« 技術向上のためにはトレーニングは必要不可欠ですが… | トップページ | 今から手配じゃ遅いですね(>_<) »

2007/09/09

産科医師の確保に向けて・・・

今日もまだまだ暑い一日でしたねぇ~ヽ(τωヽ)ノ

9月に入って、もう「秋」かと思ったら、まだまだです・・・。

そんな日でも医療関連ニュースをチェックしてしまいました。

でね、中でも気になったのは、こんなニュースです(^^♪



舛添厚労相、産科医不足問題で「報酬を引き上げたい」

舛添厚生労働相は8日、深刻化する病院の産科医不足について、「勤務環境が非常に悪い。報酬面で見てあげないと、医者が不足し、なり手がいなくなるので、(待遇改善を)やりたい」と述べ、産科医を診療報酬で優遇する考えを示した。都内で記者団に語った。

 産科医は過酷な勤務体制や、医療事故の訴訟リスクが高いことなどから、減少が続いており、産科を閉鎖する病院も相次いでいる。今後、厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会に、産科に報酬を重点的に加算するよう諮問する予定だ。

(2007年9月8日11時47分  読売新聞)




厚生労働大臣、いろんなことを考えてくれていますね。

産科医師の報酬を増加を求める・・・、スゴイいいことですよね。

しかし、よく考えてほしいのです。

記事には「診療報酬の引き上げ」と記載してあります。

これでは、『国民の医療費負担額の増加』となるのです。

また、産科医師の給与は病院からの支給なので、診療報酬とはイコールにはなりません・・・。

このあたり、よ~く考えてほしいものですね(^_-)-☆

|

« 技術向上のためにはトレーニングは必要不可欠ですが… | トップページ | 今から手配じゃ遅いですね(>_<) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/16395102

この記事へのトラックバック一覧です: 産科医師の確保に向けて・・・:

« 技術向上のためにはトレーニングは必要不可欠ですが… | トップページ | 今から手配じゃ遅いですね(>_<) »