« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

パソコン、帰ってきました!!

月曜日に神戸旅行に行ってしまったオイラのパソコンちゃん。

きちんと療養して早く帰ってきてほしい…、と思っていました。

そしたらね、今日の午後…、












早くも帰ってきました!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ













ちょ~うれしいです!!

きちんと療養して帰ってきました。

報告書を見るとね…、

「ハードディスク内に不具合(リードエラー及び交替セクター発生)が確認されたため部品交換をいたしました」

だってさ。続いて書いてあったことはね、

「HDDにつきましては工場出荷状態となっております」









なるほどね~、工場出荷状態になったんだね。

・・・って、

あっ!! (((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

工場出荷状態ってことは、今までインストールしてあるソフトウェアやデータもすべて

初期状態になっているってことだよね…Σ( ̄ロ ̄lll)

データについては、バックアップを取ってあるから大丈夫だけどさ。

ExcelやWordなどすべてのソフトウェアは再インストールです…。

これからコツコツとインストールしていきます…(´・ω・`)ショボーン





でもね、今回の修理費用や交通費(運搬費用)は「0円」でしたよ(^^♪

さすが「3年保証」の範囲内です(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/30

昨日から読み始めた本…

医療の質管理課きくきく、今読み始めたばかりの本があります。

その本のことを聞いたのは、ゴールデンウィークくらい。

NDP会議に行っている時のことでした。

実際に現場で働くお医者さんが「なかなかおもろしいよ」って…。






昨日のお仕事帰りに本屋さんに寄った時、ふっと思い出したんだよね~。

そして、さっそく立ち読みしてみたんだ。

立ち読みでは、『第1部1章』だけだったんだけど、なかなかハマってしまいそうな感じでした。

ということで、とりあえず購入してみました(^^♪

その本はね…、







チーム・バチスタの栄光

479665079201








『バチスタ』と言えば、テレビドラマで放映している…、

「医龍 Team Medical Dragon」

う~ん、こういった「医療系の題材」の物に惹かれてしまうオイラ…。

完全に職業病ですかね…Σ( ̄ロ ̄lll)

医療に携わっている皆さん、こんな状況ってありませんか??

もしかしてオイラだけだったかな…(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/29

毎日更新できませんでした(´・ω・`)ショボーン

昨日、ブログ更新ができませんでした…Σ( ̄ロ ̄lll)

今年の目標…、

「毎日更新」

ついに途切れてしまいました (´・ω・`)ショボーン





なぜブログの更新ができなかったか、というとね。

「前の日に野球で大敗してしまった」からではありません。

実はね…、






オイラのパソコンの調子が

悪くなってしまったのです

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル





なんだか、すぐにフリーズしちゃうの。

理由はよくわかりません ( ゚Д゚)ポカーン

落としたり、強い衝撃が加わったりなどの記憶はございません…。

以前、調子が悪かった時に自分であれこれしても、どうにもならなかった。

この経験を生かして、すぐにサービスセンターに電話しました。

そしたらね、いくつか対処方法を教えてくれました。

言われたとおりにしてみたんだけど、改善されず…。

最後に言われたことはね…、

「考えられることを実施して改善されないので、あとは現物を見て確認しないとわからないですね~。」

「たぶんハードディスク内のトラブルでしょうね」







と言う事は、もしかしてオイラのパソコンは…、

に、入院ですかぁ~!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル









あぁ~、オイラのパソコンちゃん、また入院です…(´・ω・`)ショボーン

オイラのパソコン、購入後「3年保証」がついていました。

ギリギリ範囲内だったのですが、保証ま範囲内で修理できるものかわかりません…。





さっそく「日本通運」さんが、本日10時に引き取りに来てくれました。

オイラのパソコンちゃんは、本日から「神戸旅行」に行きました。

しっかり治してもらって、早く帰って来てねぇ~(ToT)/~~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/27

あぁ~負けちゃいました(´・ω・`)ショボーン

オイラ、ただいま長岡市にいます。

理由はね、





職場の系列病院対抗の

野球大会に参加しているからです!!

一応、オイラのいる病院は全国各地にあるんですよ。

こうした野球大会は年に1度、開催されます。

オイラがいる関東地区は参加病院数が多いので、いくつかのブロックに分けています。

ブロック内で「予選」を行い、関東地区大会という風につながっていきます。






でね、オイラがいる病院の野球チームは本日、試合を行いました。

相手は埼玉県の「F病院」です。

結果は…、












17対3で負けてしまいました…

(´・ω・`)ショボーン







同じ負けるにしても『17対3』はないやろ~Σ( ̄ロ ̄lll)

これだけ点数が離れてしまうと、当然「コールドゲーム」になってしまいました。






ちなみに試合経過は下記のとおりです…。

            1  2  3  4  5 計

「オイラチーム」   0  2  1  0  0   3

「相手チーム」    0  7  5  5 × 17





オイラも長年、野球をしてきていますが、大差で勝利の経験はたくさんあるのですが、逆のケース…、「大差で敗退」というのはほとんどありません…。

何気に結構、ショックです…(; ̄Д ̄)




個人成績としても、2打数0安打でした…(´・ω・`)ショボーン

活躍できなくてゴメンナサイ…m(_ _)m

負けちゃったけど、一応みんな頑張ったんだけどね…。

ホントお疲れ様でした…m(_ _)m

また、応援に来ていただいた方々、ホント申し訳ない気持ちでいっぱいです…。

感謝しております…ウレシカターヨ・゚・(ノД`)・゚・





ちなみに、勝利チームは明日も試合があります。

オイラたちも勝っていれば、明日も試合だったんだけどね…。

だけど明日は『何も予定なし』となってしまいました…ヽ(τωヽ)ノ

今晩は宿泊先の寺泊のホテルに一泊です…。




今日、勝利したチームのみなさん、頑張ってくださいね!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

本日、クリニカルパス大会です(>Д<)ゝ”

医療の質管理課きくきくのいる病院はね、奇数月の第4金曜日は…、






クリニカルパス大会です(>Д<)ゝ”







クリニカルパス大会…、今回でついに「40回」を迎えました。

いやいや、長く続いている院内企画のひとつです。

オイラが所属する「医療の質管理課」、事務局となっておりまして、企画や運営を行っております。

この準備だけでもかなりの労力です・・・ヽ(τωヽ)ノ







でね、今回の記念大会??のテーマとなって診療科はね、「泌尿器科」と「脳外科」です(>Д<)ゝ”

泌尿器科は、小児の疾患に焦点を当てた内容でした。

疾患名は「尿道下裂」って病気です。

男の子の「尿道」が一部裂けてしまっている状態に対して、手術をするような治療らしいです。

年齢的に1歳前後くらいが対象らしく、なかなか難しいみたいですね。

そんな中でも、クリニカルパスを作成していただき、ホント感謝していますよ~アリガト!(´▽`)





もうひとつは「脳外科」です。

こちには、現在使用しているクリニカルパスに対しての「バリアンス分析からの改訂」です(>Д<)ゝ”

疾患名は「慢性硬膜下血腫」です。

ちなみに「バリアンス」っていうのは、治療中に予定していた患者さんの状態と違う状態になってしまったこと…。(ちょっと簡単に説明しすぎですね。)

あっ…、それでね、実際に使用した上で修正するポイントはいくつかあり、改善がされるようです。

脳外科チームの皆さま、今後の活動を期待していますね(^^♪









それとね、今回のパス大会ではね、今後の活動に生かしてもらうため「ミニレクチャー」ってものを追加しました。

内容はね…、「感染管理とパス」です…。

話の中心は、抗菌薬の適正使用や手術創の管理方法などなど…。

感染管理認定看護師の方から、レクチャーしていただきました。

ホント勉強になりましたよ(^^♪







次回のクリニカルパス大会は、7月です…。

準備は大変ですが、参加者の熱心な姿勢に刺激を受けて、オイラの頑張ることができます!!

みんなで頑張りましょうね(^_-)-☆

医療従事者のみなさん、他の病院で開催される「パス大会」、是非参加してみてください。

意外な発見も多いですよ(^^♪

なかなか検索するのは難しいと思うので、日本クリニカルパス学会で紹介しているパス大会をご覧になってみて下さいね(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

医療マネジメント学会に参加しませんか??

本日も宣伝のようなプログになってしまいます…。

今日、紹介する学会はね、オイラが演題登録をしようと思っていたんだけど、いろいろあって期日を過ぎてしまい、演題は出せなかった学会です…。

それが…、













第8回日本医療マネジメント学会学術集会です!!









テーマはね…、

「医療の質と安全」

 ~医療・介護提供体制の改革をめぐって~






日程は6月16日・17日です。

そして場所は「パシフィコ横浜」です!!

ちなみにオイラのいる病院からポスター発表で「2演題」登録されています。

でね、ひとつの演題については…、





オイラ、共同演者です (>Д<)ゝ”






な~んて言っても、現場では「共同演者」は何もしない可能性のほうが高いんだけどね(^^ゞ

とりあえず、ポスター作成を手伝っておきます。






参加したいと思った、そこのあなた!!

ホームページから事前登録をすると、ほんの少しだけ割引があります。

事前登録の締め切りは近いので、お早めにね(^^♪

ちなみにオイラは昨日、登録を済ませました(>Д<)ゝ”







横浜かぁ~、しばらく行ってないなぁ…ヽ(τωヽ)ノ

中華街でおいしいもの食べてこよ~っと!!

オイラに会いたいと思う人は是非、参加してくださいね(^^♪

(↑ そんな人はいないね…Σ( ̄ロ ̄lll) )

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/05/24

もう参加できないけどセミナーの紹介です(>Д<)ゝ”

今回、紹介するセミナー…、タイミングが遅すぎました。

この記事を見て、興味を持った方がいたらゴメンナサイ…m(_ _)m

一応、紹介だけしときますね…。








医療リスクマネージメントフォーラム'06

テーマ「医療安全とコミュニケーシュン」





このセミナーにはオイラの職場から1名参加します。

オイラは行けないので、結果報告を楽しみにしています。

誰か参加する人がいたら、後でどんな感じだったか教えてね(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

こんなに入院しているとは…ヽ(τωヽ)ノ

最近、野球の練習をしてみてカラダが重く感じ、ダイエットが必要と感じている医療の質管理課きくきくです…ヽ(τωヽ)ノ

オイラも「減量キャンペーン」を実施しなくちゃ…。

ところで、みなさんは、このニュースって知ってますか??





白インゲンダイエットのお話し…

Σ( ̄ロ ̄lll)





テレビでもたくさん取り上げられていたから知ってるよね。

オイラはこのダイエット方法を知る前に、いろいろな副作用情報が発表されていたので、挑戦してなかったけどね。

でね、今日の医療関連ニュースをチェックしていたらね、こんな記事を発見してしまいました。







白インゲンダイエット

被害158人中、入院30人

(2006年5月23日  読売新聞)







えっ!! 30人も入院するほど重症な人がいたの!! (((゜◇゜; )(;゜◇゜)))







新聞記事によるとね…、

厚労省によると、被害は25道府県で発生

番組では、白インゲン豆を数分間いった後、粉末にしてご飯にまぶす調理法を紹介したが、被害者の多くが、この方法で豆を食べた後、

2~4時間以内に発症したという。

 インゲン豆に含まれるたんぱく質の「レクチン」は、

生や加熱不足のまま摂取すると食中毒の原因となるといい、厚労省は「今回は加熱が足りなかったことが原因。十分加熱して食べれば問題はない」としている。

(↑ 本文記事から引用しています…)







なるほどねぇ~。

みなさんも気をつけてくださいね…。

それにしてもさ、ダイエットするのに命をかけるわけに行かないよね。

『やせたい』という気持ち…、

オイラにもよ~くわかります…Σ( ̄ロ ̄lll)

オイラ自身もダイエットしなくちゃ…、なんて思っているしね。

でもさ…、太るのにも





お金がかかってるんだよね・・・ヽ(τωヽ)ノ




やっぱ、日頃からキチンとしてなくちゃいけないんだね。

これから適切な方法でのダイエットを考えます(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

こんな本はいかがですか??

昨日、参加したセミナーでね、教材のひとつとして「書籍」をいただきました。

その本はこちらです…。

↓  ↓  ↓

454230616x09

医療の質マネジメントシステム

医療機関におけるISO 9001の活用










昨日のセミナー内容には、ピッタリな本ですよ。

っていうか、そういうふうなセミナーなんだろうけどね…Σ( ̄ロ ̄lll)

どうやら「医療版ISO」を導入する時の

「バイブル的な書籍」

みたいです。

医療従事者の方で「ISO」に興味をお持ちの方はすでに持っている人も多いのでは??

またコンサルタントの方も必読書のようです。








まぁ、昨日の講義の中でも、この書籍内に記載されていることもたくさん出てきました。

でもね、オイラ的に講師の先生のお言葉の中でね、「そのとおりっ!!」と強く共感してしまった部分が3つありました。

それはね、『QMS構築時の注意点』という中での言葉…。(QMS:Quality Management Systemの略です。)






①医療業務があっての「ISO9001」

②Howは医療機関が決める

③顧客を中心にしてプロセスを考える






講師の先生の解説を聞いたオイラは、「う~ん、まさにそのとおり」って感じでした。

説明としてはね、

①に関しては、コンサルタントさんがよく言うことらしいのですが、

「ISOでは、○○を要求しているので、××のように医療業務を変えてください」

というのはダメ。

実際の医療業務の中で、「ISOの解釈」がどの部分に適合するか見極めなさい、ということのようです。





②に関しては、「How=どのように」をコンサルタントが決めるのではなく、医療機関側の決定ということ。

ISO審査直前になると、医療機関の責任者は「どうすれば審査に合格するの??」って聞く人が多いのだそうです。

そうするとコンサルタントは、「こうするとよい」とか誘導しちゃうらしいのですよ。

それはダメです!! ってことを講師の先生は話されてました。




③については、「顧客=患者さん」と置き換えて解釈してほしいんだけどね。

これは最近、よく言われている「患者中心の医療の提供」って部分と同じですね。

経済性とかに執着するのではなく、医療サービスが提供されるのは「患者さん」。

だからこそ、患者さんにとって最善が尽くせるような医療の提供を考えていくことが必要だということです。





患者さんにとっては、「安全」、「高品質(技術が優れている)」、「低価格」などを望んでいるのでしょう。

おや…、こう文字にしてみると食品や電化製品などと同じものを求めてるかな??

やっぱ医療サービスと他産業は同じですね…。

あらためてホントいい勉強になりました、ハイ…m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/21

医療の質マネジメントの基礎を学ぼう Part2!!

医療の質管理課きくきく、本日は都内で開催されているセミナーに参加してきました(>Д<)ゝ”

そのセミナーの内容はね…、






医療のための質マネジメント基礎講座







4月からの連続シリーズのセミナーなんだけどね。

今回は第3回と第4回分です(>Д<)ゝ”

第3回分の内容はね、

『プロセス指向を実践する事故分析手法POAM』

POAMはね、

「Process Oriented Analysis Method Medical Incidents」の頭文字をとった略語です。

(↑ なんのこっちゃっ…って感じですね。)

まぁ、簡単に言うと事例分析の手法のひとつです。

プロセス志向で物事を考えて、問題解決をしようって感じだと思っていただければOKだと思います。

プロセスって言ってもよくわかんない人もいると思います。

お仕事の流れとして…、





何らか情報がインプットされる

      ↓

モノが必要となり正しく準備をする

      ↓

そして正しい作業方法で実行する





POAMでは、このように考えて、インシデントが発生した時の状況とどこが違うかを明らかにしていくんだそうですよ。

今回の研修では、講義だけでなく、




グループワークもあったんですよ!!

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))




参加者を適当に振り分けて、8名が1グループとなりました。

8名の内訳はね、病院関係者が半数、そしてISOのコンサルタントの方が半数でした。

きっと医療版ISOの導入コンサルトとか審査とかしてる方たちなんでしょうね。

でね、実習する事例は、医療関連のインシデントでした。

(↑ 当たり前です…)

でもね、ISOコンサルタントの方たちには、医療で発生するインシデント自体が信じられないような感じでお話しされてましたよ。






そんなグループワークだったのですが、グループワークには必ず「リーダー」「書記」「発表者」なんて役割がありますよね。

グループ名簿の上から順にリーダー、書記、発表…。

さなみにオイラ…、





名簿内で一番上でした!!

(´・ω・`)ショボーン





こういう役割分担をする時って、なぜかオイラに役割が当たるようになっています…。

誰かにはめられているのかなぁ~ヽ(τωヽ)ノ

でもさ、とりあえず与えられた役割はなんとかこなして、無事グループワークは終了しました。






その後、時間の都合であるひとつのグループだけが発表となりました。

ここではオイラたちのグループは発表とはなりませんでした。

ホッとしましたよ、ホント…。

まぁ~、発表となってもオイラが発表する訳じゃないし…。

でもね、悪夢はここで終わらなかった…Σ( ̄ロ ̄lll)

それは、発表が終了した後の質疑応答…。

オイラのグループにいた人が質問をしたのです。

(↑ ちなみにISOのコンサルタントの方…)

なんだか発表者とのやり取りの中で、自分で説明できなくなってしまったみたいでね…、







私達のグループリーダーであった「きくきくさん」、補足してください!!









えっ!! (((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

なんでオイラを使命する訳??








もう勘弁してほしいです…Σ( ̄ロ ̄lll)

一応、話しはしましたが、質問した人の尻拭いをオイラがなぜするの…。

まったく「いい迷惑」です…ヽ(τωヽ)ノ








まぁ、そんな日ではありましたが、午後の部…、

「医療におけるQMS入門」

しっかり勉強させていただきました。

一日中、講師であった早稲田大学の棟近先生、そして水戸総合病院の永井先生。

本当にありがとうございましたm(_ _)m





ちなみに次回は「6月24日(土)」です。

第5回は「医療のためのエラープルーフ入門 」

講師は「中央大学理工学部教授 中條武志先生」


第6回は「KYT(危険予知トレーニング)と5S 」

講師は「有)福丸マネジメントテクノ代表取締役 福丸典芳先生」





興味のある方は是非、参加してくださいね(^_-)-☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/20

普段してないとダメだね…ヽ(τωヽ)ノ

オイラ、今日は職場の野球チームの練習があって参加してきました。

今日はお天気もよく、まさに『野球日和』って感じでした。

でも暑すぎましたけどね…Σ( ̄ロ ̄lll)

あっ、ちなみに午前中のことです。

午後になってからは、ものすごい雨が降りましたけど…。





でね、この野球チームはね、今月に入ってから数回、練習日があったんだ。

だけど、オイラお仕事の都合とかで参加できませんでした。

そして、今日の練習に参加して見たらね…





「10人」も集まりました!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ





まぁ、普通はこれくらいいないと試合もできないし、当たり前のことなんだけどね。

でもオイラのいる職場の野球チームにしては、かなり集まったほうかもね。

いろいろな職種の人が集まっている影響はあるのでしょう。






そして、いざ練習を開始してみたんだけどさ、全然ダメでした…ヽ(τωヽ)ノ

何がダメっていうとね、まぁ全部ダメなんだけど。

その中で一番、ダメだなぁ~と感じたところはね…、









ボールを投げる指先に

マメを作ってしまったことです

しかもつぶれてしまいました…

(´・ω・`)ショボーン






これってね、結構ダメなことなんだよね~ヽ(τωヽ)ノ

普段からボールを触っていないから、皮膚が弱くなっちゃってるみたい。

バッティングピッチャーをしている時に気づいたんだけどさ…。

その後も少し投げたんだけど、やっぱダメでした。

日頃からキャッチボールを少しでもすることで、こういうことは回避できたんだろうけど、なかなか時間もないしね。

来週の週末には試合があるから、早く治さなくちゃ!!

しかも「ピッチャー」するかも知れないし…。

ピッチャーをしなければテーピングとかで対応できるけどね。

あぁぁぁ~、こんなんじゃダメだよねぇ~ヽ(τωヽ)ノ

ちなみに、現在の状態はこんな感じ…。

Dsc00003

汚い手でゴメンナサイ…m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

当直明けですることと言えば…

医療の質管理課きくきく、本日は救急外来勤務明けです。

昨日の夜は、思っていたより患者さんは来院されませんでした。

まぁ、小児科医師もいなかったしね。

地域の方々が元気なことはいいことです(^^♪






でね、月に2~3回のくらいのペースでしている救急外来勤務。

この勤務明けが平日の場合、少しだけ「平日のお休み」をもらった気分になれます。

(↑ でもかなり疲れてるけどね…Σ( ̄ロ ̄lll) )

そして、平日の夜や休日だと、なかなかできないようなことなどを「夜勤明け」ではしてしまいます。

例えばね、お休みの日に行くとスッゴク混雑している場所に行く。

平日だと空いているので快適です(^^♪

そんな中、本日のオイラの救急外来勤務明けでしてきたことと言えばね…、









床屋さんに行って来ました(^^♪








床屋さんってね、土曜日や日曜日に行くと「かなり混んでる」んだよね。

やっぱ平日に行くと待たずにしてもらえます(^^♪

なかなか快適ですよ(^_-)-☆






でもね、前にも書いたんだけどね、オイラが行く床屋さんは、ひとつだけ気になるところが…。

それはね…、



いつもオイラの要望は

聞いてもらえません

(´・ω・`)ショボーン





この床屋さんにはオイラ、高校生の頃から行っているんだ。

オイラの髪質やクセなんてものを熟知してくれています。

だからかなり安心しているんだけどね(^^♪







でもさ…、たまには「今日はどんな感じにする??」なんてやり取りがあってもいいじゃない??

まぁ~、聞かれても「いつもの感じで…」とか「暑いからいつもより少し短めに…」くらいしか答えられないと思うけどね…ヽ(τωヽ)ノ

今、この記事書いていて思ったけど…、『いつも』って頼むところの時点でダメだよね。

オイラのいつもがわかる人に任せてるし…。





とりあえず、今日も何も言わずに『いつもどおり』に散髪していただきました。

そして散髪終了後、コーヒーを飲みながら雑談に付き合って…。

かなり眠かったけど、これも床屋さんのサービスですかね。

世間で話題になっていることの情報収集ってところです。





オイラが行く床屋さんって、変わってるのかな??

最近、他に行ったことがないから、この床屋さんがオイラの標準となっています…。

みなさんの行く美容院や床屋さんってどうなのかな??

ビミョーに気になるオイラです…ヽ(τωヽ)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/18

本日、当直してます(>Д<)ゝ”

医療の質管理課きくきく、本日は夕方から救急外来で勤務しておりますっ!! (>Д<)ゝ”

今日の当番医はね…、

内科、泌尿器科、脳外科、心臓血管外科、消化器外科、産婦人科。

上記の医師が朝まで診察しております。

残念ながら小児科の医師は本日はいません…(; ̄Д ̄)





でもね、今日は「小児科の先生はいませんか??」という問い合わせの電話が多いのです。

やっぱ昼間と夜との「寒暖の差」があるから、風邪ひいちゃってるのかな??

本日の場合、近くに医師会で運営している「夜間診療所」には小児科医師がいるので、そちらを紹介しております。







それとね、なぜか今日だけ問い合わせが多い診療科があるんだよね。

それは…、









眼科ですっ!!

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))







目ですか…、オイラのいる病院で本日、診察する場合はね…、









泌尿器科の医師が診察します!!

(>Д<)ゝ” 







う~ん、眼科分野を泌尿器科の医師が診察する…。

はっきり言って、わかんないと思います。

問い合わせをされても、患者さんにとって最善な方法を考えるとね、別の医療機関で『眼科の医師」を探すことを勧めています。

オイラでも目が悪いのに「泌尿器科の医師」に診察してもらうのは、ちょっとイヤかもね)




でね、ただ診察できないと言うのではなく、眼科医師を探すための方法を患者さんに伝達します。

そして、どうしても見つからなかった場合は、「もう一度、お電話ください」と…。







結局、眼科医師がいなくて、当院で診察となってしまった場合ね、患者さんに来院してもらい、いったん当番医師に診察もらいます。

その上で「眼科医師」と連絡を取ります。

ほとんどの場合、眼科医師が来院してくれますよ。

そして患者さんは、治療を終えて帰っていきます。





まぁ、実際のところ本日は誰も診察には来ていません。

他に眼科の医師がいる病院があったのでしょう。

(↑ ホッとしているオイラです…。)






これから朝までの勤務…、まだまだ長いですね~ヽ(τωヽ)ノ

具合の悪い方は、遠慮なく病院へ行ってくださいね。

決して『我慢』をしてはいけません…。

でもね、昼間はお仕事休めないから、夜に診察しておこう…、という方はご遠慮くださいね。

それに、ホントに具合が悪い方を待たせちゃうことになる可能性があるからさっ!!

病院とコンビニは違いますからね…(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

ホントにショックです…(´・ω・`)ショボーン

ただいま、かなり気分が落ち込んでいます…。

なぜかというと…。

友人が病気で亡くなったのです。

そして今日が『お葬式』でした…。





連絡をもらったのが、おとといの夜。

ソフトボール仲間からの電話でした。

携帯電話を紛失してしまってから、連絡先がわからなかった僕にとって、久しぶりの仲間からの電話。

正直、うれしかった!! でも内容が…。

電話で聞いた瞬間、声にならないくらいのショック。

電話なのに何もしゃべれない僕がいました…。






病院に勤務していて、「人の死」というものには、いくつもの場面で経験していたはず。

そして、自分自身の「父親の死」にも直面したこともある僕。

だけど、病気の経過は知っていたから、だんだんと心の準備はできていた。

でも、彼の死は、瞬間的には受け入れられなかった。

そして今でも、完全に受け入れることはできていないかも。

そんな心境の中で、本日のお葬式に参加してきました。

お通夜は昨日だったんだけど、身内だけの参列でした。





ちなみに、亡くなった友人は、ひとつ年下です。

病名は「がん」だったようです。

そして「リンパ節転移」「骨転移」となってしまったらしい…。

最期は、ジタバタせず、本当に潔かったという話です。

いかにも彼らしい…。






僕が彼と最後に会ったのは、もう3年くらい前。

彼とは、一緒にソフトボールをしていた仲間。

会えなくなった理由は、僕の仕事が忙しくなり、ソフトボールチームに参加できなくなったから。

正義感が強かった彼。

そして、みんなのムードメーカーとなっていた彼。

思ったことはズバッと言うけど、闇雲に言うのではなく、言うべき時にしか言わないような繊細な心を持っていた彼。





そんな彼は、僕の知らないところで、病魔と闘っていたのです。

病院に勤務しているのに、何も協力できなかった自分…。

仮に病気のことを知ったとしても、何もできなかった可能性のほうが高い。

だけど、何か力になりたかった。

きっと、何か小さいことでも力になれたはず。

そんな想いでいっぱいです…。






短い人生だったけど、彼なりに精一杯、生きたと思う。

彼との思い出は一杯ある。

ここにいろいろと書いておきたいけど、悲しくなるから書かないことにします…。




先に、天国でゆっくり休んでください。

僕達はいつかわからないけど、後から天国に行ったら、いつものような笑顔で迎えてくださいね。

その時が来たら、また会おう。

そして、いろいろな思い出話をたくさんしよう!!

じゃあまたね、尚喜!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/16

はしかが流行してますよ!!

ワールドカップのニュースばかり取り上げられていますが、オイラ的には別のニュースが気になりました。

それはね…、




はしか、茨城と千葉で集団感染…連休で全国に広まる?

(2006年5月16日  読売新聞)


新聞記事によるとね…、

茨城県や千葉県で4月下旬から大型連休明けにかけて、はしか(麻疹(ましん))の集団感染が発生し、国立感染症研究所感染症情報センターは、連休中に全国に広まった可能性があることから、ワクチン未接種者に接種を呼びかけるなどの緊急情報を出した。

(↑ 記事から引用しています…)




なんだか、この地域の学校では随分スゴイことになっているみたい。

でね…、






はしかは空気感染し、

潜伏期間は10~12日

連休中に、人の移動で感染が広まり、

今週以降、全国で発症者が

増える恐れがあるという

(↑ またもや記事から引用しています…)






んっ!?

全国で発症者が増える!!

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))







『はしか(麻疹)』を経験したことのない方、明日の昼間はお医者さんに行って「予防接種」を早急にしてもらったほうがいいかもね。

はしかにかかったある人は、とりあえず大丈夫みたいですよ。

お子様がいるお家…、よく確認してみて下さいね!!

まぁ、何もしなくても「はしか」にかからないかも知れないんですけどね。

備えあれば憂いなし…、ってところですかね。





ちなみにオイラ自身、「はしか」にかかったことがありますよ。

幼稚園の卒園式の前の日にかかりました…。

もちろん、卒園式の写真は「欄外枠」でした…(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/15

日本代表23人、ついに決定しました!!

今日は医療関連情報ではありません…。

日本国民としては、やっぱり取り上げないわけにはいかないっすよ…。

そう、それはね…、






ワールドカップ日本代表選手の発表!!

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ






今回の選考では、サプライズらしいものって、なかったですかね。

まぁ「久保選手の落選」、「巻選手の選出」ってところは、以外と言えば以外…。

でも世論調査では『巻選手の選出』って声は大きかったしね(^^♪

みなさんの予想はいかがでしたか??

ご贔屓の選手は選出されましたか??

「Yahoo!投票」では…、

『もしも24人選べたとしたら、あと1人誰を代表入りさせたいですか?』

なんて調査もやっています。

あなたなら誰を選びますか??

オイラだったら…、「カズさん」がいいですね(^^♪

何はともあれ…、



ガンバレ日本!!

ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!



ちなみに選出メンバーや関連情報を見たい方はこちらからどうぞ(^_-)-☆

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/14

松井秀喜、退院しました(>Д<)ゝ”

テレビでもたくさん取り上げられているけどさ、『ヤンキースの松井秀喜』、手術も無事、成功してよかったです。

どうやら骨折した部分は「一箇所」だったみたいですね。

早く治して、戦列に復帰してほしいものです。






野球バカなオイラでありますが、もっと「バカだなぁ~」と思ったことがあるんだよね。

それはね・・・、







日本とアメリカの入院期間の違いです!!

(↑ 完全に医療従事者の視点です…)






手術をした翌日に退院だってさ…、やっぱアメリカだよね。

日本だったらどうでしょう??

間違いなく、あと数日は入院していると思いませんか??

手術して、かなり痛みがあったみたいだしね。

本人曰く…、






手術の松井秀が退院 当面は自宅で静養

球団の広岡勲広報に「24時間がこんなに長いとは思わなかった。きょうからは自分の部屋でヤンキースを応援する」と話したという。[ 共同通信社 2006年5月14日 7:13 ]

(↑ 記事から一部引用させていただきました(>Д<)ゝ”)







なんだか、こっちが痛くなりそうです…(; ̄Д ̄)

やっぱアメリカでの退院基準は…、




「痛み止めで痛みがコントロールできればOK」





なんて感じなんでしょうか??

あとは、しゃべれるし、ご飯も食べられるし、歩けるし、トイレにも自分でいける…。

シャワーは患部を濡らさなければOKって感じかな。

よく考えたら日本だって同じこと…。

「骨がくっつく」のは、病院にいても自宅にいても同じことだしね。

日本では『具合が悪い人は病院にいるもの』という固定観念が強いのかもね…Σ( ̄ロ ̄lll)

それと「保険制度」の違いは大きいよね。

アメリカとは全然違うしさ…。





何はともあれ…、

松井さん、早く元気な姿を見せてくださいね(^_-)-☆

Google
 
Web お客様のドメイン名

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/13

本日、当直してますよっ(>Д<)ゝ”

ただいま救急外来勤務をしている医療の質管理課きくきくです(>Д<)ゝ”

朝、出勤して通常勤務を行い、夕方から救急外来勤務というシフトです。

そして朝まで働いて勤務終了です…(´・ω・`)ショボーン



でね、本日の救急外来はね、たくさん患者さんが来ています。

急病の方もいるんだけどね、なんと言っても…、










救急車がたくさん来てます!!

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))








今日はなぜか「交通事故」ばかりです…ヽ(τωヽ)ノ

バイクの転倒事故とか、自動車の単独衝突事故とか…。

なかなかの重症者が多いのです。

緊急手術になってしまった患者さんもいるくらい。







こういった状況なので突然、受付に来てしまった患者はね、スッゴク待ってもらうことになっちゃうんだよね。

電話を一本かけてくれれば、状況も説明できるのに…。

たくさん待たせてしまった患者さん…、

本当にゴメンナサイm(_ _)m






今晩は、これからもまだまだたくさん患者さんが来るのかなぁ~。

みんなが元気でいてくれることを祈っています…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/12

研修医は何科がお好き??

MLBヤンキースの松井秀樹が「左手首を骨折」してしまい、連続試合出場記録「1768」で途切れてしまい、残念な医療の質管理課きくきくです (´・ω・`)ショボーン



さて、オイラは今朝も医療関連情報をチェックしていたらね、こんな調査結果が出ていました。








若手医師、脳外科離れ

激務・訴訟リスクを恐れ?

(朝日新聞 2006年05月12日07時10分)







記事によるとね…、

2年間の臨床研修後に脳神経外科を専門分野として選んだ若手医師が、数年前に比べ2割程度減ったことが、日本脳神経外科学会の調査で明らかになった。同学会理事会に11日報告された。理事らは「産婦人科医や小児科医などと同様、仕事のきつさや訴訟リスクが敬遠されたのではないか」とみている。

(↑ 原文から引用させていただきました。)



志望者減の理由は調べていないが、トラブルによる訴訟や昼夜を問わないなど厳しい勤務条件が原因で減っているとされる産婦人科医や小児科医と同じ構図とみる。

(↑ さらに原文から引用させていただきました。)





確かに「脳外科」って緊急を要する疾患が多いですよね。

クモ膜下出血とか脳挫傷とか…。

そして患者さんの背景とかわからない状態で治療しなくちゃいけないから、治療の効果が出ない、とか治療が成功する可能性が低いなどのリスクが高いんだと思います。





でもさ、こういった医師は必ずいなくちゃいけないですよね。

臨床研修制度の問題もあるかも知れないけど、卒前の医学教育自体にも問題があるのかな…。

(↑ 全く内容は知らないので、あくまでも感じ方です)





また医師を始めとした「医療従事者」を取り巻く環境は、年々厳しい状況になっていると思います。

医師については、各医療機関の努力だけでは、とても解決できる問題ではありません。

また大学病院の医局制度など、これまでの慣習が打開できずにいる現状も影響しているのではないでしょぅか??

国は、根本的なところには手をつけず、目先の部分で対応してきた結果なんだと思います。

訴訟などの部分は、医療界と法律家、そして患者側である「国民」が一体となって、今後の医療をきちんと考えなくちゃいけないと思います。

(↑ 実はさ、人はすべて「患者」の可能性があるんだけどね…)





こういった調査結果など、いろいろな情報や意見を考慮して、これからの「医療のあり方」をみんなで考えていければいいですね(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

献血って知ってますよね…Σ( ̄ロ ̄lll)

今朝、ニュースで見て、インターネットで情報を確認した記事があります。

それはね、こんな内容なんですよ。








献血「知らない」4人に1人…

献血未経験の若者

(2006年5月11日0時18分  読売新聞)








ちょっと待った~!!

献血って、そんなに知らないことなのっ!! (((゜◇゜; )(;゜◇゜)))

オイラは献血を数多くしているので、当たり前と思っていてんだけどさ。

「今どきの若者」は献血を知らない…(; ̄Д ̄)

(↑ 言い方が完全にオヤジです…ヽ(τωヽ)ノ  )






なんだか記事によるとね、

16歳から29歳までの献血経験者と未経験者各5000人を対象にインターネットで実施。未経験者のうち「献血を知らない」と答えたのは、26・2%に上った。





ホントですかぁ~(; ̄Д ̄)






でね、違う新聞の記事にはね…、

未経験者に献血しない理由(複数回答)を尋ねたところ「針を刺すのが痛くて嫌だから」が29%で最も多く、次いで「なんとなく不安だから」が28%、「健康上できないと思ったから」と「恐怖心」が23%だった。





確かに針を刺すのは、ちょっぴり痛いよね…(; ̄Д ̄)

でも人によってはスッゴク上手な方もいますよ(^^♪

選べないけどね…ヽ(τωヽ)ノ

さらに記事にはね…、

日本赤十字社が開設している各地の献血ルームのイメージについて、「暗い」と答えた人は、経験者の8・3%に対し、未経験者は20・6%だった。








…って行ったことないのに

『暗い』ってどういうこと??






オイラの感覚では、最近の献血ルームは「まんが喫茶」のような感じ。

ドリンクバーだし、雑誌もまんがもたくさんありましたね…。

献血中は、ベッドにテレビもついてしね。

いろいろと工夫している献血ルームが紹介されています。

記事はこちらからどうぞ(^^♪





献血の主旨をよく説明していないから、このような結果が生まれてしまうんでしょうね。

どうやら、献血者減少や献血の認知度の低さには、厚生労働省の方も困っているようです。

献血ルームの設備を充実させることも重要ですが、国民の理解を得るほうが先のような気がします…。

献血できる方は、年に1度くらいは献血してみましょうね。

無料で血液検査もしてくれるので、健康診断の変わりになるかもね(^_-)-☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/10

『剃毛』ってまだしてますか??

昨日の記事にね、「もーさん」からコメントをいただきました。アリガト!(´▽`)

でね、「剃毛(ていもう)」について聞かれたんだ。

コメント内ではオイラのいる病院の状況はお答えしたんだけど、今日はあらためて記載してみます。

(↑ でもね、完全に受け売りですから…)





もーさんが情報提供してくれた記事はね、

『儀礼としての「てい毛」』

患者さんは手術と言えば「剃毛」と想像していると思います。

実は、この「剃毛」を行うとね、






手術中の感染を起こす可能性が高まるのです!! (((゜◇゜; )(;゜◇゜)))






こういった手術に関連した感染のことを「SSI」と呼びます。

医療従事者の方なら聞いたことがありますよね。

「SSI」 (Surgical Site Infectionの略語です)

(「えすえすあい」(さーじかる さいと いんふぇくしょん) と読みます)

日本語でいうと「手術部位感染」ですね。

医療従事者が実施するための「感染予防対策」が細かく書いてあるサイトを紹介いたします。

見たことない方は一度、見てちょうだいね(^^♪

「日本看護協会 感染管理に関するガイドブック」

(手術部位感染は「24ページ」に記載してあります)






でね、こうした感染に対して、医療従事者は「感染予防対策」については、さまざまなことをしています。

「手洗い」や「マスク」、「手袋」とかが代表的ですかね。

他にも「抗菌薬の予防的使用方法」と「抗菌薬の選択方法」なんてこともありますよね。

皮膚切開30分前から投与開始、手術開始後3時間が経過したら追加投与…とかね。

手術に関しては「剃毛は実施しない」ということはスタンダードになりつつあります。






んん?? 「なりつつ」

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))






どうやら、こういった考え方は、すべての医療機関で実施されている保証はないのです。

聞いてみるとね、『ある診療科だけ実施しています』という答えも聞こえてくるんだそうです。

やっぱ、各医療機関の中で、何か阻害要因があるようです。





ちなみにこういった考え方は欧米では『当たり前』なんだと思いますけど…。

日本は「後進国」なのかな…Σ( ̄ロ ̄lll)

でもね、きっちりできている病院のたくさんあるはず。






患者さんになった時に医療従事者の「感染予防対策」をちょっとずつ観察していると、病院での待ち時間も楽しめますよ(^^♪

ここで患者さんが指摘してくれたら「患者参加型の医療」がひとつ実践できるようになりますね(^_-)-☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/09

メタボリックシンドローム…、みなさんは大丈夫ですか??

医療の質管理課きくきく、ちょっぴり気になる記事を発見しました。

それは何かって言うとね…、








内臓脂肪症候群、40歳超男性の半数危険 脳梗塞の原因??.





ダイエットしたい…、と思いつつ、特に何も取り組んでいないため、かなりヤバイ状態…Σ( ̄ロ ̄lll)

オイラ的には、体重の「増量キャンペーン」をしているつもりはないのですが、徐々に増えているような気がします…ヽ(τωヽ)ノ

そんな中で、このような記事を発見してしまったのです…。

でね、この記事では、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の判定基準を記載してありました。





メタボリック症候群の判定は、内臓脂肪の蓄積を示す目安としてウエストが男性で85センチ以上、女性で90センチ以上を必須条件とし、さらに血中脂質、血圧、血糖の二つ以上で基準値を超えた人を「疑いの強い人(有病者)」、一つ超えた人を「予備群」とした。

(↑ 原文を引用しております…(>Д<)ゝ”)





オイラ、現状では間違いなく、『予備群』です…。

今の状態で検査をしてみたら、もしかして…、








「確定診断」になっちゃうかも!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル








かなりヤバイです…ヽ(τωヽ)ノ

でね、こんな内容も書いてあるのです…






内臓への脂肪の蓄積は長い年月をかけて進んでおり、

30代の運動不足が40代で急増する

引き金の一因とみている。

(↑ 原文を引用しております…(>Д<)ゝ”)

でもね、ちょっとだけ明るい光が見えた文章もありました…。







調査によると、20代と30代では予備群を含めてもメタボリック症候群の該当者は男性で20%前後と低い。女性はゼロに近い。

これはダイエットの影響とみられる。

油の多い食べ物を控えて野菜を多く取ったり、たばこを吸っている人は禁煙をしたりするなど、生活習慣を少し変えるだけでも効果は大きい

(↑ またまた原文から引用です(>Д<)ゝ”)














おぉぉぉぉぉ~、もしかしてこれは今からでも間に合う!!

(↑ ちょ~プラス思考のオイラです…(; ̄Д ̄) )

たぶん、今からでも遅くない…かな。

少しずつでもダイエット頑張ろうかな(^^♪

でも目標を立てるのは、辞めとこ…。

自分、不器用ですから…ヽ(τωヽ)ノ

アホな記事でゴメンナサイ…m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006/05/08

電磁波による人体への影響ってあるんだ…Σ( ̄ロ ̄lll)

みなさん、ゴールデンウィークはどんな風に過ごされましたか??

オイラは、ちょっぴりお疲れモードデス・・・Σ( ̄ロ ̄lll)







さて、大型連休が明けたら、病院宛に「ある文書」が郵送されてきました。

文書の内容はね、

『スマートキーシステムと植込み型心臓ペースメーカ及び植込み型除細動器との相互作用について』

(↑ 文書の内容については、こちらをクリックしてね(^^♪ )





ん?? これって何だろう…、と思い文書を読み出したらね、

これは…、国民全体が知っていたほうがよいことみたいですよ!!

内容の一部を紹介いたします…。

↓  ↓  ↓  ↓


スマートキーシステムのアンテナ部(発信機)から発信される電波が植込み型心臓ペースメーカ等に影響を及ぼすことが全ての会員会社にて、確認されました。試験における影響の程度は以下のとおりです。

(1)いわゆるスマートキーシステムの車載アンテナ部から発信される電波による影響は、いずれもレベル2 以下*に相当する可逆的なものであり、アンテナ部からの距離が、携帯電話端末における影響防止の目安とされている22cm を超えれば、一般に相互作用の発生の懸念がないことが確認されました。
* ペーシングパルスの抑制または設定されたパルス間隔の延長が発生した状態、もしくはペーシングパルスが抑制される設定において不要なペーシングパルスが発生した状態であり、その場を離れること等により影響がなくなるもの。

(2) いわゆるスマートキーシステムの通信機器(携帯機)から発信される電波による影響はありませんでした。

(3) 植込み型除細動器における除細動機能への影響はありませんでした。

(↑ 原文から引用しました)






もっと知りたい方はこらちで確認してくださいね。

図式で説明している部分もありますからね(^^♪

それにしても大変なことが起きてるみたいですね…ヽ(τωヽ)ノ

ペースメーカーの入っている患者さんだけでなく、対象の車に乗っている方もよく知っていたほうがいいみたいですよ。







そういえば先週ね、某テレビ局のドラマ「医龍」で、電磁波によるペースメーカー不良みたいな内容を取り上げていました。

(↑ 簡単なストーリーはこちらから)

このことを知ってか知らずか…。







それにしてもさ、こういったことは国や自動車メーカーも、よ~く宣伝したほうがいいですよね!!

自動車会社は、自分達の不利益になると言わないのかな。

どうなんでしょうね…ヽ(τωヽ)ノ

医療機関は当然、患者さんに影響が出ないよう、しっかり説明して行きますよね。

でもさ、こういったことを医療機関だけに負担をかけるのじゃ、患者さんの安全は確保できせん。

みんなで安全な環境を作って行きましょう!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/05/07

質安全エキスパートセミナーやってます  (>Д<)ゝ”

医療の質管理課きくきく、昨日は夜遅くまで会議をしておりました…(; ̄Д ̄)

会議をしていた施設に宿泊しました。

ツインのお部屋を一人で使用することができ、広々としていていいよかったです。

でもね…、寝るだけのためのお部屋だったので、あまり意味がなかったかな??

でね、昨日もちょっとだけ書いたけど、この施設ではただいま、










NDP質安全エキスパート養成セミナーを

開催しています(>Д<)ゝ”










ゴールデンウィークの中、参加者は29名います。(TдT) アリガトウ

関東近郊のみならず、遠くから参加されている方もいらっしゃいます。

また職種もさまざまであり、医師や看護師、薬剤師だけでなく、放射線技士、理学療法士、栄養士、事務の方々…。

ホント熱心にお勉強されていますよ!!

なんだか参加者の中にはね、スゴイ方もいらっしゃいましたよ!!

数日前は病院長から「研修に参加して来なさい」と言われ、




何の研修かもわからず、

参加してしまった

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))




来てみてビックリしたそうです。

何を言ってるかわからない状況もあったみたいですけど…Σ( ̄ロ ̄lll)

でもね、スゴク勉強になると話されていましたよ。

(↑ お世辞かな??)



オイラはせっかくこの会場に来ているので、一緒に講義を受けております。

興味がある方は、是非、参加してみてくださいね(^_-)-☆

最後に少しだけセミナーの様子の写真を紹介しますね(^^♪

Img_0012_2  Img_0007

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/06

NDPタスク準備会議をしてます(>Д<)ゝ”

医療の質管理課きくきく、ただいま船橋にいます。

理由はね、NDPのタスク準備会議です…ヽ(τωヽ)ノ

ゴールデンウィークの真っ只中ですが、みんな熱心ですね。

オイラはね、この会議に今日のお昼すぎから開始なんだけどね、参加メンバーの一部の方は、昨日からこの場所に来ているのです。

なぜか?? っていうとね、同じ場所で…、








NDP質安全エキスパートセミナーを

開催しているからです

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))







でね、今日のタスク準備会議のスケジュールはね…、










13時から23時までです!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル










途中で夕食の時間もあるんだけどね。

実際、夕食の時間はあったんだけどさぁ~。

夕食の時間まで打ち合わせの続きをしていました…Σ( ̄ロ ̄lll)

そして、実際に会議が終了したのはね…、



















23時40分です・・・(; ̄Д ̄)







やっぱ、かなり疲れました…Σ( ̄ロ ̄lll)

一応、会議は今日で終わりだと思うんだけどねぇ~。

明日の朝、続きをするって言い出さないことを祈ってます。



ちなみにこの記事は、休憩時間等に徐々に書いていったものです。

決して会議時間をサボって書いていたのではありませんよ(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

どうする??これからのお産事情…Σ( ̄ロ ̄lll)

かなり気になる新聞記事を発見・・・。

記事は下記のとおりです。




産科アンケート 大野病院医師逮捕

8割「影響ある」

 福島県立大野病院(大熊町)の医療事故に伴う産婦人科医逮捕をめぐり、河北新報社の産科医療アンケートで8割の病院が「影響が出ている」と答え、医療現場に波紋を広げていることが明らかになった。小規模病院が難しい症例の患者受け入れをためらったり、医師派遣を中止したりする動きが出ているほか、産科医志望者の減少傾向の拡大を懸念する声も上がっている。

 医療事故は帝王切開手術で癒着胎盤を取り除く際、大量出血で患者が死亡。産婦人科は常勤医1人体制で、癒着胎盤は数千人に1人とされる症例だった点や、国が明確な基準を示していない「異状死」の届け出義務違反も逮捕容疑となったことから、日本産科婦人科学会などは「逮捕は不当」とする声明を出した。

 アンケートには東北6県の病院91カ所が回答。医師の逮捕に発展した医療事故の影響について、63カ所が「出ている」と答え、産婦人科・産科が休診中の12カ所を除くと8割に上った。「出ていない」は12カ所、「分からない・無回答」は4カ所だった。

 具体的な影響は、診療面が23カ所と最も多い。「大量出血が予想される症例は扱わない方向」(秋田・公立病院)、「訴訟を起こされるようなリスクを伴う患者の診察が怖い」(福島・公立病院)など、地域医療の現場に微妙な影を落としている。

 「大学による医師派遣中止・引き揚げ」は13カ所で、派遣を受ける側は「1人体制の病院には大学が派遣しない」(秋田・民間病院)、「中規模の病院からも引き揚げるといううわさがある。妊婦が通院に時間がかかるようになると、社会問題化する」(岩手・公立病院)などと指摘。一方の大学病院は「1人体制は医療事故のリスクが高く、撤退するしかない」との意見を寄せた。

 産科医を志す若手の減少を危惧(きぐ)する声も強く、「産婦人科を選ぶ研修医は激減する」(宮城・公立病院)、「産科を辞める医師がいる」(大学病院)などが10カ所に上った。
 「影響は出ていない」と答えた病院も、「同様のこと(逮捕)が続けば、医療の委縮につながる」(山形・公立病院)と将来的なマイナス面を不安視する。

 逮捕については「不当」とする声が圧倒的に多く、9割を超えたが、「医師の準備不足など複合的な要因があり、何とも言えない」(青森・公立病院)と慎重な見方を示す回答もあった。

[福島県立大野病院の医療事故]2004年12月17日、産婦人科医による帝王切開手術中に女性が死亡。病院の医療事故調査委員会は05年3月、死因を「癒着胎盤の剥離(はくり)による出血性ショック」と認定、事故の要因に(1)癒着胎盤の無理な剥離(2)医師の不足(3)輸血対応の遅れ―を指摘した。福島県は医療ミスを認めて遺族に謝罪、産婦人科医を減給1カ月の処分にした。福島県警は今年2月、産婦人科医を業務上過失致死と医師法違反の疑いで逮捕した。

 ◇大野病院医療事故の主な影響
 【診療面】
○ハイリスク症例のたらい回し(岩手・公立病院)
○医師の診療意欲が喪失(宮城・公立病院ほか)
○医師がリスクの高い手術を拒否(秋田・民間病院)
○医療過誤防止のため帝王切開手術が増加(秋田・公立病院)
○帝王切開の手術説明に「死亡もあり得る」などと追加(秋田・公立病院)
○危険が予想される患者はあらかじめ大病院へ搬送(福島・公立病院)
 【医師派遣】
○大学による1人体制病院からの医師引き揚げ・応援打ち切り(宮城・公立病院、福島・公立病院ほか)
○医療事故のリスクが大きい1人体制病院から撤退(複数の大学病院)
 【産科医志望者の減少】
○産婦人科の研修医が激減(山形・公立病院ほか)
○医師が産科を辞めた(大学病院、宮城・民間病院)
 【その他】
○大野病院と同じ体制のため患者が過剰・過敏に反応(福島・公立病院)
○警察への「異状死」の報告件数が増加(秋田・公立病院)

    (河北新報) - 5月5日7時4分更新







今後、東北にお住まいの方が『お産』をする場合、どうするのでしょうね。

これって、何気に「東北」だけの問題じゃなく、各地で同じような状況は発生していると思います。

こんな状況じゃ~、日本の産科診療の現場は、どんどん萎縮していくことにつながっていくのでしょうか??

安心して「お産」が受けられる場所が確保できなければ、少子高齢化は進むばかり・・・。

どうする・・・、これからの日本における「お産」事情は・・・ヽ(τωヽ)ノ





「子供の日」にこんな内容でゴメンナサイ・・・m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/04

コンタクトレンズユーザーは確認して!!

救急外来勤務明けの医療の質管理課きくきくです。

やっぱりたくさん患者さんは来院されましたよ・・・。

お昼過ぎにお家に帰ってきてから爆睡してしまいました。






でね、医療関連の情報をなんとなくチッェクしていたら、以前にも取り上げた記事の追加情報が掲載されてました。

それはね・・・、






「マルチプラス」でも角膜炎の疑い=日本でも販売-米ボシュロム

 【ニューヨーク3日時事】米コンタクトレンズ大手ボシュ・アンド・ロム(ボシュロム)は3日、同社のレンズ洗浄液「レニュー(ReNu)」の使用で角膜炎に感染する恐れがあるとされる問題で、米食品医薬品局(FDA)の警告を受けて出荷を自主停止している「レニュー・モイスチャーロック」だけでなく、日本でも販売されている「レニュー・マルチプラス」についても感染例が報告されていることを明らかにした。
 ボシュロムは前日夜、米疾病対策センター(CDC)から暫定調査結果を通知された。同社は声明で、FDAとCDCの調査には協力するとしつつも、同製品の出荷を停止する考えのないことを示唆した。 (時事通信) - 5月4日11時1分更新





以前は、海外のみの製品だったけど、今回の商品は日本国内で販売されているじゃないですか??

オイラが使用しているものをチェックしてみたらね・・・、











レニューマルチプラス!!

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))




おっと、該当商品でしたよ!!

でもさ、出荷停止しないってことは問題がないってことなのかな。

新たな追加情報を期待しています・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

今日は当直です・・・(>Д<)ゝ”

医療の質管理課きくきく、本日から『5連休』ではありません。

本日は夕方から・・・、






救急外来で勤務しております

(>Д<)ゝ”






世間は、ゴールデンウィーク・・・。

休日当番医は「昼間のみ」の対応なので、オイラがいる病院には、夜間には患者さんがたくさん来院されます。

ちなみに本日の当番医師は・・・、

内科・泌尿器科・脳外科・呼吸器外科・消化器外科・産婦人科、そして小児科です。

小児科医師がいる休日は、当然のように混雑しております

(>Д<)ゝ”

だから来院される方は、お電話してから来てくださいね(^^♪







それとね、こういう日にたくさん来るのは、『救急車』です!!

今日はどれくらい来るでしょうか・・・。

患者さんが来院されないほうが、『みんな元気』ということで、良いことなんですけどね。

具合が悪い方は、遠慮なく病院に来てくださいね(^_-)-☆

とりあえず、頑張って働きますっ (>Д<)ゝ”

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/02

DPC導入となりました(>Д<)ゝ”

オイラがいる病院はね、昨日からDPCが導入となりました(>Д<)ゝ”

・・・って言っても、「DPC」とは何者?? という方も必ずいるはず・・・。

なので、ちょっぴり解説します。






Diagnosis Procedure Combination

頭文字をとって「DPC」です(>Д<)ゝ”




日本語でいうとね・・・、『診断群分類別包括評価』の支払制度のということです。

まぁ、こんな説明じゃまだまだ意味がわかんないと思うので、解説してくれているサイトを紹介しときます。

こちらをクリックしてね(^^♪






でもさ、DPC・・・いろいろと準備はしてきたけど、大丈夫なんでしょうか。

オイラ自身は心配ですが、みんなの努力でなんとかなるのでしょうね。

今、いろいろな意味で病院の中は変わってきています。

ただ、この制度の変更については・・・、



もっと国がちゃんと説明してほしいです!!



もちろん、現場での説明は必要なんだけどね。

けどね、すべてを現場で説明するのはホント大変なんです・・・。

なんとかなりませんかねぇ~ヽ(τωヽ)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

今日は暑いっす(; ̄Д ̄)

いや~、今日は暑かったですねぇ~(; ̄Д ̄)

「30度」を越えたところもあったみたいですね・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

ちみなにオイラのいる地方は「29度」だったみたいですよ・・・。

こんな日が毎日続くのか・・・、と思ってもきっと続かないのが、今の時期のお天気。

今日、あまりにも暑かったので、ブログのデザインを変えてみました。







ウォームビズからクールビズ

(↑ 以前、使用していたものに変えただけですけど・・・)







気持ちだけでも涼しく感じたいオイラです・・・ヽ(τωヽ)ノ

でもさ、ブログのデザインって、なかなかいいものが見つかりませんね。

っていうか、オイラが使いたいテンプレートがないだけなんですけど・・・。

ちなみに、何ならいいかは、わかりませ~ん ( ゚Д゚)ポカーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »