« コーディネーターはどこから出てくるの?? | トップページ | 後発医薬品の推奨を・・・ »

2007/12/12

久しぶりの「プラス改定」ですよ!!

今日はオイラの職場で「ボーナス支給日」が決まりました!!

今週の金曜日だそうです・・・(^^♪

ちょっぴりだけど、支給額が「プラス」になりましたよ~ん(^^)v




そんな「プラスつながり」のうれしい話題をひとつ・・・。

厚生労働省は、「2008年度診療報酬改定」をプラス改定にするらしいですよ!!

この話題を取り上げている記事を紹介しますね(^^♪




診療報酬0.2%増で調整、産科・小児科に手厚く…政府・与党

「本体」8年ぶり上げ

 政府・与党は12日、2008年度の診療報酬改定で、医師の治療の技術料などに充てられる「本体部分」を0・2%を軸にプラス改定とする方向で最終調整に入った。深刻化する医師不足などに対応するためには、財政難でもプラスにせざるを得ないと判断した。

 財源は最大160億円程度となる見通し。本体部分の引き上げは8年ぶりとなる。

 診療報酬改定は、08年度予算編成の焦点となっている。厳しい財政事情の中、財務省は本体部分の引き上げに強く反対しており、与党は、今回の引き上げの財源を「政治枠」と位置付けて厚生労働省予算を削減することで捻出(ねんしゅつ)する方針だ。

 近年の本体部分の改定率は、00年度改正まではプラスだったが、02年度が1・3%マイナスの改定に転じた。04年度は現状維持の0%改定だったが、前回の06年度は再び1・36%の大幅なマイナス改定となった。

 今回の引き上げは、0・1~0・2%の幅で調整している。8年ぶりに本体部分の引き上げに転じるのは、病院の医師不足から、救急車で搬送された妊婦がたらい回しにされる例が相次ぐなど、全国的な「医療崩壊」が進んでいると指摘されているためだ。与党は、次期衆院選を控え、医療を立て直すためにプラス改定が不可欠と主張している。

 引き上げは、特に医師不足などが深刻な救急医療や産婦人科、小児科などに手厚く配分する予定だ。

 本体部分0・2%を引き上げるには、約160億円の財源が必要だ。政府は、来年度予算の概算要求(シーリング)で、社会保障費の伸びを2200億円抑制することを決めており、財源確保の方法が最大の課題となっている。

 厚労省は、来年度予算で、診療報酬のもう一つの柱である薬価部分を1・0%前後引き下げることと、価格の安い後発医薬品(ジェネリック医薬品)の利用促進などで1100億円近くを抑制する方針。さらに、中小企業のサラリーマンらが加入する政府管掌健康保険への国庫補助を1000億円以上削減する。

 ただ、これらの抑制方針を加えても2200億円の抑制方針を達成できるかどうかは微妙な情勢だ。

 診療報酬 医療機関が公的保険から受け取る報酬。治療や検査などの診療行為ごとに、点数(1点=10円)が定められている。医師の技術料などの「本体部分」と、医薬品などの「薬価部分」からなる。ほぼ2年に1回改定され、内閣が改定率を決める。社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の基本方針に基づき、中央社会保険医療協議会(同)が個別の点数を決定する。

(2007年12月12日  読売新聞)

|

« コーディネーターはどこから出てくるの?? | トップページ | 後発医薬品の推奨を・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/17351309

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「プラス改定」ですよ!!:

« コーディネーターはどこから出てくるの?? | トップページ | 後発医薬品の推奨を・・・ »