« 検診での適切な診断方法の検証は… | トップページ | みなさんのお家は大丈夫?? »

2007/04/15

難しい判断基準です…ヽ(τωヽ)ノ

以前から取り上げられている「終末期医療」についてのあり方。

本当に難しい問題ですよね・・・ヽ(τωヽ)ノ

死を迎える患者の「尊厳死」については、患者さんの意思を尊重するの大前提。

そうした上で、医学上での「延命治療の中止となる基準」をはっきりさせておく必要があると考え、研究班が検討していました。

その研究班が報告書をまとめたとして記事が紹介されていました。


疾病ごとに延命中止基準、終末期を定義

尊厳死協会研究班報告

 「尊厳死」の法制化を目指す日本尊厳死協会の研究班は14日、がんなど疾病ごとに延命治療(措置)中止の判断基準となる「末期(まつき)(終末期)」の定義などを挙げた独自の報告書をまとめた。

 手続きを重視した厚生労働省の終末期医療の指針より踏み込んだ内容で、今後の法制化を巡る議論などのたたき台になるが、すでに患者団体から死を誘導しかねないと反論が出ている。

 報告書は、尊厳死を迎えるための医学的条件などを提示した。まず「総論」で、厚労省指針で触れていない「末期」や「不治」の定義、延命治療を中止する条件を掲げた。その上で、各論として、「がん」「呼吸不全・心不全・腎不全」「持続的植物状態」、全身の筋肉が動かなくなる「筋委縮性側索硬化症(ALS)」の延命治療が議論となる代表的な疾患に、「高齢者」「救急医療」を加えた計6パターンについて治療中止の条件などを記載。

 総論の定義では、末期を「不治(と判定された)時から死までの時期」とし、「不治」を「あらゆる治療行為に効果が期待できず、死への進行が止められなくなった状態」とした。

 さらに、治療の中止条件として、〈1〉患者に延命治療を中止する意思がある〈2〉複数の医師の意見が一致している〈3〉尊厳ある生の確保と苦痛の除去を目的とする――の3点を明記した。

 各論では、「がん」の末期を「治療の効果がなくなり、ケアが中心となった時期から死に至るまでの期間」と定義。その末期の治療で有害な反応が出た場合などに、中止や差し控えできる行為として「栄養・水分の補給」「人工呼吸器の装着」などを挙げた。

 ALS患者では、「患者本人が、明確な意思表示を繰り返した」「無呼吸テストで自発呼吸がない」ことなどを、人工呼吸器を取り外せる条件とした。ALSの末期の定義は人工呼吸器でしか生存できない状態としたが、専門家の間でも議論が分かれており、最終的には「患者自身が判断すべき問題だ」とした。

 こうした内容に、川口有美子・日本ALS協会理事は、「一見、患者の自己決定を基本としているが、周囲が患者(の死)を誘導する可能性もあり、危険な内容だ」と批判する。

 日本尊厳死協会理事長で、研究班長の井形昭弘・名古屋学芸大学長は「尊厳死を巡る議論に一石を投じたかった。さらに議論を深めた上で法制化を求めていきたい」と語った。

 日本尊厳死協会 治る見込みがない病気の末期に、無意味な延命措置をやめ自然に死を迎える権利の確立と法制化を目指す。1976年設立。会員数は約12万人で医師、法律家らも含まれる。死期が迫ると尊厳死の意思を文書で示す「リビング・ウィル」を医療者に提示する。

[解説]法制化議論に影響独り歩きの懸念も

 今回の報告書は、昨年、富山県の病院で患者の人工呼吸器が外された問題の発覚を受けて、議論されてきたものだ。国の指針で先送りされた末期の定義や延命治療の中止条件を示したが、対象疾患を限定するなど、完全なものとは言い難い。

 報告書で示された医学的な定義や条件は、現在、国会議員有志が検討している尊厳死法制化の議論にも影響する。不完全な内容でも、広範な議論の一助として世間に問いたいという協会の考えは分かる。だが、協会には医師も多く、この報告書はあくまでたたき台だということを伝えないと、医療現場が「中止指針」として受け止め、独り歩きすることも懸念される。

 尊厳死は患者の自己決定が前提だ。ただ、患者は家族が抱える看病の労苦や経済的な負担を考え、本当の意思とは逆に治療を拒否する可能性もある。定義や条件も大事だが、患者の本心をくみ取ることができる態勢のあり方も模索して欲しい。(科学部 高田真之)

(2007年4月15日  読売新聞)





難しい問題なだけに、この報告書の内容についても「賛否両論」となってしまうのは仕方ないことだと思います。

ただ重要なことは、こういった議論自体が『公』に行われているということ。

今までは議論すらされていなかったし、現場の医師に判断だけで進められてきたみたいだしね。

患者さんや家族の立場となる国民全体が、この事実を知った上で治療方針にも加わっていけるような医療の環境になるといいですね。

|

« 検診での適切な診断方法の検証は… | トップページ | みなさんのお家は大丈夫?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/14686164

この記事へのトラックバック一覧です: 難しい判断基準です…ヽ(τωヽ)ノ:

» 難病!パーキンソン病を正しく理解する [パーキンソン病 徹底情報収集]
パーキンソン病(−びょう、英Parkinson's disease)は、脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系徴候を示す病気の一つ。[疾患] [続きを読む]

受信: 2007/04/15 14:59

» 医療事務員が語るネタ [医療事務員が語るネタ]
これから医療事務を目指す方、まだどうしようかと迷っている方、なりたい自分になるために・・・ぜひ参考にしてみてください。 [続きを読む]

受信: 2007/04/15 21:42

« 検診での適切な診断方法の検証は… | トップページ | みなさんのお家は大丈夫?? »