« 10月の仕事収め「当直」ですΣ( ̄ロ ̄lll) | トップページ | 第4回 5S担当者会議開催!! »

2005/11/01

第1回医療の質奨励賞

医療事故に関連するニュースを検索していたら、こんなニュースを発見しました。

リンク: 第1回医療の質奨励賞 済生会横浜市南部病院に : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).





医療の質奨励賞かぁ…、こういうのに応募できる病院ってすごいですね。

なんだかパワーを感じます…。

こういう賞を受賞できれば、働いているスタッフのモチベーションもあがるよね。

「いい病院」って評価されたことだしね(^^♪

医療の質奨励賞の詳細については「こちら」をクリックしてみてちょうだい(^_-)-☆






しかし、こういうことは「もっと大きな記事」で取り上げてくれないかぁ…。

マスコミの皆さまは「医療事故」関連が発生した時や裁判の判決がでた時には、よく取り上げてくれるんだけど、いろいろと頑張っているところは…、






全然取り上げてくれない…Σ( ̄ロ ̄lll)







悪いところばかり報道されてると、読者(患者さん)の不安をあおるだけになっちゃうんだよね。

人の不幸のほうが売れるからなのかなぁ…(´・ω・`)ショボーン

がんばろう医療従事者!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

|

« 10月の仕事収め「当直」ですΣ( ̄ロ ̄lll) | トップページ | 第4回 5S担当者会議開催!! »

コメント

きゅうちゃんさん、はじめまして~(^^♪
コメントありがとですm(_ _)m

ホントいろいろと厳しい世の中ですよね。
このような環境の中で、最前線で働くスタッフが疲弊してしまわないか、とても心配です。
過酷な労働条件の中ですが「いかにシステムでミスをなくすことができるか」を幅広い視野で考えていき、構築していかなくてはいけません。
何かできることはないかと模索しているオイラです。

また遊びに来てくださいね(^_-)-☆

投稿: きくきく | 2005/11/07 09:00

本当に最近は恐ろしいですよね。
医療界での失敗は鬼の首を取ったかのように取り上げられますよね。確かにあってはならないこと・・・。しかし、そのプレッシャーは相当ですよね。某大学病院のような若手医者のやってみたかったという軽はずみな行動で人の命を預けさせられたらたまりませんけどね。日々身を引き締めねば!

投稿: きゅうちゃん | 2005/11/07 00:33

tisaneさん、コメント&トラバありがとです(^^♪

バトン、確かに受け取りました。
自分のことを振り返って書くのは苦手ですが、やってみます。

次は誰にまわそうかなぁ~(^^♪

投稿: きくきく | 2005/11/02 09:35

v740gleさん、コメントありがとです(^^♪

僕が感じたことは「頑張っている病院はたくさんあるよ」ってことを伝えたかったんですよね~(^^♪

医療機能評価やISOなどの各種認定などを「ただ取得するだけでは意味がない」ということは承知しています。
病院が提供している「医療」というサービス。
これをいかによいサービスとして提供するかを考えた時に、働いている人も勧めたくないような病院では「質の高い良い医療は提供できない」と思うんです。
そのためには『働く側のモチベーション』も非常に重要なのかなって思います。

急性期病院って、なかなか患者さんがホントの意味で元気になって「ありがとう」って言われることろまで関れない。
一生懸命働いているスタッフのモチベーシヨンをあげるのに一番効果的なのは、患者さんとのふれあい…「ありがとう」という言葉なんでしょうね。
(↑ 現場で患者さんに接することの少ないオイラがなんとなく感じたことですが…)

投稿: きくきく | 2005/11/02 09:33

「頑張っているところは・・・!」の叫びに答えて
バトンまわしちゃいました
これでもやって、うっぷんはらしてくださいネ

投稿: tisane | 2005/11/02 05:26

きくきくしっかりしてください(T_T)
これ、ISOなどしている団体では無いですか。
簡単な話ココの規格又はここのシステムにいかに適合しているかで判断されます。
医療の質より医療の技術よりシステム的にミスを起こさないとされる方法をこの団体が考え出しそのシステムを採用しているかいかにそのシステムを守っているかで。判断されます。
過去のミスの少なさ、独自の良いシステムを構築しているとかは関係ないのです。
良くISO9000とか工場に有りますねアレと同じレベルで
昔は確かにISOといえばすごかったのですが今では時代遅れとなりISOかえって不便それを取らないと大手が使ってくれないから取るという状態です。
ISO何とか取得とかでかく書いてあると、今時と思ってしまいます。
まあ無いよりかましですが、それで一番になっても医療の質とか患者さんの待遇がよいというわけではないと思います。確かにやらないよりは良いということは有りますが。

あと、きくきくもさすが事務員、ナースとかドクターと違います、あの人達は確かに褒められたりされると喜びますが、殆どの人が他の人の役に立ちたいと思って成っている人が多いので一番うれしいことは、病気で入院していたひとが元気になりありがとうと退院することです。
表彰されるために働いているわけではないので。
されればうれしいですが。
表彰されるために一生懸命したら患者さん可哀想でしょ。
とかなりきついことを書いてしまいました。
昔は本当にISOはすごかったのですが、仕事の関係で読んでいたビジネス書で良く勉強したのですが、どんどんおかしな方向に行ってしまって。

投稿: v740gle | 2005/11/01 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/6814987

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回医療の質奨励賞:

» 恋愛バトンリレー [アメリカ'nナース]
いつも、飽きずにblogを見てくれる「 [続きを読む]

受信: 2005/11/02 05:20

« 10月の仕事収め「当直」ですΣ( ̄ロ ̄lll) | トップページ | 第4回 5S担当者会議開催!! »