« 現場が守れる「指針作り」を!! | トップページ | 画期的なお薬のようですね(^^♪ »

2007/07/05

やっぱ出てくる「看護配置基準」の過剰請求

今日は最近の梅雨から一転、いお天気でしたよね(^^♪

かえって暑いくらいの一日でした・・・ヽ(τωヽ)ノ

そんな暑い一日に、医療事務請求に関連した記事で「アツイ」内容が掲載されていました。



昭和大藤が丘病院、診療報酬を過大請求 5億1000万円返還へ

横浜市青葉区の昭和大学藤が丘病院(与芝真彰院長、667床)が、診療報酬を過大に請求し、神奈川社会保険事務局から差額分を返還するよう行政指導を受けていたことが分かった。

 一般病棟の1日平均入院患者数を少なく算定、患者7人に対して看護師1人という診療報酬が最も高い基準をもとに請求していた。返還額は約5億1000万円に達する見込み。同病院は「請求内容を精査した上ですみやかに指導に応じたい」としている。

 病院によると、昨年8月1日、看護配置基準を従来の10対1から7対1に変更する届け出を社会保険事務局に提出した。国は1日平均入院患者数を、直近1年間の総入院患者数をもとに算出するよう求めているが、同病院は直近1か月の平均を使用。診療報酬も、1日1患者あたりの入院基本料を10対1より2860円高い1万5550円で算定した。

 保険事務局が6月20日に行った調査で判明。7対1で算定された昨年8月から今年6月まで11か月間の差額分の返還を指導した。

(2007年7月5日  読売新聞)




「看護配置基準」ですか・・・。

これって、昨年4月の診療報酬改定の時期からずっと問題になっていた項目。

医療機関側、特に看護師配置を指示している「看護部」の方々は、かなり気を使っていたはずですよ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

それなのに、今回のような報道・・・。

適正運用している医療機関までも、「違うんじゃないの??」なんて目で見られそうです。

例えば、ナースコールをしてもなかなか看護師がきてくれない。

      ↓

     医療費の支払いをしてみたら、思っていたより高く感じる

      ↓

     あの医療機関も水増ししてるんじゃない??

なんて感じで、患者さんから思われてしまったら大変なことです!!

医療機関のみなさん、他人事とは思わず、ルールが正しく運用され、患者さんにとって適切な対応ができるようお仕事していきましょうね(^_-)-☆

|

« 現場が守れる「指針作り」を!! | トップページ | 画期的なお薬のようですね(^^♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/15661249

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ出てくる「看護配置基準」の過剰請求:

» 小田急バス 時刻表 [小田急バス 時刻表]
小田急バスは、小田急電鉄グループのバス会社です。川崎市や横浜市を中心に運行している小田急バスの時刻表や路線図、運賃、定期代、高速バスなど、小田急バスに関することや、小田急バスの利用法などを解説していきます。 [続きを読む]

受信: 2007/07/05 19:56

» 医療事務の資格・仕事 [医療事務の資格で女性が活きるスキルアップナビ]
女性に人気の医療事務の資格・仕事について紹介しているサイトです。 [続きを読む]

受信: 2007/07/10 22:43

« 現場が守れる「指針作り」を!! | トップページ | 画期的なお薬のようですね(^^♪ »