« 今日、注目の結果は・・・ | トップページ | 久々の更新です(>_<) »

2008/08/26

みんなで考えよう!! 終末期医療のあり方

北京オリンピック、終わりましたねぇ~。

日の丸を背負った選手や関係者の方々、本当にご苦労さまでした。

また気温も少し下がり、涼しくなってきたね。

気温の変化により体調を崩したりしている人はいませんか??

みなさん、くれぐれも体調には気をつけてくださいね(^^♪





さて、今日オイラが取り上げる話題は「終末期医療のあり方」について掲載されていた記事があったので紹介いたします。





終末期医療の在り方に高齢者の疑問続出

  看取りの場所について、「自宅では無理」とする人が半数近くに上った長崎県保険医協会の高齢者意識調査。自宅での療養が困難な理由としては、「家族の負担が大き過ぎる」や「症状が急変した時の対応が不安」、「家族が高齢化して大変」などの回答が相次いだ。厚生労働省は「在宅死」の割合を現在の2割から4割に引き上げようとしているが、多くの高齢者が疑問の声を上げている。

  自宅での療養については、「家族のマンパワーが必要で、それぞれの家によって現状や希望が異なる。90%以上の家庭では無理」(女性)、「病院からは、ある程度の治療をしたら、別の場所を探すようにと言われる。自宅では療養ができなくて、かなり困っている人がたくさんいる」(同)、「大変、不安を感じている。子どもには仕事があり、迷惑を掛けたくない」(同)など、多くの家庭に、その条件がないとの意見が目立った。

 現在の終末期医療については、「精神的または経済的な面で、個々のケースによって選択できる医療状況であってほしい」(男性)、「自宅で、病院で、というように考えはいろいろあると思う。いずれにしても、満足できるように選べるのが一番。誰もが安心して人生の終わりを迎えられるよう、医療環境を整えることが大事と思う」(女性)など、十分な医療提供体制が整備されていないことを指摘する声が少なくなかった。

 また、医療や介護に関する国の施策については、「病院をもっと増やしてほしい。高齢者が安心して命を全うできるよう、国は福祉に税金を回すべき」(同)、「人間を尊厳する精神を持って病院を整備すべきだ。無駄な軍事費やでたらめな公共事業費を削減して、医療に」(男性)など、税金の使途を見直す必要性を指摘する意見が寄せられた。

 さらに、「終末期医療などが国任せになっているが、一般国民や医療関係者などと論議し、社会問題にする必要がある」(同)と、国民的な議論を深めるよう訴える声があったほか、「世界では、(終末期医療などが)うまくいっている国がある。そのシステムを早急に学んで取り入れるべき」(同)という意見もあった。

更新:2008/08/26 17:20   キャリアブレイン




今、オイラの親が急病になり、終末期を迎えたらどうするか・・・。

考えてみただけでも不安です・・・(>_<)

たぶん、最期を看取るのは自宅・・・、ではないと思いますね。

できるだけ意向は聞き入れ、最大限の努力はすると思いますが・・・。



そんな「明日はわが身」の話題として考え、これからの医療や介護など含めた「社会保障制度」を国民全体で考える必要があると思います。

厚生労働省は「在宅死」の割合を死亡者全体の4割にまで引き上げようとしているみたい。

だけど、現状の社会保障制度のままで実現できると考えられますか??

療養型病床は可能な限り削減したい・・・、高齢者が増加するから社会保障費はできるだけ抑える・・・。




こんな国の考えの中で、国民ひとりひとりができることってありますかね。

国の政策は方向転換してほしいけど、実際には方向転換するには時間がかかりすぎると思います。

だから今、オイラたちでできることを考えおく必要もあるのだと思います。

できることは小さいことだろうけど、何も考えないで愚痴ばかり言っていてもダメだしね・・・。

みんなで考えて、より良い社会保障制度を作り上げていければいいですね(^^♪

|

« 今日、注目の結果は・・・ | トップページ | 久々の更新です(>_<) »

コメント

先日、医療の質・安全学会に初めて参加しました。
感想を書きましたので、見て頂けると嬉しいです。

投稿: medwriter | 2008/11/28 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/42281956

この記事へのトラックバック一覧です: みんなで考えよう!! 終末期医療のあり方:

« 今日、注目の結果は・・・ | トップページ | 久々の更新です(>_<) »