« 高齢者人口の推移は見込んではずでは?? | トップページ | 難しい判断基準です…ヽ(τωヽ)ノ »

2007/04/14

検診での適切な診断方法の検証は…

今日はいいお天気ですよねぇ~(^^♪

暑いくらいの陽気で、おでかけしたくなるような日ですね。

そんな日でも医療関連ニュースはチェックしてしまうオイラです・・・。

今日、気になってしまったのは・・・、






検診におけるガンの早期発見に向けた

検診方法の検証ですっ(>Д<)ゝ”






取り上げられている疾患は「乳がん」です。

関連記事は下記のとおりです(>Д<)ゝ”


「エックス線+超音波」有効か…乳がん検診12万人調査

厚生労働省は、早期発見による乳がん死亡率の低減を目指し、エックス線と超音波を組み合わせた検診システムの有効性を検証することを決めた。

 40歳代女性12万人を対象に、エックス線単独の検診と併用検診を比較、受診者を追跡調査して総合評価を行う。検証期間は今年度から4年間。効果が実証されれば、現場への導入推進を検討する。

 厚労省によると、国内では年約3万7000人(2000年)の女性が乳がんを発症、乳がんで亡くなる人は年1万人を超える。

 乳房エックス線撮影(マンモグラフィー)は、視触診だけの検診よりも、早期の小さながんを見つけることができるとされ、厚労省の検討会は2004年に、エックス線の利用を勧める指針を示した。

 しかし、エックス線は、乳房に乳汁を作る組織の詰まっている40歳代女性の場合だと、がんを見落とすケースが少なくなく、エックス線検診が死亡率の減少につながるかどうか、疑問視する声もある。

 一方、超音波検査は、40歳代の女性でもがんを発見する能力が高いとされ、都市部の検診機関などで導入する動きが目立っているが、有効性を裏付けるデータが十分でない。

 厚労省の計画では、対象者を6万人ずつ、エックス線検診のみと、エックス線と超音波検査を両方受診する2組に分ける。乳がんの罹患(りかん)率、死亡率、その他の病気による死亡率なども調査し、有効性を評価する。厚労省は、併用検診により、受診者の乳がん死亡率が3割減少する可能性もあるとみている。

 検診法の違いによる比較だけでなく、乳がんの家族歴、本人の既往歴などの要因別にも、乳がん発見率やがんの進行度などを比較し、最適な検査方法を突き止める。研究リーダーは、東北大大学院の大内憲明教授が務める。

(2007年4月14日16時1分  読売新聞)




特に「早期発見」が重要であり、再発率も高いとされる疾患だからなんでしょうね。
今までの検診方法・・・「マンモグラフィー」だけから、さらに「超音波検査」の併用で『発見率』を向上させる方法が有効なのか。

こういった方法を検証するようです。

よりよい方法を追求していくことで、「早期発見率」が向上すれば、患者さんは安心ですよね(^^♪




検診での早期発見・・・、オイラの健康診断での再検査。

『胸部異常陰影』も気になっているところです・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

|

« 高齢者人口の推移は見込んではずでは?? | トップページ | 難しい判断基準です…ヽ(τωヽ)ノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/14676827

この記事へのトラックバック一覧です: 検診での適切な診断方法の検証は…:

» 乳がんの名医はこの人! [乳がんの名医はこの人!]
乳がんの名医はこの人! [続きを読む]

受信: 2007/04/18 03:13

« 高齢者人口の推移は見込んではずでは?? | トップページ | 難しい判断基準です…ヽ(τωヽ)ノ »