« 本日、当直してますっ(>Д<)ゝ” | トップページ | 映画、観にいってきました(>Д<)ゝ” »

2006/06/03

お医者さんの数はどれくらいが適切??

救急外来勤務明けの医療の質管理課きくきくです。

お家に帰ってきて、午後から寝てしまい、ついさっきまで寝てしまっていました。

この調子じゃ、昼間と夜が逆転してしまいそうです…Σ( ̄ロ ̄lll)

でもね、まだまだ眠れそうなオイラです…(^^ゞ









さて、こんな記事を見つけましたよ。

「医師不足は適正配置で」保健医療科学院が予測と提言

大学医学部の定員を広げて医師の数を単に増やしただけでは、30年経過しても病院の医師不足は解消しない―。

Click here to find out more!

 こんな将来予測を国立保健医療科学院の長谷川敏彦・政策科学部長がまとめた。

 医師不足の対策は、医師の増員より、医師の適切な配置が重要であることを示す研究成果として注目される。

 予測は、2040年までの医師数と患者数の需要と供給のバランスについて解析したもの。

 現在は、患者数に対して、必要な医師の数が少ない状況になっているが、20~30年後にはこの需給バランスが均衡し、数の上では医師不足とは言えなくなるという。

 しかし、医師は労働条件の厳しい病院勤務から、開業したり診療所に移ったりする傾向も加速するため、病院勤務医は将来も横ばいか、微増にとどまると予測。

 一方、高齢化の進展で、入院患者は増え、病院で医師が足りない「ミスマッチ(不均衡)」は続く可能性が高いことが示唆された。仮に、医学部の定員を現在の5%増やした試算でも、この傾向に大きな変化はなかった。

 長谷川部長は「いまから医学部の定員を増やすより、現在の病院と診療所の医師の配置や外来患者について、調整することが重要ではないか」としている。

(2006年6月3日20時5分  読売新聞)






昨日の夜、ちょっとだけしか見れらなかったけど、NHKの番組でも「医師不足」について取り上げてました。
救急外来勤務中だったので、あんまり見れなかったけど・・・。
患者数と医師数のバランス…、どれくらいが適正かなんて、簡単には言えないよね。
たくさん医師が集まっている病院も必ずあります。
逆に、町にひとつしかない病院に医師がほとんどいない…、なんてことも聞いたことあります。
医師個人の努力だけでは解決できない問題ですね。
これからどうなっていくんだろう…。
新聞記事で記載されている予測の頃には、オイラは60代となっているはず。
このままでは、非常に心配です…ヽ(τωヽ)ノ

|

« 本日、当直してますっ(>Д<)ゝ” | トップページ | 映画、観にいってきました(>Д<)ゝ” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/10379320

この記事へのトラックバック一覧です: お医者さんの数はどれくらいが適切??:

« 本日、当直してますっ(>Д<)ゝ” | トップページ | 映画、観にいってきました(>Д<)ゝ” »