« こんな手当ってどう思いますか?? | トップページ | 自主回収はもう済んでますよね?? »

2008/03/08

通じない「医療用語」は・・・

今日はお休みオイラです(^^♪

当初の予定では、あるシンポジウムに参加しようとしていたのですが、これにも参加できず・・・(>_<)

なぜかというと、お仕事になってしまったからです・・・。

非常に残念ですが、仕方ないのです。






そんな日なので、最近はキチンと更新できていないブログだけでも更新しなくちゃ・・・。

一応、医療関連ニュースだけはチェックしていたので、是非とも紹介しておきたい記事があったので・・・。



患者に通じない736語 合併症、病理、寛解、浸潤… 国語研 言い換え例検討

「予後」や「病理」といった医師が使う専門用語について、国立国語研究所が全国の医師を対象に調査した結果、患者に意味が伝わらなかった言葉が、736語に上ることがわかった。

 同研究所は来年春をめどに、医療用語をわかりやすく言い換える例などを示した「病院の言葉の手引」(仮称)を作成する。

 日本語の調査研究をしている同研究所が、ある特定の分野の専門用語についての用語集を作るのは初めて。同研究所の杉戸清樹所長は「医師の説明を理解できず、不安を感じながら治療を受けている患者は多いことがわかった。医師と患者さんの橋渡しをしたい」と話している。

 調査は昨年11月、全国の医師約2000人に、患者に理解してもらうことが難しいと感じた言葉や、言葉が通じずに困った具体的な経験などを尋ね、364人から回答があった。

 このうち最も多くの医師が誤解された言葉として挙げたのが「予後」。一般的には、病後の経過や病気のたどる経過についての医学的な見通しを指す言葉だが、がん診療の際には「余命」の意味で使うことが多い。これは医師側の言葉遣いが日本語として適切さを欠くケースとみられる。77人の医師が「意味が通じなかった」などと回答していた。

 「合併症」も40人が「通じない」などと答えた。多くの医師は、「手術後に最大限努力しても起こってしまう可能性のある副作用の一部」などと言い換えているとしたが、「いくら説明しても『医療ミス』のことだと間違われる」といった声もあった。

 「陰性」の場合は、「『インフルエンザは陰性でした』と言うと、『やはりインフルエンザでしたか』と言われた」。本人や家族にショックを与えないよう「がん」を「悪性

腫瘍

(

しゅよう

)

」と言い換えたところ、「『がんでなくてよかった』と誤解された」という回答も。

 同研究所は、言語学者や医師、看護師など約20人による「病院の言葉委員会」を設け、今年秋までに中間報告をまとめる。最終的には、医療用語50~100語を選び、公表する。患者側にも広く公開したい考えだ。

 国立国語研究所 文部科学省所管の独立行政法人。東京都立川市に所在。研究者約40人。「国民の言語生活に役立つ」研究を行うとして1948年、設立。日本語のデータベースを作成する情報資料部門もある。

(2008年3月6日  読売新聞)









医療用語・・・、というか医学用語は、やはり一般の人には通じないものです。

それは、わかっていたことですが、あらためて記事にされるとホント痛感しますね。

実際のところ・・・、「これくらいはわかっているだろう」という思い込みはまだありますね。

医療従事者は、この事実をよ~く理解しておかなくてはいけません。

明日から実践していきたいと思います・・・、ハイ。

オイラは明日、日当直ですから・・・(>_<)

|

« こんな手当ってどう思いますか?? | トップページ | 自主回収はもう済んでますよね?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/40428116

この記事へのトラックバック一覧です: 通じない「医療用語」は・・・:

» 医療用語と患者の思い [臨床研修医ブログ◇ひよこ日記◇]
どれだけ患者様にわかりやすく病気や怪我の状態を理解してもらえるか。 相手の年齢・相手の状態など色々なことを取り入れながら言葉を選ぶ。 誰にでもわかる言葉でと言うのは、難しい。 小学生に話すような話し方を常にしていては、馬鹿にしているのかっと捉えられる方もいたりして、相手を見極めながら言葉をつむいでいく。 それがわかってくるまでが本当に大変。 医療用語と思っていなくても、世間一般には完全に医療用語で意味がわからないことはたくさんある。大学で習ってきた学術的な言葉を一般的な言葉に翻訳するこ... [続きを読む]

受信: 2008/03/10 11:14

» 医療用語 [医療用語]
遺伝子を組み込んだ細胞あるいはウイルスを患者の体の中に導入して、その遺伝子が働いて病気に関わる遺伝子の働きを抑えることで病気を治療することをいいます。 ウイルスは増殖しないように加工したうえで、治療用の遺伝子を組み込んで、遺伝子治療薬として患者の投与するのが一般的になっています。 遺伝病・ガン・エイズなどの治療における有効性が期待されています。 ... [続きを読む]

受信: 2008/03/26 18:41

« こんな手当ってどう思いますか?? | トップページ | 自主回収はもう済んでますよね?? »