« 冬は感染症が流行りますね…(>_<) | トップページ | 今年もありがとうございましたm(_ _)m »

2007/12/28

まだまだこんな事例はあります…(>_<)

今日が「仕事納め」だったオイラですが、みなさまの職場はいかがですか??

一年はとっても早く感じるオイラ・・・、やっぱり年寄りなんでしょうかねぇ~(>_<)





そんな仕事納めの日に、ブログも「仕事納め」とは行きませんね。

今日はこんな記事が掲載されていたので紹介いたします。


救急搬送、29病院に断られ89歳死亡…大阪・富田林

◆2時間、要請計34回

大阪府富田林市で25日未明、嘔吐(おうと)などの体調不良を訴えて救急搬送された女性(89)が、府内の29病院に受け入れを断られ、約2時間後に市外の病院で死亡したことがわかった。女性は、受け入れ病院を探している間、救急車内で体調を悪化させ、心肺停止状態となっていた。救急患者の受け入れ拒否は奈良、兵庫両県などで相次いでいるが、総務省消防庁は「これだけの病院に搬送を断られた例は聞いたことがない」としている。

 関係者によると、女性は24日夕方から体調不良を訴え、家族が25日午前4時49分に119番。8分後に救急車が到着した際は意識があり、救急救命士らが車内で酸素投与など応急処置を施しながら、同市消防本部の通信指令室とともに受け入れ先の病院を探した。

 富田林市や堺市、大阪市など府内10市の市立病院や大学病院など29病院に対し、計34回にわたり受け入れを要請。各病院は「急患がいるので対応できない」「満床でベッドに余裕がない」などの理由で断り、中には「かかりつけ以外の患者は診られない」と言う救急病院もあったという。

 この間、救急車は富田林市内の国道付近に待機。隣接の同府河内長野市の病院が受け入れを了承し、同6時40分に女性を搬送したが、間もなく死亡した。死因は出血性ショックだった。

 富田林市内の病院の担当者は「当直の内科医が1人しかおらず、院内で重篤な急患2人を診ていたので断った。申し訳なかった」と話しており、市消防本部は「時間帯や医師不足などの条件が重なってしまった。救急隊は努力したが、命を救えず残念」としている。

 富田林市では、23日にも、市消防本部が救急搬送した糖尿病の女性患者(67)が、市内外の病院に14回受け入れを断られたという。

 ◆大阪府の救急病院1割減…6年で

 救急搬送を巡っては、奈良県で昨年8月、分娩(ぶんべん)中に意識不明となった妊婦が19病院で受け入れを断られ、8日後に死亡。今月6日には兵庫県姫路市で19病院から受け入れを断られるなどした男性が死亡するなど、各地で問題となっている。

 大阪府内では、救急告示病院が2000年度の304病院から06年度は275病院に減った。医師数自体は1万8000人前後で推移しているが、救急医療に携わる施設や医師数は府南部を中心に不足。府医師会の関係者は「府内に13か所ある救命センターという〈最後のとりで〉で持ちこたえている状態」と話す。

 厚生労働省などは今月10日、都道府県に、救急搬送の受け入れ体制について来年1月末までに実態を把握するよう通達。府消防防災課は「医療部局と連携して調査したい」としているが、奈良県の妊婦搬送問題が表面化して1年以上経過、対応は後手に回っている。

(2007年12月28日  読売新聞)




それにしても、未だにこのような事例が発生している救急医療の現状・・・。

ホント悲しい限りですね・・・(>_<)

それにしても、「30病院」もが受け入れ拒否するような患者さん・・・。

この救急隊は、どんな感じで医療機関に打診したんでしょうかねぇ~。

また、医療機関側もいろいろな理由で受け入れを拒否したようですが、ここまで拒否が続くとは・・・、信じられないですよね。

ホント、この地域の「救急医療」の体制はどのようになっているんでしょうか??

いずれにしても、同じような事例が再発しないような「仕組み作り」を行ってほしいものですね・・・。

大阪府は、ちょうど「府知事」の選挙もあるみたいだからねぇ~(^^♪

|

« 冬は感染症が流行りますね…(>_<) | トップページ | 今年もありがとうございましたm(_ _)m »

コメント

救急医療の現実を扱った動画があります。

NEWS ZERO「救急崩壊」1日目
患者を断らざるを得ない「受け入れ不能」の実態。
http://www.youtube.com/watch?v=Bua7R0bQioo

NEWS ZERO「救急崩壊」2日目
経営不振で「2次救急」が次々と撤退、「2次救急」レベルの患者が「3次救急」へ…。
http://www.youtube.com/watch?v=sQ7ufv7bfzM

NEWS ZERO「救急崩壊」3日目(1/2)
夜間救急に多数の患者が押し寄せパンク状態、その多くが、救急医療が不要な「軽症患者」。
http://www.youtube.com/watch?v=akEbC5khXKE

NEWS ZERO「救急崩壊」3日目(2/2)
「私たちの病院を守ろう」と立ち上がった市民。
http://www.youtube.com/watch?v=8VQlgK3UgQQ

上の動画を元に記事を立てました。
よろしかったら読んでみて下さい。
http://punigo.jugem.jp/?eid=453

投稿: 都筑てんが | 2008/03/22 18:47

tisaneさん、コメントありがとうございます。
コメレスが大変遅くなってしまい、本当に・・・本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m

ご挨拶が遅れしてしまいましたが、
2008年、今年もよろしくお願いいたします。

日本でのニュースがアメリカのカーラジオで流れていることに驚きです!!
原因については、大まかに言えば「ほぼ当たり」だと思います。
このような問題・・・、早く解決してほしいものです・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

投稿: きくきく | 2008/01/18 18:57

2008年も、どうぞよろしく
いきなり激務・・・がんばってください

実はこのニュース、先日こちらで報道されていました・・・
カーラジオでしたが、結構長い秒数割いて
原因が「医師不足」と「政府の医療システムの問題」とされていましたが、そうなんですか?

投稿: tisane | 2008/01/01 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/17508501

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだこんな事例はあります…(>_<):

« 冬は感染症が流行りますね…(>_<) | トップページ | 今年もありがとうございましたm(_ _)m »