« やったぜっ!!松坂大輔!! (*^―゚)b | トップページ | 今日は「選挙の日」ですね(^^♪ »

2007/04/07

みんなで考えよう「終末期医療」のあり方

今日はいいお天気ですね(^^♪

お休みなオイラ、あんまりにもお天気がよかったので・・・、

ゴロゴロしてます・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

というのはウソで、ホントはお休みにしかできないようなことをしてます(^^ゞ





そんなお休みの中でも、医療関連ニュースをチェックしてしまうオイラ。

もう習慣になってしまっているオイラ・・・、職業病を通り越してしまっているのでしょうか・・・ヽ(τωヽ)ノ

でね、気になった記事はね、こちらです(^^♪



終末期医療で大規模意識調査へ ガイドラインの影響も

厚生労働省は、終末期医療について、国民や医療従事者の意識変化を探る大規模調査を来年初めにも実施することを決めた。終末期医療をめぐっては、国として初のガイドライン(指針)が9日にも同省の検討会でまとまる見込み。同省は「指針づくりは対策の第一歩」としており、意識調査を踏まえて、国民の合意を得られる施策を進めたい考えだ。

 調査対象は一般の人のほか、医師や看護師、介護・福祉施設職員などを想定している。今年秋ごろをめどに有識者でつくる検討会を設置。検討会は具体的な調査方法や設問などを固め、結果を受け今後の終末期医療の在り方について提言する。

 終末期医療をめぐる意識調査はこれまで平成5、10年、15年にも実施。前回15年2~3月に約1万4000人を対象にした調査では、延命治療を望むかどうかを事前に書面で意思表示する「リビングウイル」に賛成する人が、初めて一般国民の過半数を占めた。

 また延命治療の中止などを決める手順に悩んでいる医療従事者が多いことも判明。これを受け現在検討中の国の指針案には、延命中止を決める場合の手続きなどが盛り込まれた。

 今回の意識調査も同規模程度で実施。指針策定後になるため、厚労省は指針が医療現場に与える影響についても調べる意向だ。

 昨年3月、富山県の射水市民病院で人工呼吸器取り外しが発覚したことをきっかけに、終末期医療に対する関心が高まり、意識が変化している可能性もある。厚労省は「この問題には国民の合意が欠かせない。調査結果を新たな対策の基礎資料にしたい」としている。

(Sankei Web 2007/04/07 15:03)





国もやっとだんだんと動き始めましたよね。

検討会で作成している「ガイドライン」もまとまるようだしね。

そして、これから現場の声も聞いてくれるみたいだし・・・。

患者さんの立場、家族の立場、医療従事者の立場・・・、それぞれの意見があると思います。

みんなが納得する形で『最期を迎える』ということを考えて行きたいですよね。

とりあえず、『ガイドライン』がどんな内容になっているか興味津々なオイラです(^^♪

|

« やったぜっ!!松坂大輔!! (*^―゚)b | トップページ | 今日は「選挙の日」ですね(^^♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/14590908

この記事へのトラックバック一覧です: みんなで考えよう「終末期医療」のあり方:

» 今が旬!!ペチュニア [季節の花日記]
元ホームセンター植物担当が教えるオススメの花です。 今出回っている花で人気なのが、ペチュニアです。 [続きを読む]

受信: 2007/04/07 16:25

» ワキガ治療でワキガを治す方法 [ワキガ治療でワキガを治す方法]
ワキガ治療を考えるほど悩みを持っている方向けにワキガを治すにはどうしたらいいか [続きを読む]

受信: 2007/04/07 19:39

« やったぜっ!!松坂大輔!! (*^―゚)b | トップページ | 今日は「選挙の日」ですね(^^♪ »