« みんな感じているようです…ヽ(τωヽ)ノ | トップページ | 現場が守れる「指針作り」を!! »

2007/07/03

こんなところも「統廃合」…Σ( ̄ロ ̄lll)

なんだかまだ調子が完全に戻っていないオイラ・・・。

咳が止まらず、ちょっぴりツライです。

昨日の深夜、あるバラエティー番組を見ていたら

「チャラチャラしようぜ!」

という企画で、芸人さんが「チャラ男」になり、いろんなシチュエーションでコントをしていました。

その中で、「病院のお見舞い」なんてシチュエーションもあり、マジであり得ない「チャラさ」をコントで行っていました。

でね、今日お仕事をしている中、窓口に来ていた若い男の対応が、芸人さんがしていた「チャラさ」とそっくり!!

入院の支払いに来ていた若い男性・・・。

「支払い??今日マジで金ないですけど」

「あとで持って来るんで今日は帰っていいっすか??」なんて感じ・・・。

文字だけでは伝えられないのが残念・・・ヽ(τωヽ)ノ

オイラ、マジでビビリました~Σ( ̄ロ ̄lll)

(↑ チャラ男っぽく言って見ました・・・)




そんな「チャラ男」の話とは、まったく関係ない話題ですが、こんな記事が掲載していました。



日赤が計画、輸血用製剤の製造拠点50を20に

日本赤十字社が全国の血液センターで行っている輸血用血液製剤の製造業務を統廃合し、50か所の製造拠点を約20か所に減らす集約化を進めていることがわかった。

 エイズウイルス(HIV)などの検査体制の強化で収支が悪化したことなどが理由だが、医療現場からは「大量輸血が必要な時に支障が出るのでは」と危惧(きぐ)する声も上がっている。

 血液製剤は輸血用と血友病などの治療薬の2種類があり、輸血用は国内では日赤のみが製造し、国内需要をすべてまかなっている。

 日赤血液事業本部によると、現在は全都道府県計50か所の血液センターで血液製剤を製造・保管し、医療機関への提供を行っており、基本的に都道府県ごとに献血から製造・供給までをまかなっている。

 計画では、これをいくつかの都道府県ごとに広域化し、製造拠点を数年かけて約20か所に集約。残りの約30か所では製造業務を廃止し、採血や保管、供給の拠点とする。

 1990年代後半以降、肝炎ウイルスやHIVに感染した人の献血が病原体検査をすり抜けて輸血に使用される感染事故が相次ぎ、日赤は検査体制を強化した。この費用がかさんだことによる収支の悪化などから、集約化で業務の効率化を図るとしている。

 九州では、佐賀県以外の6県に設けている製造拠点を、来年4月までに福岡県久留米市の1か所に統合し、各県の血液センターは製造業務を順次廃止する。

 日赤血液事業本部は「各県の血液センターに適正な在庫を持たせておくので安定供給に支障はない」としているが、久留米市から遠い宮崎、鹿児島などの産科医などから「妊婦の大量出血など緊急輸血が必要になった際、十分な製剤の確保が保証されるのか」と懸念する声も出ている。

 長野、群馬、栃木の3県の製造拠点を統合する計画をめぐっては、長野県の医師会などで存続を求める意見が強まり、同県の検討会が今年3月、製造部門の存続要望書を日赤に提出している。

 献血で採血された血液のウイルス感染の有無を調べる検査業務はすでに集約化が進み、全国23か所(4月現在)を来年夏までに10か所に統合する。

(2007年7月3日3時0分  読売新聞)



血液センターも「統廃合」の時代なんでしょうか・・・。

今まではほぼすべての都道府県にあった血液センター。

統廃合して施設数を減らすらしい・・・。

これで、スムーズに輸血用血液の供給ができるのでしょうか??

疑問な部分も多いですが、影響がないよう活動しちゃうんでしょうけどね・・・ヽ(τωヽ)ノ

|

« みんな感じているようです…ヽ(τωヽ)ノ | トップページ | 現場が守れる「指針作り」を!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/15639280

この記事へのトラックバック一覧です: こんなところも「統廃合」…Σ( ̄ロ ̄lll):

» 出産一時金 [出産一時金]
出産一時金は出産すると支給されるお金です。出産一時金について申請や、請求、書き方など [続きを読む]

受信: 2007/07/04 04:38

« みんな感じているようです…ヽ(τωヽ)ノ | トップページ | 現場が守れる「指針作り」を!! »