« 豚インフルエンザねぇ~(>_<) | トップページ | 新型インフルエンザ対応は・・・ »

2009/05/05

病院の対応も問題ですねっ!!

昨日、オイラも書き込んだ「インフルエンザ」に関連した内容・・・。

今日も引き続き書き込みたいと思いますね。

どうやら、新聞記事や厚生労働省の発表によると、医療機関側の対応にも問題があるようなので、キチンと対応してほしいと思います。

関連記事は下記のとおりです。




発熱患者の診察拒否続出…過剰反応?都に苦情92件

海外渡航歴がなく、新型インフルエンザ感染の可能性の低い発熱患者が、医療機関から診察を拒否されるケースが相次いでいる。

 東京都の場合、2日から5日正午までの間に「きちんと対応してくれない」との苦情が92件あった。「成田空港で働いているだけで発熱相談センターに連絡するよう求められた」「国内の観光地に出かけ、外国人観光客が多かったと言ったら、診察してもらえなかった」――など。相談センターから疑いなしとされたのに、拒否されたケースも数件あったという。

 政府の方針では、新型の確認された国からの帰国者が高熱などを発症した場合、自治体の発熱相談センターに電話で相談し、指定された発熱外来で受診することになっている。ところが、病院の当直職員らが発熱患者はすべて「相談センター対応」と誤解しているケースが多く、都は「診察拒否が広がれば、患者が海外渡航歴などを正しく申告しなくなる恐れがある」と懸念を深めている。

 横浜市や大阪市の発熱相談センターにも、同様の苦情や相談がそれぞれ数件ほど寄せられている。横浜市健康安全課は5日、医師会や病院協会に診察拒否をしないよう文書で要請した。厚生労働省結核感染症課は「相談センターが『疑いなし』とした患者の診療を拒否するのは問題」としている。

(2009年5月5日22時00分  読売新聞)



また厚生労働省の医療機関向け通達を出していたようです。

(↑実はオイラも知りませんでした・・・)

内容はこちらをクリックしてみてください・・・。





イヤイヤ、本当にこの時期に風邪を引いている人はいますよね。

季節的なインフルエンザの流行期は、一般的には終息しています。

今回の「新型インフルエンザの可能性」と呼ばれている病原体については、医療機関側は過剰反応しすぎている感じはします。

実際、オイラが勤務する病院では、対応するために「感染症対応ベッド」以外にも隔離するためのベッドの準備しています。

また、多数の患者が来院した時のために「職員の呼び出し体制」も整えているのです…。





確かに医療機関によって対応に対する温度差はあって、対応できるレベルに違いが出ているのでしょう。

これは、指定医療機関であるかないか、の問題も大きいのではないかと思います。

(↑ この部分については公表されていないので不明です)

しかし「診療拒否」はいけないと思いますね。

来院した病院において診療ができない体制であるならば、患者さんにその事実を正確に伝達した上で適切な医療機関を紹介するべきでしょう。

ただ「診療拒否」という大きなくくりで報道されてしまうと、正確な事実が見えてこないのが、残念です。



厚生労働省も「都道府県の指定医療機関によって・・・」なんて説明しています。

が、しかし緊急事態なんだから、国営放送を利用して




「都道府県別の対応できる医療機関」を教えてくれれぱいいのに・・・。



こういった国の対応は、今に始まったことじゃないんですけどねぇ~。

|

« 豚インフルエンザねぇ~(>_<) | トップページ | 新型インフルエンザ対応は・・・ »

コメント

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で無理に患者を受け入れたら、院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性があるんですけどね…。

感染者を受け入れるための準備が整っている「発熱外来」ならともかく、検査キットも無い、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないと思いますよ。

一般医療機関の現状はこんな感じです。

●タミフル・リレンザは既に出荷制限がかかっており現在は指定病院にしか入荷されない。各病院におけるそれらのストックも(当然ながら)万全ではない

●インフルエンザ検診キットは消費期限が短く、この時期に一般医療機関におけるストックはまずない。もし追加生産されても、それらは指定病院や検疫機関へ最優先に出荷される為、一般医療機関には入荷されない。

上記のように受け入れ体制が不充分な一般医療機関にてそのような患者を無理に受け入れ、新型インフルエンザによる集団院内感染が発生したら誰が責任を取るんでしょうか?

投稿: 都筑てんが | 2009/05/07 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80528/44912338

この記事へのトラックバック一覧です: 病院の対応も問題ですねっ!!:

« 豚インフルエンザねぇ~(>_<) | トップページ | 新型インフルエンザ対応は・・・ »