« ホスピタルショウに行ってきました(>Д<)ゝ” | トップページ | 心電図モニターのアラームは狼少年?? »

2006/07/14

喫煙者も大変ですねぇ~ヽ(τωヽ)ノ

今日も暑いですねぇ~ヽ(τωヽ)ノ

昨日は午後から外出したのですが、本日は通常どおり「病院内勤務」です。

やっぱ、エアコンがあると涼しいので快適です(^^♪








新しい職場に勤務するようになってから、今までしていた「医療関連情報」をチェックするは、

いつも『お昼休み』になっています。




でね、お昼休みに入る前に、職場内の年齢が一番近い男性職員と『お昼休みの過ごし方』について話してたんだ。

どうやらオイラはどうしてるのか、心配してくれたみたい。

そんな中で、会話の内容は、「タバコ」に変わっていきました。

オイラはもともと吸わない人です。

しかし彼は、「愛煙家」。お昼も食事の後には「必ず一服」がしたいそうです。

しかし、最近の病院内では…、












敷地内禁煙なのです!!

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))










これって、愛煙家にとってはツライ仕打ちですよね。

彼は、外の喫茶店などに行って食事を取り、その後にお決まりの「一服」。

病院の敷地から出てすぐにある『喫茶店』に行くそうです。

その喫茶店は、以前は「閑古鳥」が鳴いているようなお店だったそうです。

でもね、病院が『敷地内禁煙』を決めて以来、お昼休みの時間帯は…、












大繁盛しているそうです!!

(((゜◇゜; )(;゜◇゜)))










このお店にとっては、「敷地内禁煙」がもたらした嬉しい悲鳴でしょうね、

しかし、これからの病院はますます「敷地内禁煙」となる病院が増えていくでしょう。

今、何かビジネスを考えている方。

病院の敷地から出てすぐの土地が空いていたら「買い」です!!

喫茶店を経営してみてはいかがですか??

もちろん「喫煙喫茶店」が大前提ですけどね(^^♪







おっと、これでは喫煙のススメみたいですね。

禁煙したい喫煙者の方にも、新しい薬が承認されたようなので紹介としきますね

ファイザー、新型禁煙薬承認申請

 米系ファイザー(東京・渋谷)はニコチンを含まない新タイプの経口禁煙薬「バレニクリン」(一般名、米国の製品名はチャンティックス)の製造販売承認を厚生労働省に申請した。脳内でニコチンが作用する受容体に結びつき、喫煙と同様の状態を作って禁煙を助ける。飲む禁煙薬は国内では初。禁煙の機運が高まっており、販売の拡大が見込まれる。

 バレニクリンは5月に米食品医薬品局(FDA)から承認を受けた。8月にも米国で発売の予定という。海外の臨床試験でバレニクリンを12週間服用した結果、44%の患者が禁煙に成功した。たばこを吸った時にニコチンの作用をブロックする働きもあり、喫煙の満足感を抑える効果もあるという。 [2006年7月14日/日経産業新聞]




機会があったら是非、トライしてみてね(^_-)-☆

|

« ホスピタルショウに行ってきました(>Д<)ゝ” | トップページ | 心電図モニターのアラームは狼少年?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/10933315

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙者も大変ですねぇ~ヽ(τωヽ)ノ:

» タバコと健康について [年金生活者・アフィリエイトへの挑戦]
たばこを吸う親は、受動喫煙の形で乳幼児を肺癌のリスクにさらしていることが、米医学誌5月号掲載の研究で明らかになった。 [続きを読む]

受信: 2006/07/15 10:06

« ホスピタルショウに行ってきました(>Д<)ゝ” | トップページ | 心電図モニターのアラームは狼少年?? »