« 今日は飲み会中〜(^^ ♪ | トップページ | こういうワクチンがラクチン…(>_<) »

2007/11/07

これからどうする??混合診療の取り扱い…

今日はこんな話題を取り上げます・・・。



がん治療で保険対象外の治療も併用する「混合診療」を受けた男性が、本来は保険が利く治療分まで給付しないのは違法だとして、国に保険給付を受ける権利の確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁(定塚誠裁判長)は7日、「混合診療を理由に保険適用せず全額を自己負担としたのは違法」と指摘し、男性の請求を認めた。

 国は、保険対象の治療と対象外の治療を組み合わせる「混合診療」の場合、原則としてすべて保険対象外と取り扱っている。こうした運用を違法とする司法判断が出たことで、厚生労働省は混合診療への対応の見直しを迫られそうだ。

 訴えていたのは神奈川県在住の団体職員の男性(60)。男性は腎臓がんの治療のため、2001年9月以降、同県立がんセンターの主治医の勧めで、保険対象の「インターフェロン療法」と保険対象外の「活性化自己リンパ球移入療法」を併用して受けた。

(2007年11月7日 日本経済新聞)





「保険診療」を行っている医療機関はたくさんあります。

そして、保険診療を行っていく上でのルールとして、

保険診療外の治療と、保険診療の治療に対する医療費請求は、同時に行ってはいけない。

そして「特定」のモノしか請求できないよう、医療機関は指導されてきました。

簡単でわかりやすい「保険診療外の医療費」って・・・、

例えば「個室料金」とか「診断書料金」などがあり、ほとんどが直接の治療費ではありません。

今回、取り上げられているような・・・、





「活性化自己リンパ球移入療法」





こういった保険診療として認められていない治療方法に対する医療費は、「全額自費」として取り扱いよう指導されていました。

他にも『保険診療として認められていない治療』は、いろいろとあると思います。

今回の裁判の判決を受けて、厚生労働省はどのような対応をしてくれるのか・・・。

国が動く前に、患者さんである「国民」は先に医療機関を訪れてきます。

現場では、どのように対応したらよいか・・・。

「今回の判決」と「国の方針」に挟まれ、身動きが取れなくなりそうです・・・。

早急な対応をお願いいたします・・・m(_ _)m

|

« 今日は飲み会中〜(^^ ♪ | トップページ | こういうワクチンがラクチン…(>_<) »

コメント

ちゅみちゅみさん、コメントありがとです(^^♪

「実は、私の勤める病院でも保険外の治療を行っています。」
おぉぉ~、このニュースが出て大変な騒ぎになっていませんか??

司法の方々は、これまでの経過を否定する形での判決を出して、現場で起きると思われる混乱のことなど気にしていないでしょうからね~(>_<)


「しかし、今日の医事課の注目ニュースは篠原涼子妊娠!!でした、ハハハ」
確かにこれも注目ですね(~~♪
何気に「篠原涼子」さん・・・、オイラと同郷ですから気になる存在のひとりですから~(>_<)

投稿: きくきく | 2007/11/08 22:03

こんばんわ、
2度目の書き込みのちゅみちゅみでございます。

私も今朝このニュースを読んで、混合診療が法律で禁止されていないということに、大変驚きました。
実は、私の勤める病院でも保険外の治療を行っています。
入院費は約140万から170万円。手術だけでなく入院費すべてが自費請求になるため、とても高額になるのです。

今まで、納得してこの手術を受けた方もこのニュースを見てると思うし、これからこの手術を受ける方には、なんと説明し、コストをどうすべきか・・・・。

ワタクシ達医事課メンバーとしても、注目です。
早急にうちの病院としての方針を打ち出して欲しいところです。

しかし、今日の医事課の注目ニュースは篠原涼子妊娠!!でした、ハハハ

投稿: ちゅみちゅみ | 2007/11/08 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/17005885

この記事へのトラックバック一覧です: これからどうする??混合診療の取り扱い…:

» がん治療 [がん治療]
がんの治療法は、西洋医学においては「手術」「放射線療法」「化学療法」の3つが基本になります。とはいえ... [続きを読む]

受信: 2007/11/08 09:54

« 今日は飲み会中〜(^^ ♪ | トップページ | こういうワクチンがラクチン…(>_<) »