« インフルエンザの流行レベル | トップページ | 輸液・シリンジポンプ巡視してきました!! »

2006/01/19

本日、満床です(>Д<)ゝ”

医療の質管理課きくきく、夕方から救急外来で勤務しています。

勤務に入り、まずは「申し送り」。

この中で一番最初に伝達されたこと。それは…、







ただいま満床体制です(>Д<)ゝ”







この「満床体制」というのはね、オイラが働く病院の独特のシステムです。

内容としては、院内の空きベッドが『5つ以下』になった時点で救急車の受け入れを制限することです。

入院治療が必要な患者さんは受け入れても入院させることができない、このことを消防本部に事前に知らせ、最初から別の医療機関に言ってもらうシステムです。

このシステム適応時にも『例外』はあるのです。

例えば『重症すぎて他の医療機関では治療ができない』なんてケース。

こういったことは時々あります。

他の患者を受け入れて、『超重症者』を受け入れられる病院がなくなってしまうのは困る、このようなことがなくすために考えたことなのです。






この「満床体制」が発令している中、入院している方が不幸にも亡くなってしまいベッドに空きが「ひとつ」でも増えると…、





即、満床体制は解除!!

通常の受け入れ体制に戻ります

(>Д<)ゝ”






そうするとね、数分後に救急隊から「受入れ要請」の電話が来たりします。

救急隊の方も、オイラの働く病院に空きベッドができると安心するのでしょうね。

だって「文句ひとつ言わず受け入れてくれる」からねぇ~Σ( ̄ロ ̄lll)

今回紹介した「満床体制システム」については各消防本部や近隣の医療機関は同意しています。

でもね、このシステムのことは…、





患者さんは知らない…Σ( ̄ロ ̄lll)






病院から、こういった広報活動はなかなかできません。

行政がしてくれるといいんだけど、なかなかねぇ~ヽ(τωヽ)ノ

難しいトコロです…。







まぁそんな中、本日の救急外来の状況としては…、

小児科医師(部長先生)がいる日のため、たくさんの『小児科患者さん』が来院しています。

本日の小児科患者、大きく分けてふたつの層に分けられます。






①就学前のお子様による、発熱、嘔吐、下痢

(↑ でも待合室ではなぜか『ちょ~元気』 )

②小学校高学年~中学生の発熱、腹痛

(↑ 熱は大したことなくても、かなり辛そうにしている)








いずれも小児科医師が丁寧に診察しています。

これらの患者さん、1名以外はすべて帰宅しております。

また、現時点では『インフルエンザ』の患者さんはいませんでした。

(↑ これって奇跡かな??)







でもね、この混雑は『12時までがピーク』なのがいつものパターンです。

夜中になると『ホントに苦しそうな患者さんのみ』になっています。

お子様についても同様です。(なぜでしょう??)

この中には『さっき来た患者さん』なんて方もいることがあります。

ホントに具合が悪い方は、すぐに来てちょうだいね。

入院はムリかも知れないけど、最善を尽くしますから!!

(↑ オイラは受付くらいしかできないけどね…。)





追伸…、前回記事で紹介した「blogランキング」 banner_02

見に行ってくれましたか?? まだの方はこちらからどうぞ(^^♪

ホントはオイラ「順位」とかあまり興味ないんだけどねぇ~ヽ(τωヽ)ノ

で、でも…、ヨロシクねっ(^_-)-☆






************************************************

追伸…、ただいまインフルエンザで苦しんでいるマミ姉がこんなサイトを紹介しています。

ななみちゃんを救う会

協力できる方、興味を持ってくれそうな方は是非、一度訪れてみてください。

マミ姉、早く元気になってちょうだいねぇ~(^_-)-☆

|

« インフルエンザの流行レベル | トップページ | 輸液・シリンジポンプ巡視してきました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/8226958

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、満床です(>Д<)ゝ”:

« インフルエンザの流行レベル | トップページ | 輸液・シリンジポンプ巡視してきました!! »