« かなり定着している「ヒヤリ・ハット」報告書ですが… | トップページ | こういうニュースはホント残念です… »

2007/07/19

再教育システムの構築・・・

今日はなぜかお疲れモードなオイラで、お仕事が終わって自宅に戻ると、1時間くらい爆睡してしまいました・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

突然の意識消失発作から、ただいま覚醒いたしました・・・。

そして夕ご飯よりも先にブログ更新をしています。

そんな中、いろんな医療関連情報をチェックしていたオイラの目に留まった記事がありました。





看護職再教育、最大120時間 厚労省方針…行政処分の重さに応じ

行政処分を受けた看護職員の再教育制度について議論してきた厚生労働省の検討会は18日、最大120時間の個別研修を課す内容の最終報告書をまとめた。

 看護師、助産師、保健師が対象で、来年度から施行される。

 報告書によると、行政処分を受けた看護職員は、厚生労働相の再教育命令を受け、1か月以内に医療安全に関する集合研修を受ける。その後、厚労相の指定する医療機関などで、看護職員の資格を持つ「助言指導者」からマンツーマンの指導を受け、実習を中心とした個別研修を受講する。

 受講時間は、業務停止2年以上だと120時間程度、同1年以上2年未満では80時間程度などと、処分の重さによって決まる。再教育を受けなかった場合は刑事罰(罰金30万円以下)の対象となり、再び行政処分が下される可能性もある。

(2007年7月19日  読売新聞)






厚生労働省は、なぜ看護師に対しての『再教育システムの構築』を先に打ち出してきたのでしょうね。

当然、医師に対してだって同じことを言われていいのにね・・・ヽ(τωヽ)ノ

ただね、慎重に考えてほしいのは、いわゆる「不正」のようなことをした人と、不幸にして医療事故に関与してしまった人、その他の理由で処分を受けてしまった人・・・。

いろんな人がいるはずなので、『再教育プログラム』の中にも個別性を考慮してほしいと思いますね。

今回の記事では、『時間数』で個別性を評価するように見えるのですが、問題は内容だと思います。

基盤となる部分と個別を両立した形で、検討を進めて行ってほしいと思うオイラでした・・・。

|

« かなり定着している「ヒヤリ・ハット」報告書ですが… | トップページ | こういうニュースはホント残念です… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/15812387

この記事へのトラックバック一覧です: 再教育システムの構築・・・:

» 焼き茄子の冷製パスタ [ドラゴンストーリー Gourmet Concierge]
 料理 レシピ 食材 花の写真 [続きを読む]

受信: 2007/07/20 14:44

» 看護師も派遣の時代!? [派遣てどうなの!?]
看護師も派遣の時代になっているんですね。でもいったい看護師の派遣ってどんな仕事を... [続きを読む]

受信: 2007/08/08 19:02

« かなり定着している「ヒヤリ・ハット」報告書ですが… | トップページ | こういうニュースはホント残念です… »