« なぜ厚生労働省は動かない?? | トップページ | 元気な男児が生まれました!! »

2006/09/05

みなさんの『胃』は大丈夫??

新しい職場で働き始めて「3ヶ月目」に入ったオイラ。

それなりにお仕事にも慣れてきた感じです。

今、オイラがしている主なお仕事は「入院ベッド管理」です。

でね、いろいろと気を使うことも多く、今まで担当したことのある方の中には、「胃潰瘍」になってしまった方もいるとか…Σ( ̄ロ ̄lll)

オイラは今のところ、特に異変はないんですけどね~(^^♪

でね、そんな中で今日はこんな記事が掲載されていたので紹介しますね。





ピロリ菌感染歴、胃がんリスク10倍 厚労省調査

人の胃にすみ着く細菌ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)に感染したことがある人は、全く感染したことがない人に比べ、胃がんになるリスクが10倍に跳ね上がることが、全国4万人余を対象にした厚生労働省研究班の大規模疫学調査でわかった。ピロリ菌と胃がん発症との因果関係が一段と濃厚になってきた。28日から横浜市である日本癌(がん)学会で報告する。

 90~95年に全国10地点で40~69歳の男性約1万5300人、女性約2万6700人に血液を提供してもらい、経過を追ったところ、04年までに512人が胃がんになった。保存血液でピロリ菌感染を調べ、胃がんにならなかった人と比べた。

 その結果、採血時にピロリ菌陽性の人たちの胃がん発症リスクは、陰性の人たちの5.1倍だった。

 菌の感染で胃炎が進むと、胃の中の環境が変わり、ピロリ菌がすみにくくなる。こうした場合は陰性に含まれてしまうため、研究班が他の指標も併用して採血時までの感染歴の有無で比べると、感染歴のある人たちが胃がんになるリスクは、感染歴のない人たちの10.2倍に達した。

 ただ、ピロリ菌感染歴があっても、胃がんを発症するのはごく一部とみられる。

 研究班によると、抗生物質でピロリ菌を除菌しても胃がんを防げるかどうか、現段階でははっきりしていないという。除菌は現在、胃や十二指腸潰瘍(かいよう)に限って公的保険が適用されている。

 研究班の笹月静・国立がんセンター予防研究部室長は「除菌も選択肢の一つだが、現時点では喫煙や塩分の高い食事など、がんの危険を高める生活習慣を改めることがより大切だ」としている。

(朝日新聞 2006年09月04日21時05分)







そっかぁ~。いろいろと勉強になります…(>Д<)ゝ”

ピロリ菌の除菌ってことは聞いたことがありますね。

一人暮らしの生活で、バランスを崩さないよう気をつけたいと思います…Σ( ̄ロ ̄lll)

でもさ、今さら遅いかな~ヽ(τωヽ)ノ

みなさんも気をつけてくださいね(^_-)-☆

|

« なぜ厚生労働省は動かない?? | トップページ | 元気な男児が生まれました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/11773176

この記事へのトラックバック一覧です: みなさんの『胃』は大丈夫??:

» ピロリ菌で胃がんが5倍! 除菌療法は無効? [Sakeys Shangrila / サーキーズ シャングリラ ]
 ピロリ菌既感染者は胃がんになる確率が非感染者に比べ5倍以上という報告がまとまり [続きを読む]

受信: 2006/09/05 21:33

« なぜ厚生労働省は動かない?? | トップページ | 元気な男児が生まれました!! »