヽ)ノ )






次は…、






「オコノミイエロー」
IMG_0005







特技…、お好み焼き二刀流コテさばき

(↑ お好み焼きのコテさばきが上手ってことかな)







さらに…、









「ミカンオレンジ」
IMG_0006







特技…、ビタミンピーム 健康にしてどうするんじゃ~!

(↑ 自らツッこんでるし…)







そして最後に…、









「LOVE&PEACEホワイト」
IMG_0007










特技…、LOVE&PEACE Flash!!

(↑ 平和と愛…、広島ならではって感じだね)

しかし、ホワイトも男らしい…。

オイラ的には「女キャラ」でもいいかと思うけどね。










そして、この商品の中には「おまけ」がついていました。

それは、「キーホルダー」です

IMG_0010

↑ ミカンオレンジです…(^_-)-☆

しかし…、最近各地でこういう「ヒーローもの」を作るのが流行ってるのかな…。

とりあえずオイラが発見したのは「ふたつ」。

共通点は「シマ」がつく地方です。

もしかして他にも…、

「カゴシマン」とか「トクシマン」なんてキャラいたりして…

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

みなさんの地方にもこういうキャラっていますか??

オイラの地元も調査してみたいと思います(>Д<)ゝ”

| | コメント (2) | トラックバック (0)

当直してますよ~Σ( ̄ロ ̄lll)

やっとアクセスできました…。

niftyさん、なくだか全然アクセスできませんでしたよっ!!





まぁ、そんなことはさておき、今日は救急外来勤務をしているオイラ。

今日の混雑具合は「まずまず」って感じです。

多すぎず、少なすぎず…。

分類としては、「外科系」が多いです。

(↑ けがした外傷の患者さんがこの分類です)

中でもちょっとショッキングだったのは…、












機械は手をはさんでしまい、指先が取れてしまった人っ!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル











救急車でとなりの市からやってきました。

印刷所で勤務されている方のようで、手がはさまれてしまったそうです。

そして、手を引き抜いて脱出っ!!

後から会社の同僚さんが、機械の中から取れてしまった「指」を拾って、ビニール袋の中に氷を入れてガーゼでくるんでもってきてくれました。

取れてしまった指先は3箇所…Σ( ̄ロ ̄lll)

すべて「第一関節から先」だったようです。

(↑ 事務員のオイラはビニールの中は見ませんでした)











診察したのは運よく「整形外科の医師」でした。

しかし、この指は…、














再接続は不可能…ヽ(τωヽ)ノ













スパッと切れて落ちてしまった場合は、つなぎ合わせることが比較的に可能らしいのです。

この患者さんの場合、機械から脱出する時に「引っ張りだされた」ために、患部がズタズタになってしまっていたらしい…。

整形外科の先生はこの状況を、患者さんと一緒にいた会社の方に丁寧に説明していました。

非常に残念な結果でした…(´・ω・`)ショボーン







そんな中、他にも外科系と呼ばれる患者さんは来院されてました。

腕を骨折しているお子様。

開業医さんで診察してもらったらしく、他の病院あての紹介状を持っていました。

でも、オイラのいる病院で診察してほしいと…Σ( ̄ロ ̄lll)

紹介先の病院に行くのはちょっと心配だし、少しでも早く対応してほしい…、というのがお母さんの要望でした。

もちろん整形外科の先生が対応させていただきました。







そんな中、やっぱり来てしまうのが、交通事故にあって、どこも痛くないけど心配なので診察してほしいという人など…。

申し訳なかったのですが、かなりお待ちしていただきました。

ちゃんと状況を説明したら、苦情を言われることはありませんでした。






救急外来には、いろいろな患者さんがいらっしゃいます。

どうしても患者さんの重症度によってお待ちさせてしまうことが発生してしまいます。

救急外来を受診する時には、「待たされる」と思う方もいると思いますが、ご理解くださいませ…。






でも、救急車をタクシー代わりに使って来院する患者さん…、

これだけは勘弁してください…ヽ(τωヽ)ノ

こういう方に限って、重症度は低いのです。

だから「救急車の有料化」なんて話が出てしまうのですねぇ~Σ( ̄ロ ̄lll)






さて、また救急外来勤務に戻ります (>Д<)ゝ”

これからの時間、あまり患者さんが来なければいいなぁ…と思うオイラです(^^ゞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/11

ビジネス旅行?? in広島

医療の質管理課きくきくは、ただいま広島にいます。

今回はオイラが働いている病院の同系列で広島にある病院で開催される…、





リスクマネジメント研修会






これに参加してきました (>Д<)ゝ”

今回は、総務課のSさんとオイラの二人です。

研修会が18時からの開催だったので、オイラの地元を午前中に出発っ!!

そして東京まで出てから「新幹線」で広島までやってきました。

所要時間は…、












約5時間…ヽ(τωヽ)ノ












長時間、座り続ける移動はちょっぴり辛かったです…Σ( ̄ロ ̄lll)

なんとか到着して、いざ広島市内の病院へレッツらゴー(^^♪

到着した病院で担当者の方とお会いしました。

医療安全推進室のAのさん、よろしくお願いいたしますm(_ _)m





…と堅苦しいご挨拶はほとんどなかったんだよね。

それは一緒に行った総務課のSさんがお知り合いだったのです!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

どうやら以前、別の研修会で一緒だったらしく、今回の調整も二人でしていたようです。













そんな感じで病院内を少しだけ案内していただき、研修会の会場に案内してもらいました。

研修会の会場の入り口に配布資料があり、いただきました。

内容は…、
















医療事故発生を想定した対応訓練














おぉぉぉ、こんな内容を設定していたんだ!!

(↑ 行く前の聞いていたのにすっかり忘れていたアホなオイラ)

でもこういう研修を考えるってスゴイよね…。

やっぱ「いざっ!!」って時のことを考えているんだね。










実際の内容は、ある医療事故が発生したことを想定します。

想定した事故の一部始終は、ビデオで作製したものを研修参加者も視聴。

病院幹部が報道関係者を前に事実関係を説明。

その後、記者からの質疑応答を行う。











大まかに言うとこんな感じ。

事故部分に対するビデオは、院内スタッフがそれぞれの役になりきり、リアルに表現されていました。

医療従事者だけでなく、患者とその家族も含めてです。

患者家族役(特に患者さんの奥様役)は非常にリアル…Σ( ̄ロ ̄lll)

わざととは思えないほど、自然にバッグを落としてみたり、ボーっとしてみたり…。

迫真の演技でした (*^―゚)b グッジョブ!!









実際の病院長の説明や謝罪するシーンなども行いました。

傍聴者として参加している職員は、ふだん病院長が頭を下げているところなんて見ないのですよね。

けっこうインパクトはあったと思います。

また、新聞記者役も職員がなりきりで行いました。

いろいろと厳しい質問も多かったのですが、病院長さんや看護部長さんは誠実に回答していました。












一連の流れが終了した後、院内スタッフによる「パネルディスカッション」を行いました。

パネリストは、医師、看護部、薬剤部、事務、そして座長は医師でした。

いろいろな院内の不具合に対して、討論をしていました。

みんなが共通認識している「不具合」について話題もあがっていて、結論はでませんでしたが、今後の改善にはつながりそうでした。

いろいろな研修内容や研修スタイルがあることを知り、大変勉強になりました。

ホントありがとうございました…m(_ _)m











その後、オイラ達は広島市内のホテルにチェックイン。

すぐに広島の夜の街に出かけました(>Д<)ゝ”

…っていうか、広島の病院の方が…、










「一緒にお好みでも食べに行こうか」








なんて誘ってくれたので、連れて行ってもらいました アリガト!(´▽`)

行った先は「おこのみ村」というビル。

ビルの2階から4階までがすべて「お好み屋さん」なんだそうです

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ






ビルの前にふたり広島の病院の方が待っていてくれました。

用度課長さんと臨床工学技士の方でした。

さて、オイラたちは総勢5名でいざ出陣!!

オイラは広島の方が行くあとをついていき、お店に入りました。

もともとオイラの気持ちの中に…、







やっぱ広島に行ったら…

「お好み焼きと牡蠣」でしょ!!










みたいな気持ちもあったので、お好み屋さんに対してはルンルン気分でした。

メニューを見て、「スペシャル焼き」ってのを頼んでみました。

目の前の鉄板で焼いてくれるスタイルにドキドキしながら待つオイラ。

みんなはいろいろとお話してるのに、ひとり鉄板を見つめてしまいました…Σ( ̄ロ ̄lll)

(↑ 腹が空いて仕方ないようなアホに見えたでしょう…)

そして出来上がり、一口食べてみると…、













以外と普通のお好み焼きでした…

(´・ω・`)ショボーン

(↑ 期待しすぎなアホでスンマソン)














ちょっと驚いたのは、みんなヘラ(テコって言うの??)のままで食べているよ!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

オイラ、最初は少しずつ切り取り、取り皿に取っていたんだ。

けど、みんなをそのまま食べている…Σ( ̄ロ ̄lll)

ここは地元流に食べてみようと思い、ヘラのままで食べてみました。

でも、そのまま食べるには…、













ちょっとデカイっすよ!!Σ( ̄□ ̄;)














でも食べられちゃったオイラですが…(^^ゞ

なんだかんだと書いてしまいましたが、結局「おいしく」いただきました!!

また、お好みを食べながらいろいろなお話もさせていただき、貴重な時間を有意義に過ごすことができました。

支払いは「用度課長様」がおごってくれました (TдT) アリガト

ホントご馳走様でしたm(_ _)m













今回の短い「広島へのビジネス旅行」…、

心残りは「牡蠣」を食べたいってことだけ。

それは一緒に行ったSさんのほうがより強く思ってたみたい。

一度ホテルに帰ったあと、居酒屋さんを探して…、












焼き牡蠣を食べてきました~

ウレシカターヨ・゚・(ノД`)・゚・












今回の広島滞在では、いろいろな方にご協力していただき、ホントに感謝しています。

今後ともよろしくお願いいたしますね(^_-)-☆

帰り道は「朝7時30分」に広島駅を出発です…ヽ(τωヽ)ノ

もちろん「新幹線」、しかも「指定席」なので乗り遅れるわけにはいきません。

決して寝坊するわけには行きません…。

早く寝よっと・・・!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

注射器とシリンジポンプ

今日は、医療機器メーカーさんとじっくりお話しする機会がありました。

話の内容は…、






「注射器とシリンジポンプ」
(↑ シリンジポンプっのは、注射器を使用し一定の時間で一定の量の薬剤を注入できる器械。特に微量に注入する必要が薬剤に向いています。)






なんでこんな話になったかというとね…、

オイラのいる病院で採用している「注射器」のメーカーが変更になりました。

それが、注射器とシリンジポンプが違うメーカーになったんだ。

注射器を変えたときに確認していたことがあったんだよね。

それは、シリンジポンプのメーカーで作製している注射器と「形状が同じである」ってこと。

(↑ 同じように見える注射器でも中の形状は各社で微妙に違うらしいのですよ)

これを受けて、シリンジポンプのメーカーさんが…、







シリンジポンプ使用の安全性の確保ができない可能性があります!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

こっ、これは…!!

本当なら、かなりの問題です。

この内容に対して、本当はどうなの??って、

新規採用した注射器メーカーさんとシリンジポンプのメーカーさんに対して同じ質問をしました。

そしたらそれぞれの言い分が若干違うんですね…Σ( ̄ロ ̄lll)





注射器サイドは「一部問題はあるが使用する上では問題なし」

シリンジポンプサイドは「一部に問題があり」






ん?? これはなぜなのか…Σ( ̄ロ ̄lll)

双方が問題を指摘する部分は一致していました。

それはどの部分かと言うと…、











閉塞検知

(↑正しく量が入らず、圧力がたくさんかかってしまう時に鳴るアラームです)











実験した結果、注射器とシリンジポンプが別のメーカーのものを使用すると同一メーカーのものを使用するより、



若干早くアラームが鳴る



というデータが出ているらしいのです。

アラームが鳴るのが遅いのでは重要な問題ですね。

しかし「早くアラームが鳴る」ってことは、「早さ」がどれくらいの早さ時間が問題。

いろいろとデータも示してくれました。

一般的に見て、気になるほどのデータではなかったような気もします。

しかし、提示されていないデータがひとつ…。















注射器とシリンジポンプが同一メーカーのものを使用した時のデータがない!!











ホントは、ここがポイントなんだけど…。

シリンジポンプメーカーさんは、このデータは今日は開示してくれなかったんだよね…ヽ(τωヽ)ノ

後日、データを持ってきてくれることになりました。






しかし、いろいろとお話ができたことは非常によかったと思います。

医療機器メーカーさんもいろいろと努力している様子は伺えます。

病院の考えていることと医療機器メーカーさんの方向性が一致していなければ、患者さんにより良い医療を提供することはできません。

こういった話し合いで一番の利益があるのが「患者さん」であったほしいとオイラは思い、話していました。

でもね…、メーカーさんにはなかなか理解してもらえないのかな…。

やっぱり企業は、収益増が目的ですし…。

患者さんは国が定めた医療費を内容に応じて病院に支払うんですよね。

病院は国で定められた金額で患者さんからお金をいただきます。

そして、材料費の支払い金額の設定は、一般的なモノを購入するのとほとんど一緒。

価格は自由に設定できます。

簡単に言うと、患者さんのお金は病院を中継して…、





薬剤メーカーや医療器材メーカーさんのところへ行く





病院での人件費など必要経費を差し引いて残るお金はほとんどゼロ。

っていうかオイラのいる病院はきっと「赤字」??

病院の名前にも、こんな名前のところもありますよね…。

「○○赤十字病院」、




「十」を取ったら「○○赤字病院」





お後がよろしいようで…Σ( ̄ロ ̄lll)

おっと、こんな終わり方ではなくて…、

今日お話させていただいたメーカーさん、ホントありがとうございましたm(_ _)m

これからもいろいろお話をさせてくださいね~(^^♪

一緒に安全な医療の提供のために頑張って行きましょう!!

今後ともよろしくお願いしますね(^_-)-☆

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005/11/07

やっぱ「お役所的」かな??

週末、めずらしく「風邪」っぽい症状になってしまった医療の質管理課きくきくです。

今日もお薬飲んで出勤してます…Σ( ̄ロ ̄lll)





さて、今日の記事は『医療の質管理』ってお話しとは違うんだけど…、

みなさん職場では、各部署で起案したものがどのような流れで許可をもらい、実行されますか??

オイラの職場では…、



各職場で起案。

担当者は所属と氏名を記載し『捺印』する

    ↓

所属長が確認し『捺印』する

(ここで関連する部署に事前に確認しといてほしい場合は「合議」という形式で『捺印』)

    ↓

所属長の上司が確認し『捺印』する

(オイラは事務部に所属なので事務副部長と事務部長)

    ↓

副院長2名が確認し『捺印』する

    ↓

病院長が確認し『捺印』する






こんな感じ。ここで感じるのは…、












とにかく『捺印』が多いっ!!










ホントは内容に目を通してもらい、把握した上で了解した結果で『捺印』するんだよね。

でも、捺印するほうも大変みたい・・・。

なんと言っても、病院幹部のところには各職場からたくさん書類が上がってくるからね。

なんとなく書類への捺印が、内容の把握ではなく、『ただの印鑑押し』になってしまうような時もあるみたい。









でね、急ぎの書類の場合は、それぞれの方のもとに持ちまわって行き、口頭で説明した上で了解してもらい、捺印してもらうんだよね。

今日は、こういう書類があったんだ。

それにしても一番感じたことは…、













病院幹部と時間を合わせるのは

ホント大変でした…ヽ(τωヽ)ノ














みんな時間単位や分刻みで予定が入っているんだよね。

(↑ たまたまかも知れないけどね)

中でも一番、苦労したのは「病院長先生」。

秘書さんに聞いたら…、





「今、入ってる方はもうすぐ終わるよ」

「次に予定が入っているからお部屋の前で待ってれば確実よ」






とアドバイスされたオイラ。

「すぐ」って言葉を当然、信用してました。





しかし、10分経っても誰も出てこない。部屋の中では声が聞こえる。

オイラ…、「もう少しの我慢」と思って待ち続けました。

(↑ なんだかイヤな予感はすっごくしてましたが…)

途中、自分の席に戻って必要な業務を行い、すぐに院長室前で在室確認。

こんなことを繰り返してました。

結局、オイラ院長室の前で…、


















「30分」も待ってしまいました…

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



















前の方が終了し、やっとの思いで直接お会いできました。

そして、書類の内容確認と捺印の作業の所要時間は…、
















たったの「2分」くらいでした…OTL











とっても時間のムダ使いをしたような気がしましたが、仕方ない…。

これが「組織」というもの…ヽ(τωヽ)ノ

みなさんの職場ではいかがですか??

書類に『捺印』という文化は残っているのでしょうか??

これは極めて『日本人的文化』なんですかね~。

この紙文化、なんとかしたいものですねヽ(τωヽ)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

第4回 5S担当者会議開催!!

当直明けの次の日は体内リズムが狂い調子がでない、医療の質管理課きくきくです…Σ( ̄ロ ̄lll)



オイラの働いている病院で現在、「全員参加型プロジェクト」を実行中。

それは…、










5S活動です!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ








病院以外で働いている方には「当たり前」のことなんですが…。

また病院で働いていても「当たり前」と思って業務を行っているのですが…。








以外と病院中は汚い!!

(↑不清潔という意味じゃないのでご理解くださいm(_ _)m)







なんというか…、『整理されていない』とか『いらないモノが捨てられていない』などが適切なのでしょうかね。

また『ちらかす人がいる』なんてこともあります。

原因のことを書いているときりがないので先に進みます。

今日は、職場単位で決めている「連絡担当者」という方々を集めて、今後の活動の進め方とこれまでの活動に対する質疑応答を行いました。

今日は各部署から…、






50名の職員が集まってくれました!!

アリガト!(´▽`)







この説明会を利用して各部署のスタッフと「コミュニケーション」を図ることは非常に重要なことだと思っています。

ここであげられた意見等をきちんと把握し、明確な回答を出してあげれば、自然と動いてくれると思います。

5S活動自体、決して難しいことを言っているのではないのです。

子供のころに言われたことを、大人になって職場で実践するだけ…。

(↑ ホントはこれが結構、難しいんだけどね…Σ( ̄ロ ̄lll) )


現場の皆さまあっての「5S活動」なので、これからもよろしくお願いいたします…m(_ _)m

また今日、集まれなかった方のために「11月4日」にも同じ説明会をしますからね(^_-)-☆

しかし、事務局のオイラ…、まずは自分が実践しないといけないですね…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

第1回医療の質奨励賞

医療事故に関連するニュースを検索していたら、こんなニュースを発見しました。

リンク: 第1回医療の質奨励賞 済生会横浜市南部病院に : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).





医療の質奨励賞かぁ…、こういうのに応募できる病院ってすごいですね。

なんだかパワーを感じます…。

こういう賞を受賞できれば、働いているスタッフのモチベーションもあがるよね。

「いい病院」って評価されたことだしね(^^♪

医療の質奨励賞の詳細については「こちら」をクリックしてみてちょうだい(^_-)-☆






しかし、こういうことは「もっと大きな記事」で取り上げてくれないかぁ…。

マスコミの皆さまは「医療事故」関連が発生した時や裁判の判決がでた時には、よく取り上げてくれるんだけど、いろいろと頑張っているところは…、






全然取り上げてくれない…Σ( ̄ロ ̄lll)







悪いところばかり報道されてると、読者(患者さん)の不安をあおるだけになっちゃうんだよね。

人の不幸のほうが売れるからなのかなぁ…(´・ω・`)ショボーン

がんばろう医療従事者!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

10月の仕事収め「当直」ですΣ( ̄ロ ̄lll)

どーもっ!!

10月の勤務は「当直に始まり」、「当直に終わる」、医療の質管理課きくきくでーす(^^♪

本日の救急外来もさまざまな方がお見えになってます!!

現時点でのインパクトがあった患者さん…、それは











鼻の中にどんぐりが詰まってしまい、

取れなくなった「お子ちゃま」…

Σ( ̄ロ ̄lll)













たまにいるですよ、この手の患者さん。

この患者さんは「2さい」…。連れてきたのは当然、お母さん。

けっこう遠くから、ご来院されました。

今日は耳鼻科の医師が当番になっていなかったのです。

だから、初診担当は…、









神経内科…ヽ(τωヽ)ノ








ちなみにオイラがいる病院の救急外来の診療体制は「部位別」となっています。

鼻は「頭部」という分類となっているです…。

だから今日の当番である「神経内科」が「鼻内異物除去」を命じられるのです…。

まぁ、普通に考えて、神経内科の医師に取れるはずがありません…Σ( ̄ロ ̄lll)

しかも…、












しっかり奥まで埋め込まれていたようです…!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

(↑ きっとお母さんが取ろうとして指を入れたら、もっと奥に入ってしまったと推測される)

少しはトライしたようでしたが、耳鼻科医師に「速攻、電話連絡」してました。

(↑ これがオイラのいる病院の恐ろしいシステムです)

でね、それほど時間が経たないうちに…










「耳鼻科医師」登場!!

(TдT) アリガトウ










耳鼻科医師は手馴れたもので、5分とかからず「異物摘出」完了!!

(*^―゚)b グッジョブ!!

取り出された「どんぐり」は鼻血まみれでした。

患者さんのお母さん、そのどんぐりをなんと…、














せっかくなんで、持って帰りたいんですけど(^^♪
















えっ…Σ( ̄ロ ̄lll)

持って帰るんですか??















また鼻に入れちゃったらどうしよう…。

なんて思いもありましたが、きっと「記念」なんでしょうね。

看護師さんは、丁寧に洗った上で「痰を取ってきてもらう容器」に入れてあげました。

すっごく喜んでました。

待合室では、このどんぐりを鼻に入れちゃった患者さんはいつの間にか「人気者」になってました。

他の患者さんや付き添いさんから…、












よかったねー!!

これでお家に帰れるねー(^^♪












なんて感じで、祝福されてました。

お母さんもほっと、ひと安心した様子。

保険証も受け取らずに帰ろうとしていたので、呼び止めて渡しました。

この子が最後にオイラに向かって…、






あ り が と (^^♪







と、言ってくれました。

オイラは何もしてあげられてないけど、こんな小さな子に感謝されてしまいました。

オイラ…感動ですっ!! ウレシカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

(↑ お母さんが言わせたのにもかかわらず感動しているアホなオイラ)



まだ今晩の折り返し地点です。

朝までにどんな患者さんが来るんだろう…。

もう酔っ払いのお相手だけは勘弁です…Σ( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »